天国へ逝った子のカテゴリ記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

カテゴリ:天国へ逝った子

  • 2017/06/21天国へ逝った子

    最近は保護部屋に子猫が多かったせいかホクロ君も若返った感じがしていたのに…。 足のふらつきも少し良くなってケージの上の段にいることもあり安心していたのですが、日曜日の朝  少し元気がなく、缶詰を出しても何時ものようにガツガツと食べませんでした。おかしいなと思っていたのですが、その日は譲渡会もあり日曜日なので獣医さんもお休みなので月曜の朝連れて行けばいいかと、安易に考えていた自分が悔やまれます...

    記事を読む

  • 2017/04/22天国へ逝った子

    先日  獣医さんで出産してしまった黒白ママ猫の一番小さかった子(写真手前)が亡くなっていました。 朝ご飯をあげた時気がつきました。ママ猫に落ち着いて授乳してもらう為にご飯の出し入れやトイレの掃除以外はシーツを被せてあまり覗かないようにしていました。多頭に出産する動物は沢山死ぬと言われています。兄弟の中でも一回り小さかった子です。全然鳴かなかったので心配はしていたのですが…。 たまたまその...

    記事を読む

  • 2016/08/05天国へ逝った子

    昨日の朝、いつものように2階の保護猫ルームに上がって、食欲旺盛な子猫達に缶詰をあげました。狂ったように食べている子猫達を尻目に、大人の子達にそれぞれ好きなご飯をあげ、Wの3段ケージに入っているかつらちゃんを見たら、中に入れている箱の中にうずくまっていました。取り合えずかつらちゃんの好きな缶詰を出し、箱を少し動かしましたが、飛び出して来ません。おかしいなぁ…いつもなら直ぐ私の手の届かない所に逃げるのに...

    記事を読む

  • 2014/12/17天国へ逝った子

    膿胸で1日おきに膿を抜いていたキジ君12月15日未明に永眠しました。ご飯を食べれなくなって1カ月頑張りました。日に日に痩せほそっていくのに亡くなる前日まで、ヨロヨロした体でトイレに入り、のどを撫でるとゴロゴロ言ってくれました。私がお世話してから5年経ちます。その前はどんな暮らしをしていたか定かではありませんが、ご飯だけは美味しい物を沢山食べさせていました。5年前は30頭いた子達が今は7頭になりました。きちん...

    記事を読む

  • 2014/09/20天国へ逝った子

    2012年3月31日、 福島県双葉町前田で保護したキト君2014年9月18日am2時に帰天しました。保護してから2年半、よくここまで生きてくれました。先日、優しいフォスターさんがつき安心した矢先のことでした。1カ月前に様子が変になり深夜、主治医の所に行き処置をして貰い酸素ボンベも借りて来ました。一昨日 1メートル位の高さから着地に失敗し腰を打ち歩けなくなったのですが、FIPのドライタイプかもと言われました。Wキャリアのキ...

    記事を読む

  • 2011/10/03天国へ逝った子

    先日ブログでも紹介したパーキングエリアで保護した三毛猫のミーちゃん、昨夜息を引き取りました。パーキングエリアのミーちゃんミーちゃんはとても賢い子で、なかなか捕獲器に入らずAWAさんたちも手を焼いた子です。里親様を探そうと譲渡会にも参加したことがあるのですが、その時ちょっとしたアクシデントが起こり余計に用心深くなってしまいました。年齢もかなりいっていることから、無理に里親さんを見つけるのは可哀相と思...

    記事を読む

  • 2011/09/29天国へ逝った子

    以前AWAさんが携わった某パーキングエリアの猫たち。その時保護した1匹がミーちゃんです。拙宅でお世話をしています。この子はものすごく怖がりで、拙宅に来た方も殆ど姿を見たことが無い幻の猫です。少し前から食が細くなり、心配でした。獣医さんで検査をした結果、腎臓の数値が悪いとのことでした。ずいぶん痩せてしまいました。今のおうちでゆっくり過ごしてくださいね。◆-----------------------------◆福島県で保護した...

    記事を読む

  • 2011/05/05天国へ逝った子

    去年の9月、ふらりと車の前に現れた偏平上皮ガンのオッド君、預かりさんに看取られて4月19日天国へ召されました。保護したときには耳がカリフラワーのような状態ですぐに手術しましたが、その後再発。飼い猫だったのか野良ちゃんだったのかわかりませんが、最期は暖かいお家で大事にされて過ごしていました。預かり様、本当にありがとうございました。オッド君、安らかに。。。◆-----------------------------◆ねこひと会「里...

    記事を読む

  • 2011/03/05天国へ逝った子

    昨年9月に保護したオッド君の近況です。オッド君は耳に扁平上皮癌が出来ていて、保護してすぐに手術をしました。そのときは見える範囲の腫瘍はすべて取り除き、病理検査の結果でも、取り残しはないということでした。その後預かりさん宅で穏やかな日々を過ごしていましたが、2週間ほど前におでこに瘤のようなものができたと連絡がありました。オッド君は高齢でもあったし、保護時から心臓も少し肥大気味、腎臓の数値も良くなかっ...

    記事を読む

  • 2010/11/15天国へ逝った子

    扁平上皮癌のために耳を切除したオッド君、退院して拙宅にて療養していましたが、さすがに保護猫がワラワラいる状態では忍びなく、預かりさん宅へ移動しました。お届け前に経過観察のため病院へ行きました。大人しく診察させてくれます。経過は順調とのことで一安心です。預かりさん宅に移動して1週間ほど経ちますが、落ち着いて生活しているそうです。ただ、心臓の肥大がみられることと、シニアなので仕方がないのでしょうが腎臓...

    記事を読む

黒白シニア猫、ホクロ君 亡くなりました…

最近は保護部屋に子猫が多かったせいかホクロ君も若返った感じがしていたのに…。

DSC_1322.jpg 

足のふらつきも少し良くなってケージの上の段にいることもあり安心していたのですが、日曜日の朝  少し元気がなく、缶詰を出しても何時ものようにガツガツと食べませんでした。

おかしいなと思っていたのですが、その日は譲渡会もあり日曜日なので獣医さんもお休みなので月曜の朝連れて行けばいいかと、安易に考えていた自分が悔やまれます。
まさか  こんなに突然に逝ってしまうなんて…本当にホクロ君ご免なさい。

DSC_1222.jpg 

DSC_1259.jpg 

譲渡会を休んで救急でも行っていたら助かっていたかもと思うといたたまれない気持ちです。
やっぱりボラ宅でなく普通の家の飼い猫だったら良かったのに。

うちに来て1年暮らしました。
保護当時あまりの酷さから看とりのつもりで入れました。
耳カットがない去勢♂だったので飼い猫だったのかもしれません。

何故  私の餌場に突然現れたのか不思議です。
でもこれもご縁ですね。

知らない猫でも具合が悪そうだったら病院に連れて行ってあげたいですものね。
最後の一年うちで暮らして幸せだったのか解りませんが、どんな猫とも喧嘩しない良い子でした。

DSC_1061.jpg 

DSC_1169.jpg 

大食漢でしたが背中はゴツゴツして高齢であることを物語っていました。
どんな猫生を送って来たのか聞きたかったです。
ホクロ君どうぞ安らかに眠って下さい。これからも私の猫活動を見守っていてね。

フォスターになって下さったリリアさん有難うございました。[?]

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ

子猫と福島被災猫の半蔵君 亡くなりました…

先日  獣医さんで出産してしまった黒白ママ猫の一番小さかった子(写真手前)が亡くなっていました。

DSC_0438.jpg 

朝ご飯をあげた時気がつきました。
ママ猫に落ち着いて授乳してもらう為にご飯の出し入れやトイレの掃除以外はシーツを被せてあまり覗かないようにしていました。

多頭に出産する動物は沢山死ぬと言われています。
兄弟の中でも一回り小さかった子です。
全然鳴かなかったので心配はしていたのですが…。

DSC_0445.jpg 

たまたまその日は震災の年に浪江で保護した半蔵君を荼毘に臥す為にペット霊園に行く約束をしていました。
半蔵君はなつきも悪くエイズキャリアだった為にボランティアのuさんに預かって貰っていました。
直ぐに口内炎も始まってお薬を飲ませないと食べれなくなってしまいました。

それでも何とか頑張ってくれていたのですが、今年に入ってからはインスリンを打つ日々が続いていました。

亡くなる4~5日前にuさんから半蔵君長くはないかもと連絡を頂いていました
震災当時シニアだった半蔵君は12~13才になっていたと思います

震災から保護して丸6年生きました。
uさん宅のお家の子になって皆と仲良く暮らしていました。

救えなかった命が多くあるなか半蔵君は幸せだったと思います。
uさんの手厚い看護に感謝します[?]  

DSC_0450.jpg 

お寺さんのご好意でチビちゃんも半蔵君と一緒に荼毘に臥して貰える事になりました。
寂しくないように半蔵君の胸元に抱いて貰いました。
まるで親子のような姿です。

安らかなお顔でまるで寝ているような半蔵君  きっと幸せだったんだね!
悲しいけれど、愛されて生きた6年間良かったと思います。

DSC_0452.jpg 

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

福島被災猫のかつらちゃんの突然死

昨日の朝、いつものように2階の保護猫ルームに上がって、食欲旺盛な子猫達に缶詰をあげました。
狂ったように食べている子猫達を尻目に、大人の子達にそれぞれ好きなご飯をあげ、Wの3段ケージに入っているかつらちゃんを見たら、中に入れている箱の中にうずくまっていました。

取り合えずかつらちゃんの好きな缶詰を出し、箱を少し動かしましたが、飛び出して来ません。

おかしいなぁ…いつもなら直ぐ私の手の届かない所に逃げるのに?

もしやと思い触ってみると冷たくなっていました。
もうビックリ!して触っても死後硬直が始まり硬くなっていました…。

こんな亡くなり方心筋症しか考えられません。

私は過去2回経験しています。
ある子は目の前で突然倒れ、抱き上げたら亡くなっていました。
本当にもうビックリです。

一体何が起きたか判らないので獣医さんに電話をかけた事もありました。
そのとき聞いたのですが決して珍しい病気ではないということでした。

かつらちゃんを保護した時の事を思い出しています。
葛尾村のバス停の前の家にいたかつらちゃん。
早朝に警戒区域に入って20頭あまりの猫を南相馬の津波エリアで保護して、常磐道が開通していなかったのて東北道に乗るために通った場所です。

たまたま1台捕獲器が余っていたのも幸いしてかつらちゃんを保護することができました。

DSC_2873.jpg 

その当時は沢山の福島猫が来て1頭1頭馴らす事は出来なかったのです。
取り合えず保護場所を確保して家でもご飯とトイレの世話をするのがやっとでした。
思い返すと懐かしくもあります。

DSC_2558_20160805144347745.jpg 

捕獲器10台かければ8~9頭入るんです。
今とはえらい違いです。

沢山の猫達が命を落とし僅かな数が運良く保護されたと思っています。
馴らす事が出来なかったのでかつらちゃんには素敵なおうちを見つけてあげらなかった…ごめんね。。。

かつらちゃんは神経質な子で他の猫に苛められトイレに行けずに私のベットにしていた事もあったよね。
それで2Fの保護猫ルームに移し3段ケージがかつらちゃんの居場所だったね。

5年間うちで過ごして幸せでしたか?

たいした事はしてあげらなかったけれど色々な想い出が甦ってきます。
フォスターの横浜のO様、お世話になり有り難うございました。
今日の午後荼毘に臥します。

DSC_5672.jpg 

DSC_5675.jpg 



◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

地域猫キジ君永眠/福島レスキューご支援のお願い

膿胸で1日おきに膿を抜いていたキジ君
12月15日未明に永眠しました。
ご飯を食べれなくなって1カ月頑張りました。
日に日に痩せほそっていくのに亡くなる前日まで、
ヨロヨロした体でトイレに入り、のどを撫でるとゴロゴロ言ってくれました。
私がお世話してから5年経ちます。
その前はどんな暮らしをしていたか定かではありませんが、
ご飯だけは美味しい物を沢山食べさせていました。

DSC_5361.jpg

DSC_5444.jpg

DSC_5447.jpg

DSC_5454.jpg

DSC_5456.jpg


5年前は30頭いた子達が今は7頭になりました。
きちんと看取れた子もいますが、
保護できずに来なくなってしまった子もいます。
お外の子は高齢になるときついですねぇ。

都会では餌をやる人は多いけれど、
不妊手術をする人や病気の子を病院に連れて行ってくれる人はまだ少ないですねぇ。
それでも福島のご飯がない子に比べたらまだ良い方ですね。

年末年始は一時立ち入りが3週間ありません。
今年は23日が最後です。
22日福島帰還困難区域に行って参ります。
犬猫救済の輪さんと連携して国有化予定地の残された猫のレスキューに挑みます。
聞くところによると、何時も保護を試みている
双葉海水浴場の手前の給餌スポットに三毛猫が居たそうです。
もうビックリ!
何回も掛けているのに入らないので、
もう居ないのかなぁと思っていた所です。
女の子なので出産前に何としても保護したいです。

今回フードのご寄付のお願いをさせて頂きます。
ドライフードなら何でも構いません。
寒い冬を乗り切るため沢山のフードを置いてあげたいのです。
年末で出費の多い時期で恐縮ですが宜しくお願い致します!

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

ダブルキャリアのキト君永​眠

2012年3月31日、 福島県双葉町前田で保護したキト君
2014年9月18日am2時に帰天しました。

保護してから2年半、よくここまで生きてくれました。
先日、優しいフォスターさんがつき安心した矢先のことでした。
1カ月前に様子が変になり
深夜、主治医の所に行き処置をして貰い酸素ボンベも借りて来ました。

一昨日 1メートル位の高さから着地に失敗し
腰を打ち歩けなくなったのですが、
FIPのドライタイプかもと言われました。
Wキャリアのキト君にとっては、
とてもFIPを克服出来る身体ではありませんでした。

DSC_4529.jpg

DSC_4533.jpg


先が短い命とわかっていたので、
何時もご馳走を食べさせて貰っていました。
そして預かりボラさんのiさんにとても可愛がって貰いました。
隔離部屋が無かったので、
キッチンでiさんと寝食を共にしていました。

今日の夕方、iさんと、
お別れに来て下さったフォスターのD様と私でお見送りをしました。
お骨はiさんがしっかり抱いて帰りました。

DSC_4570.jpg

DSC_4585.jpg

DSC_4588.jpg


iさんは生まれて初めて猫を飼い、
生まれて初めて看取ったので、かなり落ち込んでいました。

私は責任を全うできた事で、
自分自身にお疲れさまと言っていました。

D様は泣いて、心からキト君の死を悲しんで下さいました。
死なれるのはとても悲しいです。
でも、神様からご縁を頂いて、私達の所に来てくれたキト君
そして、iさんに
猫ってこんなに可愛いのかって教えてくれたキト君。
本当にありがとう!
どうか安らかに眠って下さい

◆-----------------------------◆

★フォスターペアレント様募集しています★

福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

パーキングエリアのミーちゃん逝きました

先日ブログでも紹介したパーキングエリアで保護した三毛猫のミーちゃん、
昨夜息を引き取りました。

パーキングエリアのミーちゃん

ミーちゃんはとても賢い子で、なかなか捕獲器に入らず
AWAさんたちも手を焼いた子です。
里親様を探そうと譲渡会にも参加したことがあるのですが、
その時ちょっとしたアクシデントが起こり
余計に用心深くなってしまいました。
年齢もかなりいっていることから、無理に里親さんを見つけるのは可哀相と思い、
3年間も拙宅の保護猫として暮らしてきました。

パーキングエリアでは、餌やりさんなどいるはずも無く、
そこで売っている人間の食べ物を食べていたと思います。
猫にとってはかなり体に負担になる食生活だったことでしょう。

急に食べなくなったな、と思ってから
あまりに早いお別れでしたが、
少しはこの家にいて楽しかったと思ってくれていればいいなと思います。

PAのミーちゃん

ミーちゃん、安らかに


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村






タグ

パーキングエリアのミーちゃん

以前AWAさんが携わった某パーキングエリアの猫たち。
その時保護した1匹がミーちゃんです。
拙宅でお世話をしています。

この子はものすごく怖がりで、
拙宅に来た方も殆ど姿を見たことが無い幻の猫です。

少し前から食が細くなり、心配でした。
獣医さんで検査をした結果、腎臓の数値が悪いとのことでした。

PAのみーちゃん

ずいぶん痩せてしまいました。

PAのみーちゃん

今のおうちでゆっくり過ごしてくださいね。

◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

タグ

保護猫オッド君逝きました

去年の9月、ふらりと車の前に現れた偏平上皮ガンのオッド君、
預かりさんに看取られて4月19日天国へ召されました。

保護したときには耳がカリフラワーのような状態で
すぐに手術しましたが、その後再発。

飼い猫だったのか野良ちゃんだったのかわかりませんが、
最期は暖かいお家で大事にされて過ごしていました。

預かり様、本当にありがとうございました。
オッド君、安らかに。。。

オッド君2/24

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


タグ

扁平上皮癌のオッド君再発

昨年9月に保護したオッド君の近況です。
オッド君は耳に扁平上皮癌が出来ていて、
保護してすぐに手術をしました。
そのときは見える範囲の腫瘍はすべて取り除き、
病理検査の結果でも、取り残しはないということでした。

その後預かりさん宅で穏やかな日々を過ごしていましたが、
2週間ほど前におでこに瘤のようなものができたと連絡がありました。
オッド君は高齢でもあったし、保護時から心臓も少し肥大気味、
腎臓の数値も良くなかったので気にかかることも多く、
預かりさんには何かあったらすぐに連絡をくださるようお願いしていました。

その瘤は、みるみる大きくなってきたというので
先週病院に連れて行き、とりあえず水を抜いていただきました。
翌日は経過も良好だったのですが、2日後からまた膨らんできて、
3日後には元の大きさに戻ってしまったということでした。

オッド君2/24

オッド君2/24


多分扁平上皮癌の再発だろうとの事で、
詳しい検査をして手術ができる可能性を探ろうとしていた矢先、
血尿が出たというのです。

そして昨日、病院へ行きレントゲン等検査をしたところ、
おでこの瘤もガンの再発、更に膀胱にも腫瘍が診とめられたので
ガンが転移したと考えて間違いないだろうとのことです。

現在オッド君は拙宅に居りますが、
もう手の施しようが無いのであれば尚更最期は看取りたいと
預かりさんが仰ってくださったので、
様子を見て移動することになるかもしれません。

昨日の診察では、おでこの水は抜いてもらい
ステロイドの注射、そしてステロイド(プレドニン)を処方していただきました。
今後は、なるべくオッド君の負担にならないような対症療法しか出来ませんが、
彼に残された時間がわずかであるのであれば、少しでも快適に過ごしてもらいたいと思います。

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


タグ

扁平上皮癌のオッドくん経過良好

扁平上皮癌のために耳を切除したオッド君、
退院して拙宅にて療養していましたが、
さすがに保護猫がワラワラいる状態では忍びなく、
預かりさん宅へ移動しました。

お届け前に経過観察のため病院へ行きました。

偏平上皮ガンのオッド君通院時

偏平上皮ガンのオッド君通院時

偏平上皮ガンのオッド君通院時

大人しく診察させてくれます。
経過は順調とのことで一安心です。

預かりさん宅に移動して1週間ほど経ちますが、
落ち着いて生活しているそうです。
ただ、心臓の肥大がみられることと、シニアなので仕方がないのでしょうが
腎臓も弱っているので預かりさんとは密に連絡を取って行きたいと思います。

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます