動物愛護のカテゴリ記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

カテゴリ:動物愛護

動物愛護のカテゴリ記事一覧。飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

2017-03-12 動物愛護
テレビでニュースなどで見た方もおられると思います。この家の飼い主は、執行日の2日前に猫を全部どこかに移動させたようです。でも、1頭部屋の中に猫がいるという近所の方の情報もいただいていたので、他にも猫が隠れていないか、確認のために行ってきました。私が想像していた以上の部屋の汚さで、福島の野生動物に荒らされている部屋よりひどかったです。玄関に入った瞬間、鼻に突き刺さる臭いとアンモニアのせいか、目がしょ...

記事を読む

2017-03-07 動物愛護
去年の4月に起きた熊本地震ではたくさんの犬猫が家を失い、飼い主とはぐれ、動物管理センターに収容されました。熊本県は、県内にある10の保健所で保護された犬と猫を被災犬猫と位置付け、2016年10月末まで殺処分を行わないことを決定しました。飼い主のいるペットを誤って処分してしまわないようにです。にもかかわらず、同年7月に猫14匹が殺処分されていたことがわかりました。さらに、殺処分を業務委託されている業者が県に報告...

記事を読む

2017-03-05 動物愛護
日本各地にあるセンターと呼ばれる動物収容施設は猫に限っていえば、飼い主からの引き取りと、道路で事故にあって動けなくなっている猫、自活出来ない乳飲み子などが収容されます。安易な飼い主からの引き取りは拒否するべきです。都市部以外のセンターはどうして収容動物が多いのでしょうか?家で生ませて飼えないからと子猫を持ち込む人  最低です。飼い主のモラルが改善されない限りないセンターに持ち込まれる動物は減ら...

記事を読む

2017-01-09 動物愛護
犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院さんが諏訪大社へ質問状を郵送されました。 「蛙狩神事を今後も続行なさいますか。廃止、あるいは代替品についてのご検討の余地がございますか」諏訪大社 蛙狩神事とは(Wikipediaより)元日の朝に上社本宮で行われる神事。まず御手洗川の川底を掘り返し、蛙を捕らえる。その後拝殿正面にて矢を以てこの蛙を射抜き、生贄として神前に捧げ、宮司が祝詞を捧げ国家平安と五穀豊饒を祈願する。...

記事を読む

2017-01-06 動物愛護
横浜市猫の不妊手術費助成事業 指定動物病院市外拡充決定猫の殺処分ゼロの神奈川県や川崎市に続け! 横浜市へのメッセージ等、ご協力いただきました皆様に心から御礼を申し上げます。横浜市に隣接している自治体の動物病院の先生がたににおかれましては、この機会に是非、登録をご検討ください。 また、今回の、横浜市の不妊去勢手術推進事業市外拡充は単に横浜市民の個別のニーズに対応したということではなく、動物愛...

記事を読む

埼玉県F市の多頭飼育崩壊

テレビでニュースなどで見た方もおられると思います。
この家の飼い主は、執行日の2日前に猫を全部どこかに移動させたようです。

でも、1頭部屋の中に猫がいるという近所の方の情報もいただいていたので、
他にも猫が隠れていないか、確認のために行ってきました。

私が想像していた以上の部屋の汚さで、福島の野生動物に荒らされている部屋より
ひどかったです。

玄関に入った瞬間、鼻に突き刺さる臭いとアンモニアのせいか、目がしょぼしょぼしてきました。
この中におよそ80頭近くの猫が暮らしていたと聞いています。
おそらく別の場所に移動させて、また、この酷い多頭飼育崩壊のような現場が継続していくことになります

このような惨事を止めるには、アニマルホーダーによる適正飼育を超えた場合に
アニマルホーダーから猫を取り上げられる法律を確立しなければいけないと思いました。

【閲覧注意】
ここより先は室内及び猫の死体の画像があります。
苦手な方はスルーしてください。






部屋の中の様子です。
床の上に土を敷き詰めてトイレにしています。
部屋全体がトイレということになって、足の踏み場がありません。
CIMG7193_R.jpg 

CIMG7191_R.jpg 

CIMG7190_R.jpg 

CIMG7189_R.jpg 

CIMG7221_R.jpg   

CIMG7223_R.jpg 




水の容器には汚い水がかろうじて入っていました。
近くにはネズミの死体がありました。

CIMG7205_R.jpg 

CIMG7206_R.jpg 



天井からは何本ものハエ取り紙がぶら下がっていて、ハエがびっちりくっついていました。
これも何年も替えていないのでしょうか?

CIMG7202_R.jpg 

CIMG7203_R.jpg 



ケージも何台かありました。
どれもクモの巣と猫の毛だらけで、使っていた形跡はありません。

CIMG7199_R.jpg 

CIMG7215_R.jpg 

CIMG7219_R.jpg 



二階に置いてあった唯一のトイレケース。

CIMG7224_R.jpg 




お風呂場にダンボールが10個くらい積み上がっていました。
中を確認したら、猫の遺体がありました。
1匹で入っているのもあり、2匹で入っているのもあり、
合計14の遺体です。
でも、この多頭飼育崩壊者のところでは、もっと猫が死んでいたはずなのに、
他の遺体はどこに行ったのでしょうか。
↓猫の死体の画像です【閲覧注意】










CIMG7228_R.jpg 

CIMG7230_R.jpg 

CIMG7229_R.jpg 

CIMG7227_R.jpg 

CIMG7218_R.jpg 



1匹だけケージの上にいるのを発見しました。
目をまん丸にして固まっていました。
時間もないので捕獲器よりタモを使うことにしました。
〜5分奮闘しましたが、なんとか無事に保護することができました。

CIMG7194_R.jpg 

CIMG7198_R.jpg 

CIMG7195_R.jpg 

CIMG7208_R.jpg 




猫を保護して布で包んでいるところです。

CIMG7213_R.jpg 



部屋には多頭飼育崩壊者が猫を捕まえる時に使ったと思われる
新しい魚獲りのアミが3〜4本ありました。
触れない猫はこれを使って捕まえたと思われます。
血のついた洗濯ネットもありました。
手を噛まれて止血した後に捨てたと思われるティッシュペーパーもありました。

CIMG7231_R.jpg 


保護できた1頭の猫は三重のボランティア団体しっぽなさんが引き受けてくださいました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

【拡散のお願い】熊本県動物愛護法違反被疑事件の告発ご協力のお願い

去年の4月に起きた熊本地震ではたくさんの犬猫が家を失い、飼い主とはぐれ、動物管理センターに収容されました。

熊本県は、県内にある10の保健所で保護された犬と猫を被災犬猫と位置付け、
2016年10月末まで殺処分を行わないことを決定しました。
飼い主のいるペットを誤って処分してしまわないようにです。

にもかかわらず、同年7月に猫14匹が殺処分されていたことがわかりました。
さらに、殺処分を業務委託されている業者が県に報告をしていなかったのです。

a0960_005403.jpg 

上記の件について、
なぜこのようなことが起きたのか、委託業者の弘済会の体質に問題はなかったのか、
などの問題点を県内、県外の愛護団体が質問書や抗議文を送るなどして検証してきました。

そしてこのたび「全国動物ネットワーク」が熊本の弘済会と勝手に殺処分に関わったセンター職員を告発します。

以下犬猫救済の輪さんのブログから転載します。

********************************

緊急!!拡散!! 全国動物ネットワーク様より
熊本県動物管理センターでの被災猫殺処分事件の、
告発人を募っています。

ご賛同いただけます全国の皆様、ご協力をお願い申し上げます。

全国の皆様

1、熊本県動物管理センターで7月に被災猫14匹の殺処分が行われていたことについては新聞でも報道されたとおりです。

2、また、敷地内に入り込んで支援物資の餌を食べた猫を捕獲器で捕獲し、7月に殺処分していた事実も判明しております。

以上、2点(1被災猫14匹の殺処分、2迷い猫1匹の殺処分)について、熊本県弘済会の代表者、受託獣医師、立ち会った職員を告発します。
告発人は、どなたでもなれます。
おひとりでも多く人の連名で告発したいと思っております。
告発人に加わっていただけます方は、事務局までご連絡をお願いいたします。



*下記、委任状、こちらです。用紙のてっぺんに捨て印をし、ご住所、お名前、そして押印をして、事務所までご郵送ください。
*おひとりの方に2枚の委任状のご用意が必要となります。(ひとつの告発に1枚の委任状)
*費用はかかりません。
全国動物ネットワークホームページでも、ご覧になれます。締め切り日は後ほどお知らせいたしますが緊急です。宜しくお願い申し上げます。
***************
送付先:
〒305-0051
つくば市二の宮2-7-20
坂本法律事務所 全国動物ネットワーク事務局
***************
090-6112-7179(電話)
029-851-5586(FAX)
fwin5675@nifty.com
坂本法律事務所
***************


                      印

               
               委  任  状

                 茨城県弁護士会所属
       事務所 茨城県つくば市二の宮2丁目7番20号-1階
                           坂本博之法律事務所
       電 話 029(851)5580
        FAX 029(851)5586
私は、 弁護士 坂本博之氏 を代理人と定め、下記の事項を委任致します。

                    記

一         に対して動物愛護法違反被疑事件に係る刑事告発を行う件
一 上記の点に関連する一切の件
一 復代理人の選任

上記委任状に押印いたします。

   平成   年   月   日

            住所

                氏名                         印



***********************
一人でも多くの方にご協力していただきたくお願いし申し上げます。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None

動物愛護センターでの譲渡用と処分用と猫を分けるのを止めさせよう!

日本各地にあるセンターと呼ばれる動物収容施設は猫に限っていえば、
飼い主からの引き取りと、道路で事故にあって動けなくなっている猫、
自活出来ない乳飲み子などが収容されます。

安易な飼い主からの引き取りは拒否するべきです。

都市部以外のセンターはどうして収容動物が多いのでしょうか?
家で生ませて飼えないからと子猫を持ち込む人  最低です。

飼い主のモラルが改善されない限りないセンターに持ち込まれる動物は減らないのですが、それを安易に処分しようとしているセンターのモラルも改善して貰わなくては殺処分は減りません。

今  熊本県動物管理センターを相手に「にゃわん奮闘気」さんは頑張っておられます。
センター下請けの殺処分会社の弘済会が勝手に被災猫を処分した事件です。
殺処分ゼロを謳っている熊本県知事は弘済会を解雇するなど厳しい処罰をして欲しいです。

感染症があったってエイズや白血病だって人間には移らないのに何故譲渡用にまわしてもらえないのか?
凶暴で人間に危害を与えると言ったって、引っ掛かれる位で命の危険まではないと思いますよ。

トラブル回避の為に愛護団体に譲渡すれば良いだけで、
団体が受け入れると言っても渡さないのは殺処分したいとしか思えないのですが…。

是非皆さんの意見を熊本県知事に送って下さい!
センターの体質を変えてもらう良い機会です。

熊本を変えて全国のセンターから処分用猫を無くしましょう! 
写真は熊本県動物管理センターから来て、まるで別猫のようになった「こてつ君」です。

DSC_4484.jpg 

DSC_4488.jpg 


1488002099294.jpg 

1488002201725.jpg 

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None

諏訪大社へ質問【犬猫救済の輪】のお知らせ

犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院さんが諏訪大社へ質問状を郵送されました
 


諏訪大社 蛙狩神事とは(Wikipediaより)
元日の朝に上社本宮で行われる神事。まず御手洗川の川底を掘り返し、を捕らえる。その後拝殿正面にて矢を以てこのを射抜き、生贄として神前に捧げ、宮司祝詞を捧げ国家平安と五穀豊饒を祈願する。蛙を供えるのは、諏訪大社の本来の祭神が、蛇神とされるソソウ神や、諏訪地方ではソソウ神と同一視されやはり蛇神とされたミシャグジ神であったとされ、蛇神に捧げる(蛇は蛙が好物)意味があるとされる。

----------------転載します

諏訪大社代表役員                         平成29年1月8日
北島和孝様                      川崎市・・・・・・・・・・・・
                         犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院
                                      代表 結 昭子
                       
前略、失礼申し上げます。
私どもは、諏訪大社で行われる生き物のいけにえ神事(蛙狩)の廃止、あるいは代替品の使用をお願い申し上げているところでございますが、本年の蛙狩神事の有無、方法などについて様々な情報を氏子様はじめ多方面からいただきました。正確な内容を把握させていただきたく、本日、以下の質問をさせていただきます。
ご多忙中、恐縮でございますが何卒、ご回答賜りたくお願い申し上げます。
国から6000万円以上の補助金(26年度)が貴社に出金されていることを鑑みますと、国民として必ずお答えを頂戴できるものと考えております。
大変勝手でございますが、ご回答は今月(1月)末までに文書にて賜りますようお願い申し上げます。
 
                  お尋ね
1) 今年、蛙狩神事は御手洗川ではなく他所で「非公開で行われた」と言われています。しかし、一部氏子様ブログ等で実際には今年は蛙狩神事は「行われなかった」という記載も目にします。今年、貴社では蛙狩神事を執り行いましたか。今年以降廃止ということならば抗議活動をする必要もありませんので、正確にお答えいただきたいと思います。
 
以下の質問は貴社がまだ蛙狩神事を行っている場合を仮定しています)
2)当会が平成27年9月17日付で頂いた貴社からの文書に以下のようにあります。
 
  >貴台の言われる通り、蛙狩は鎌倉時代の史料「諏訪上社物忌令」の中に「七不思議之事」と記されております。また室町時代の縁起書「諏訪大明神画詞」には「御手洗河の氷を砕けば蝦蟇出現す」という内容が記されており、元朝に御手洗川で蛙を狩ることが古来より大切な神事として受け継がれてきたことが重要であります。(引用終)
 
まだ蛙狩神事を行っていらっしゃる場合、昨年と今年の蛙狩神事はどこで行いましたか。正確な場所をお教えください。
 
3)昨年と今年はどこから蛙狩神事用のカエルを入手されましたか。
「養殖されたカエル」を使っていると氏子さんが話してくださいましたが事実でしょうか。また昔、蛙狩神事に携わっていた氏子関係者の方から「タッパーのようなものに入れて他所から持ってくる」と伺っています。カエルの入手方法をお教えください。
 
4)学校教育の場でカエルの解剖は英国、ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダ、デンマーク、フランス等では法律で禁じております。また生き物を使用した祭祀も廃止、代替が国際的な潮流です。諏訪大社におかれましては、蛙狩神事を今後も続行なさいますか。廃止、あるいは代替品についてのご検討の余地がございますか。
 
                                      以上
--------------------
野蛮な生きた蛙を串刺しにする「蛙狩神事」に抗議して、
犬猫救済の輪さんはじめ有志の方々が毎年大晦日から元旦にかけて諏訪大社に行っています。

image001.jpg 

そのせいか少し変化が出て来ました。

神事を公然とやらなく、密やかに済ませているみたいです。
こそこそやる神事なんて神事ではないですよ。

今の時代 生け贄なんてナンセンスです。
代替品なんてそっくりな物沢山ある時代です。
神に仕える立場の神社の方々はその行為が神の御心に叶っているのか考えて欲しいです。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None

横浜市猫の不妊手術費助成事業 指定動物病院市外拡充決定

横浜市猫の不妊手術費助成事業 指定動物病院市外拡充決定
猫の殺処分ゼロの神奈川県や川崎市に続け!

a0731_000441.jpg 

横浜市へのメッセージ等、ご協力いただきました皆様に心から御礼を申し上げます。
横浜市に隣接している自治体の動物病院の先生がたににおかれましては、この機会に是非、登録をご検討ください。
 
また、今回の、横浜市の不妊去勢手術推進事業市外拡充は単に横浜市民の個別のニーズに対応したということではなく、動物愛護行政の広域化という大きい流れの中に位置している一事例ともいえます。



大道義知氏(京都市議、動物愛護地方議員の会 副会長 、西日本動物愛護地方議員の会 会長)ブログ記事に猫の繁殖制限や災害時のペット同行避難を通した動物愛護行政の広域化についての説明がございました。
お住まいの自治体の動物愛護行政推進に反映させていただきたく、併せて、ぜひご一読ください。

daidouyoshi.jpg 
京都市会議員 大道よしともブログゆびきり政治



隣接市病院も対象 猫の不妊去勢手術費助成 横浜市
2016年12月29日 07:07 神奈川新聞

yokohamashi.jpg 

 神奈川県横浜市は28日までに、飼い猫や野良猫の不妊去勢手術費の助成事業を来年度から拡充する方針を明らかにした。
助成対象を市内の登録病院から川崎、横須賀市など隣接する自治体の病院にまで広げる。
市民ボランティアらの利便性を高めることで、野良猫の減少にもつなげたい考えで、来年度予算案に盛り込む見込み。
 
 市動物愛護センターによると、助成事業は1988年にスタート。
現在の事業では、市民や自治会町内会が市内約280カ所の登録病院でペットや野良猫を手術すると、1頭当たり5千円が補助される。2016年度の補助頭数は6300頭程度を想定し、約5400頭が申請されている。
 
 手術費は病院の裁量で金額を決められる。
かかりつけ医や費用が安い病院が市外の場合もあるため、利用者から事業の拡充を求める要望が出されていた。
同センターは16年度中に、隣接する自治体の病院に登録申請を呼び掛ける。
 
 ボランティアで猫の不妊去勢手術の活動をしている同市西区の女性(68)は、手術費が5千円台と比較的安い市内外の病院を探して利用してきたが、事業の拡充で負担がゼロになる可能性もある。
女性は「ボランティアにとって経済的な負担がネックだった。活動の弾みになる」と喜ぶ。
 
 同センターに15年度収容された猫は1372頭。このうち17頭は飼い主の元に返され、519頭が譲渡された。一方、病気やけがなどを理由に514頭が殺処分されている。
同センターは「野良猫を減らすことができれば収容され、殺処分される猫の減少にもつながる」と話している。

 
★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます