猫なみ~猫のマリアの活動日誌

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

記事一覧

  • 2020/01/08原発被災犬猫

    福島から保護した原発被災猫、「川房のママ」が亡くなりました。腎不全でした。何しろ触れない子でしたので、タモで捕まえて獣医さんに行った時は体温は36度しかなく危ない状態でした。血液検査ではクレアチニンと尿素窒素の値も高く、永くはないだろうと言われてしまいました。それから2日後にママは天国に旅立ちました。触ると30 センチ位飛び上がる程びびりだったのですが、最後は撫でるとニャアと鳴いたのでビックリしました。...

    記事を読む

  • 2020/01/06保護猫

    明けましておめでとうございます🙇‍♀昨年も色々な方にお世話になり無事に猫活動をする事ができ感謝しております。今年も宜しくお願い致します🙇‍♀羽田の子猫達の様子ですがキジトラの子が原因不明の神経障害で入院しています。ウィルスチェックもマイナスで里親探し頑張らなくてはと思っていたのに、普通の状態に戻れるのか心配です。手足が麻痺していて起き上がれません。排尿排泄は自力で出るようですが、トイレに入れないので、垂...

    記事を読む

福島保護猫「川房のママ」亡くなりました

福島から保護した原発被災猫、「川房のママ」が亡くなりました。腎不全でした。

58BEA151-4089-4419-A508-3F0825B550B2.jpg

何しろ触れない子でしたので、タモで捕まえて獣医さんに行った時は体温は36度しかなく危ない状態でした。血液検査ではクレアチニンと尿素窒素の値も高く、永くはないだろうと言われてしまいました。

202001.jpg

それから2日後にママは天国に旅立ちました。

触ると30 センチ位飛び上がる程びびりだったのですが、最後は撫でるとニャアと鳴いたのでビックリしました。今まで一度も鳴き声を聞いたことがなかったので‥。

kawafusamama01.jpg

kawafusamama03.jpg

ママを浪江の山奥で保護した時の事を思い一人で泣いていました。こんな事がないと昔のブログは読まないのですが、原発被災猫の中の2012年6月18日の記事に保護時の様子がありました。懐かしくて涙が出てきました。

私は亡くなった子に何時も問いかけます。うちにいて幸せだった?と。

本当は1匹2匹で飼われた方がいいのは解っています。でもボラ宅では叶わないのです。可哀想な猫に遭遇して増えてしまいます。

猫も人間も嫌いな孤高の猫でした。昨年から福島っ子達が亡くなっていますが、本当に月日の経つのは早いですね。

kawahusamama.jpg

今日お寺さんでお別れしてきました。メリーちゃんやマルちゃんも眠っています。さようなら ママ 天国で安らかに眠って下さい。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ

年末羽田で保護の子猫たち

明けましておめでとうございます🙇‍♀
昨年も色々な方にお世話になり無事に猫活動をする事ができ感謝しております。今年も宜しくお願い致します🙇‍♀


羽田の子猫達の様子ですがキジトラの子が原因不明の神経障害で入院しています。ウィルスチェックもマイナスで里親探し頑張らなくてはと思っていたのに、普通の状態に戻れるのか心配です。

haneda01.jpg

haneda03.jpg

手足が麻痺していて起き上がれません。排尿排泄は自力で出るようですが、トイレに入れないので、垂れ流しです。ショックです‥

黒の女の子の方は元気ですがなつきが悪い😵

haneda04.jpg

haneda05.jpg

haneda02.jpg

でも大人の猫の側にくっついているので、猫は好きみたいです。子猫と言っても大きいので早めに里子に出したいのですが‥

カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます