2012年04月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2012年04月

2012年04月の記事一覧。飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

2012-04-29 原発被災犬猫
3月に被災猫の飼い主様の一時帰宅の際に同行させていただきました。年末のレスキュー時に保護された子の外にあと数匹飼っていたそうですが、姿もまったく見えないのでとても心配されているのです。どんなに懐いていた子でも、数ヶ月間それまでとがらりと変わった環境におかれ、人間をとても警戒するようになってしまった子も多くいます。姿を見たとしても保護できる確率が低いということで捕獲器を持って同行したのでした。結局、...

記事を読む

2012-04-23 原発被災犬猫
昨年末のレスキューで数十頭の猫を保護し、その後も個人のボランティアさんが保護した猫たちを引き受け、今では200頭以上の猫たちを保護してきました。そのうち、飼い主さんが分かった子はほんの少数で、引き取られていった子はさらに少ないのが現状です。飼い主さまにしても、我が子の無事を確認することができてもペット不可の借上げ住宅や仮設住宅にいてどうしても引き取ることができない方がほとんどです。泣く泣く里子に出...

記事を読む

4月のお届け-前半

3月に被災猫の飼い主様の一時帰宅の際に
同行させていただきました。
年末のレスキュー時に保護された子の外に
あと数匹飼っていたそうですが、
姿もまったく見えないのでとても心配されているのです。

どんなに懐いていた子でも、数ヶ月間それまでとがらりと変わった環境におかれ、
人間をとても警戒するようになってしまった子も多くいます。
姿を見たとしても保護できる確率が低いということで
捕獲器を持って同行したのでした。

結局、1匹も保護どころかやはり姿すら見ることができなくて
残念な結果となってしまいました。

こうした現状なので、保護依頼のあった場所や
民家も少なく給餌する人もあまりなく
餌が足りていない場所に捕獲器をしかけます。
依頼のあった子でなくても、捕獲器に入った子は保護します。
餌の足りていない場所の子は
放っておいたら死んでしまうので、はやり連れて来ます。

本当はどのボランティアもいっぱいいっぱいなのですが
現地を見たりすると、どうしても保護してしまうのです。

そして、条件付の里親様に託すことになります。

新たなご家族の元に巣立っていった被災猫たちです。

c195お届け時

c195。富岡町で保護した物怖じしない男の子。
エイズ陽性ですが元気です。
大柄で白いノミ取り首輪をしていました。
明らかに飼い猫さんです。

c219お届け時

c219。大熊町のグレートラの女の子。
この子も人懐こいです。
尻尾がとても長いのが特徴です。

c216お届け時

c216.双葉町保護です。
エイズ陽性ですが、とても飼いやすい子です。
里親さんは初めて猫と暮らす方なんですが、安心してお任せできる子です。


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

3月の被災猫お届け報告

昨年末のレスキューで数十頭の猫を保護し、
その後も個人のボランティアさんが保護した猫たちを引き受け、
今では200頭以上の猫たちを保護してきました。

そのうち、飼い主さんが分かった子はほんの少数で、
引き取られていった子はさらに少ないのが現状です。

飼い主さまにしても、我が子の無事を確認することができても
ペット不可の借上げ住宅や仮設住宅にいて
どうしても引き取ることができない方がほとんどです。

泣く泣く里子に出すことを承知してくださった飼い主様もいらっしゃいます。
もう一度一緒に暮らすことを励みにされ、
長期の預かりを希望される方もいます。

私たちは、被災された飼い主様と猫たちにとって
少しでもお役に立てれば、という思いでこの1年間保護活動を続けてきました。

里親を希望される方にも、
飼い主様が探している可能性もあることや
その飼い主様が引取りを希望された時にはご了承いただくことを
理解していただきご協力していただいています。

3月になりますが、新しいお家にお届けした被災猫たちのご報告です。

199_207.jpg

c199キジシロの男の子とc207茶トラの女の子、
どちらもエイズキャリアですが、嬉しいことに2匹一緒に迎えてくださいました。



14201.jpg

c142の男の子は昨年11月に保護された子です。
先住ちゃんが繊細な子のようで心配でしたが、
だんだん良くなっているそうです。

14202.jpg

お届けのときはじーっと睨んでいました(^^;)

続いて、

204.jpg

c154黒ねこの女の子とc204の臆病な女の子、一緒のお家です。
クロちゃんはまったく人見知りはしないのですが
204ちゃんはビビリやさんなのでケージの隅で固まっていました。

154.jpg


nekonokoのtittiさんと一緒にお届けに行きましたので
そのときの様子はこちらでもご覧ください→nekonoko日記

そして人大好きスリスリ白ちゃん(c212)。
安心してお任せしてきました。

212.jpg

福島から保護してきた被災猫はまだまだたくさんいます。
1匹でも多くの子に安心して過ごせる環境を
できるだけ早く与えてあげたいと思います。


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます