2014年04月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2014年04月

  • 2014/04/25TNR

    1週間ほど前からある現場でTNRをしています。初日、乳飲み子猫をベテランのOさんが見て下さったので朝方まで捕獲器を仕掛けその日は三毛2頭を含む5頭をゲットしました。今回のTNRの現場の餌やりさんは、やっぱりアノ人でした。「アノ人」とはその地域の猫ボラには有名な餌やりで以前から困ったものだと頭を抱えていました。深夜何十ヶ所も餌まきして、手術は一切せず、猫が倒れていても知らんぷり。数年前にこの人の餌場に...

    記事を読む

  • 2014/04/19保護猫

    棄てられていた子猫4頭が我が家に来た翌日ミルクの飲みが悪いのでいつもお世話になっている動物病院に連れて行きました。一番小さい子が低体温になっていたので入院させてもらいましたが、翌朝亡くなりました。やっぱり100gでは厳しいですねぇ。そしてその次の日、また1頭100gのチビちゃん亡くなりました。残り2頭のうち大きい子は元気ですが、小さい子は体重が20gも減ってしまいました。今はミルク猫を沢山育て上げたベテランO...

    記事を読む

  • 2014/04/17原発被災犬猫

    この子は福島県双葉町長塚観音堂281で4月4日に犬猫救済の輪様が掛けて下さった捕獲器に入っていました。3月7日にこの場所で保護したc291番のみおんちゃんとソックリな麦わらの女の子です。みおんちゃんは先日里子に行くことが出来ましたし、3月15日に保護したc292番のフタバちゃんも決まりました。c293番の黒の長毛ちゃんは保護猫ルームのカーテンの上に籠城したまま私が入ると降りて来ません。馴れるまで相当時間かかりますね...

    記事を読む

  • 2014/04/16保護猫

    先日田園調布警察署から子猫4頭きました。嶺町のゴミの集積所に箱に入れられ棄てられていたそうです。まだ目も開いていなくて、生後数日しか経っていないと思います。体重を計ったところ一番大きな子で135g、他3頭は108g程度でした。とりあえずオシッコを出しミルクを与えました。床暖房の上に寝かせて様子を見ています。こんな小さい子は経験がないので自信は全くないのですが、やるしかないですね。本当に、飼い猫の避...

    記事を読む

  • 2014/04/09原発被災犬猫

    シマちゃんは2013年7月に給餌ボランティアさんが浪江町の赤宇木で保護した子です。ママ猫と兄妹4頭でした。子猫はまだ4ヶ月程度だったので私がお預かりして里親探しをしました。シマちゃんはなつきが悪かったので、なかなか良いご縁に恵まれなかったのですが2月のスマイルキャットさんの譲渡会で素敵なご縁を掴みました。シマちゃん、全然触らせてくれないのですが、チュ~ルを見せると自分から飛んで来ます。よっぽど好きなので...

    記事を読む

TNR/乳飲み子猫

1週間ほど前からある現場でTNRをしています。
初日、乳飲み子猫をベテランのOさんが見て下さったので
朝方まで捕獲器を仕掛けその日は三毛2頭を含む5頭をゲットしました。

tnr_01.jpg

tnr_02.jpg

tnr_03.jpg

tnr_04.jpg

tnr_05.jpg


今回のTNRの現場の餌やりさんは、やっぱりアノ人でした。
「アノ人」とはその地域の猫ボラには有名な餌やりで
以前から困ったものだと頭を抱えていました。
深夜何十ヶ所も餌まきして、手術は一切せず、猫が倒れていても知らんぷり。
数年前にこの人の餌場にくっついて、何十頭もの猫のTNRをしましたが、
当の餌やりはとにかく他人事なのです。
自分で1頭だって手術しようと思わないのです。
本当に困った人です。
その日も深夜3時頃やって来ました。

数日後保護した白三毛です。

tnraf_06.jpg


頭としっぽだけ三毛です。
子猫はまだ産んでいないようです。間に合って良かった♪
今まで確認した限りメスらしき猫は1~2頭です。
かなり用心深いので難しいですが、頑張ります。
オスは来たり来なかったりのもいれると9頭もいます。
トータル15頭もいたのでビックリ!
しばらく睡眠不足の日々が続きそうです。



棄てられていた乳飲み子猫ですが
あれから2日後にもう1頭亡くなりました。
一番大きかった男の子だけが順調に育っていて190グラムになりました。
まだまだ安心できませんが、無事に育ってくれたらと思います。

DSC_2558.jpg

DSC_2492.jpg


◆-----------------------------◆


福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

棄てられていた乳飲み子(その後)

棄てられていた子猫4頭が我が家に来た翌日
ミルクの飲みが悪いのでいつもお世話になっている動物病院に連れて行きました。
一番小さい子が低体温になっていたので入院させてもらいましたが、翌朝亡くなりました。
やっぱり100gでは厳しいですねぇ。

DSC_2497.jpg

DSC_2522.jpg

DSC_2523.jpg


そしてその次の日、また1頭100gのチビちゃん亡くなりました。
残り2頭のうち大きい子は元気ですが、小さい子は体重が20gも減ってしまいました。
今はミルク猫を沢山育て上げたベテランOさんが、必死にお世話して下さっていますが、小さい方はダメかもしれないというメールが来ました。
こんなに次から次に死なれると精神的に参ってしまいます。


DSC_2549.jpg

◆-----------------------------◆


福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

双葉町からの保護猫(c294)

この子は福島県双葉町長塚観音堂281で4月4日に犬猫救済の輪様が掛けて下さった捕獲器に入っていました。
3月7日にこの場所で保護したc291番のみおんちゃんとソックリな麦わらの女の子です。
みおんちゃんは先日里子に行くことが出来ましたし、
3月15日に保護したc292番のフタバちゃんも決まりました。
c293番の黒の長毛ちゃんは保護猫ルームのカーテンの上に籠城したまま私が入ると降りて来ません。
馴れるまで相当時間かかりますねぇ~。

c294番の女の子はみおんちゃんと似ているので、かのんちゃんという仮名にしました。
夜鳴きがひどいので預かりボランティアをして下さっているトモさんにお願いする事にしました。
ずっとお外にいた子は家の中の生活に馴れるまで時間がかかりますね。
皆がいた双葉町観音堂は国有地エリアです。
まだ白い猫が残っています。
次に行く時は絶対に保護してあげたいと思います。

c294_1.jpg

c294_4.jpg

c294_2.jpg

c294_3.jpg

◆-----------------------------◆


福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

棄てられていた子猫

先日田園調布警察署から子猫4頭きました。
嶺町のゴミの集積所に箱に入れられ棄てられていたそうです。
まだ目も開いていなくて、生後数日しか経っていないと思います。
体重を計ったところ一番大きな子で135g、
他3頭は108g程度でした。
とりあえずオシッコを出しミルクを与えました。
床暖房の上に寝かせて様子を見ています。
こんな小さい子は経験がないので自信は全くないのですが、やるしかないですね。

本当に、飼い猫の避妊手術をしていない人がいるなんてビックリです。
私の猫ボラとしての活動はTNRや里親探しなどが中心で、
昨夜も深夜野良ちゃんの不妊手術のため頑張っていましたが、
不幸な猫達を1匹でも減らすという意味では
飼い猫さんの手術の啓蒙活動もしなければいけないですね。
こういう人がいるから猫の殺処分数が多いのですね。
処分数の8割が目の開いていない子猫だそうです。

CA3F0371.jpg

140415_1718~01

koneko.jpg


◆-----------------------------◆


福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

里親様便り(福島生まれのシマちゃん)

シマちゃんは2013年7月に給餌ボランティアさんが
浪江町の赤宇木で保護した子です。
ママ猫と兄妹4頭でした。
子猫はまだ4ヶ月程度だったので
私がお預かりして里親探しをしました。

シマちゃんはなつきが悪かったので、なかなか良いご縁に恵まれなかったのですが
2月のスマイルキャットさんの譲渡会で素敵なご縁を掴みました。

シマちゃん、全然触らせてくれないのですが、
チュ~ルを見せると自分から飛んで来ます。
よっぽど好きなのですねぇ。
その旨を里親様にお話し、お土産にチュ~ルを持って伺いました。
猫に慣れている里親様で、なつきの悪いシマちゃんでも構わない、
被災地で苦労してきたから仕方がないと仰って下さり
正式譲渡になりました。

今回は里親様から届いたシマちゃんの近況をご紹介します。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

シマちゃんが我が家に来て一カ月がたちました。
近況を簡単ですがお知らせいたします。
精神的には、かなり慣れてきたようでケージ暮らしも
脱出して今では家中あちこち動き回っています。
先住の「はな」には、常に一目置いてうまく接しています。
まだまだ抱っこなどは無理ですが、休憩中になでなで位は
できるようになりました。
これからも気長に根気強く接して行き、少しでもお互い気分よく
過ごせるようにしていければと考えております。

shimachan2.jpg

shimachan1.jpg


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

それにしても、すごいシャッターチャンスですよね!
私なんかこんな写真撮れません~。

里親様、シマちゃんを末永くよろしくお願いします。

◆-----------------------------◆


福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます