2010年07月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2010年07月

2010年07月の記事一覧。飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。
No Image

2010-07-31 その後の車上猫
2度に渡る多頭崩壊で路頭に迷うことになった17匹の猫達の現況です。現在は1匹のみキャットケアハウスにお預けし、16匹は個人のボラさんのシェルターにおります。あまり日をおかずに全頭保護してシェルターに移動させたため、じっくり1匹1匹確認できなかったので今日は飼い主から聞いた名前と猫を照らし合わせに行きました。普段お世話をしてくださっているボラさんにも覚えていただかなければなりません。車上猫たちはとにかくよく...

記事を読む

2010-07-30 天国へ逝った子
6月28日に保護して自宅介護していたマルちゃんが昨日午後6時に息を引き取りました。保護当時はうずくまったまま身動きひとつできず、自力でごはんを食べることもしませんでした。通院して、ステロイドを打ってもらうと食べ始めました。ものすごい勢いで、缶詰を一缶ぺろりと平らげるほどでした。その後も補液とステロイドを打っていただくために通院をし、部屋の中をウロウロと動き回るようにもなりました。目は腫れ上がり、もうほ...

記事を読む

2010-07-28 天国へ逝った子
今日は保護子猫2匹のワクチンと丸子橋で保護したガン末期のマルちゃん、そして預かり宅にいるごまだれを病院に連れて行きました。子猫2匹は風邪もすっかり治り、1度目のワクチンを接種できました。2匹とも保護当時より体重も増えて一安心です。ごまだれは、喘息との診断を受けました。詳しくはこちらを⇒里親募集中の猫さんの預かり日記丸子橋で保護したガン末期の猫さん、マルちゃんはほぼ毎日補液に通っています。食欲はあります...

記事を読む

No Image

2010-07-28 その後の車上猫
21日に全頭シェルターに移動した車上猫レスキューで残った猫さん達のこと。当日、飼い主に17匹の性別と名前、おおよその年齢を聞きました。年齢に関しては曖昧なこともあったけれど、その他のことは割りとはっきりきっぱり言い切っていたので信用したのですが・・・。飼い主が男の子と言ってた子が小柄でお顔も女の子っぽい。シェルターの管理者さんに確認してもらったら、やっぱり女の子!ん?オスメスの頭数が合わない!週末、シ...

記事を読む

No Image

2010-07-25 未分類
家族ぐるみで親しくしているご近所さんから子猫の保護依頼が舞い込みました。3日前からご自宅の庭に子猫が1匹で現れたそうです。母猫が迎えに来るかもしれないと様子を見ていたのですが、未だに姿を現しません。このままだと弱ってしまうと心配になったのですが、同居の家族はごはんを与えることも、まして家に入れることには大反対。困り果てて相談をしてきました。基本的に猫の保護依頼に関しては、丸投げしてくる方の相談は受け...

記事を読む

車上猫の名前合わせ

2度に渡る多頭崩壊で路頭に迷うことになった17匹の猫達の現況です。
現在は1匹のみキャットケアハウスにお預けし、
16匹は個人のボラさんのシェルターにおります。

あまり日をおかずに全頭保護してシェルターに移動させたため、
じっくり1匹1匹確認できなかったので
今日は飼い主から聞いた名前と猫を照らし合わせに行きました。
普段お世話をしてくださっているボラさんにも覚えていただかなければなりません。

車上猫たちはとにかくよく似ています。
大雑把に分けても、白の多いグレー白、白の少ないグレー白、キジ、キジ白。
飼い主から聞いたその子の特徴と保護時に撮った写真を頼りに
「こっちの子はゴマ君」
「こっちは男爵」
「ん?あれ?こっちが男爵?」

でも、みんなとっても可愛くて愛嬌のあるお顔です。
怖がりさんですが、お世話をしてくださっているEさんには
この短期間でかなり懐いているそうです。

写真はこちら、ねこひと会のサイトでご覧になれます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

丸子橋のマルちゃん逝きました

6月28日に保護して自宅介護していたマルちゃんが
昨日午後6時に息を引き取りました。

保護当時はうずくまったまま身動きひとつできず、
自力でごはんを食べることもしませんでした。
通院して、ステロイドを打ってもらうと食べ始めました。
ものすごい勢いで、缶詰を一缶ぺろりと平らげるほどでした。

その後も補液とステロイドを打っていただくために通院をし、
部屋の中をウロウロと動き回るようにもなりました。

目は腫れ上がり、もうほとんど見えていなかったのですが、
気が付くと私の近くに来て、スリスリと甘えてきました。
顔中膿だらけで手も洋服も汚れてしまうのですが、
それでもこんなに人懐こい子が野たれ死に寸前で彷徨っていたのかと思うと不憫でなりませんでした。

亡くなる前日も通院していたのですが、
その時はもう起き上がるのもしんどそうでした。
そして昨日はずっとケージの中で横になっていました。
夕方、呼吸がいつもと違うと思ったので、急遽病院に電話して連れて行こうと準備をしていたとき、
マルちゃんは静かに息を引き取りました。

よくがんばったね。
もう苦しくないね。


マルちゃん7/30

お家に入れたら安心した様子を見せてくれたマルちゃん。
診療中も大人しくしていたとっても良い子のマルちゃん。
きっとお家猫さんだったと思われます。
辛くて不安なお外生活も送ってしまいましたが、
それでも今は天国で楽しそうに笑っていてくれるでしょうか。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None

保護猫の受診

今日は保護子猫2匹のワクチンと丸子橋で保護したガン末期のマルちゃん、
そして預かり宅にいるごまだれを病院に連れて行きました。

子猫2匹は風邪もすっかり治り、1度目のワクチンを接種できました。
2匹とも保護当時より体重も増えて一安心です。

ごまだれは、喘息との診断を受けました。
詳しくはこちらを⇒里親募集中の猫さんの預かり日記

丸子橋で保護したガン末期の猫さん、マルちゃんは
ほぼ毎日補液に通っています。
食欲はありますが、顔にできた腫瘍なので顔中腫れ上がり、
目はもう見えていません。
数日前からオデコから膿も出ています。
二日ほど前、鼻血が止まらなくなり、もうだめかと思いましたが
なんとか持ち直してくれました。

しかし、今日はほんとうにだるそうで
キャリーの中でもずっと横たわっていました。
お別れの日も近いのかと思うと切ないです。

丸子橋のマルちゃん7/28その3

お顔ををキレイにしてもらっています

丸子橋のマルちゃん7/28その2

診療中も撫でられてリラックスしている様子のマルちゃん

丸子橋のマルちゃん7/28その1

苦しい思いはさせたくないと切に思います。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None

頼りない飼い主さん

21日に全頭シェルターに移動した車上猫レスキューで残った猫さん達のこと。

当日、飼い主に17匹の性別と名前、おおよその年齢を聞きました。
年齢に関しては曖昧なこともあったけれど、その他のことは割りと
はっきりきっぱり言い切っていたので信用したのですが・・・。

飼い主が男の子と言ってた子が小柄でお顔も女の子っぽい。
シェルターの管理者さんに確認してもらったら、
やっぱり女の子!

ん?オスメスの頭数が合わない!
週末、シェルターに行って全頭の性別確認してきます。

しっかりしてよ、(元)飼い主さん!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None

子猫の保護依頼

  •  投稿日:2010-07-25
  •  カテゴリ:未分類
家族ぐるみで親しくしているご近所さんから子猫の保護依頼が舞い込みました。
3日前からご自宅の庭に子猫が1匹で現れたそうです。
母猫が迎えに来るかもしれないと様子を見ていたのですが、
未だに姿を現しません。
このままだと弱ってしまうと心配になったのですが、
同居の家族はごはんを与えることも、まして家に入れることには大反対。
困り果てて相談をしてきました。


基本的に猫の保護依頼に関しては、丸投げしてくる方の相談は受けません。
もちろん、里親探しのお手伝いや、外猫の不妊去勢手術のご協力はさせていただきます。

「外に子猫がいるから里親さんを探してほしい」

こういった相談は頻繁にありますが、その場合も母猫の不妊手術を必ず施すようお願いします。
そして、里親募集に関してもできる限りの努力をしてほしいと思います。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます