2014年09月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2014年09月

  • 2014/09/28里子に行った子

    先日のスマイルキャトさんの里親会にお子さん4人を連れたご家族がいらっしゃいました。ご夫婦はトキちゃん、お子様達はコシヒカリ君を気に入りどちらか迷っていましたが、結局2頭貰って頂ける事になりました♪ 2頭とも人間大好きなので、ご家族が多い方が幸せです。お母様がとても猫の事に気を配って下さって、小さなお子様が大きな声を出したり、乱暴に触ろうとすると叱っていたので、このお母様なら大丈夫だと思いました。コシヒ...

    記事を読む

  • 2014/09/24里子に行った子

    先日のスマイルキャトさんの譲渡会で、素敵なご縁を頂きました。里親サイトに掲載していたコッコちゃんに逢いにわざわざ来て下さいました。高校生のお嬢さんとご両親の比較的静な環境で、亡くなった猫ちゃんとコッコちゃんがそっくりだということでした。後ろ足が悪く少しびっこをひくコッコちゃんでも構わないと仰って下さいました。亡くなった猫のタマちゃんもお嬢さんが8年前に拾って来た大人の猫さんだったそうです。コッコち...

    記事を読む

  • 2014/09/20天国へ逝った子

    2012年3月31日、 福島県双葉町前田で保護したキト君2014年9月18日am2時に帰天しました。保護してから2年半、よくここまで生きてくれました。先日、優しいフォスターさんがつき安心した矢先のことでした。1カ月前に様子が変になり深夜、主治医の所に行き処置をして貰い酸素ボンベも借りて来ました。一昨日 1メートル位の高さから着地に失敗し腰を打ち歩けなくなったのですが、FIPのドライタイプかもと言われました。Wキャリアのキ...

    記事を読む

  • 2014/09/17原発被災犬猫

    先日に引き続き、12日の福島での保護活動のご報告です。野生動物が入らないように捕獲器の近くに置いたキャラ○コーン。これは野生動物の好物らしいです。今回はその効果のせいか?野生動物は一頭も入りませんでした。猫も一頭も入らず・・・涙住民さんの玄関のドアに貼ってある捜索情報です。キキちゃんメスです。ももち屋このお店の対角線上にあるお宅の前で9月2日に子猫が目撃されています。付近に捕獲器を何台も設置しましたが今...

    記事を読む

  • 2014/09/16原発被災犬猫

    12日、双葉町と大熊町の中間貯蔵施設建設予定地にレスキューに行って参りました。一体あと何頭の猫が残されているのでしょう!? 昨年から想定されていた事なので、犬猫救済の輪さんや高円寺ニャンダラーズさんやMさんなど定期的に給餌に入っている方々が何とか保護しようといつも捕獲器を掛けていますが、最近は保護率が下がっています。もちろん3年半も保護活動を続けているので、猫が少なくなったというのは良い事なのですが…そ...

    記事を読む

トキちゃんとコシヒカ​リ君お届け

先日のスマイルキャトさんの里親会に
お子さん4人を連れたご家族がいらっしゃいました。

ご夫婦はトキちゃん、お子様達はコシヒカリ君を気に入り
どちらか迷っていましたが、結局2頭貰って頂ける事になりました♪
2頭とも人間大好きなので、ご家族が多い方が幸せです。
お母様がとても猫の事に気を配って下さって、
小さなお子様が大きな声を出したり、
乱暴に触ろうとすると叱っていたので、
このお母様なら大丈夫だと思いました。

コシヒカリ君は着いたとたんにトイレを使い、
トキちゃんは初めて見る金魚に興味津々でした。

DSC_4600.jpg

DSC_4656.jpg

猫さんの性格も10匹10色です。
その子にあった環境に里子に出すように何時も心がけています。
今回のようにお子様が小さいご家庭には、
人間に触られるのが好きな猫さんだと猫もお子様もハッピーです。
脱走だけは十分注意するように皆さんに伝えました。
どうぞ宜しくお願いします!

DSC_4642.jpg

DSC_4614.jpg

DSC_4596.jpg


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ

コッコちゃんのお届け​と福島猫

先日のスマイルキャトさんの譲渡会で、
素敵なご縁を頂きました。
里親サイトに掲載していたコッコちゃんに逢いにわざわざ来て下さいました。
高校生のお嬢さんとご両親の比較的静な環境で、
亡くなった猫ちゃんとコッコちゃんがそっくりだということでした。
後ろ足が悪く少しびっこをひくコッコちゃんでも構わないと仰って下さいました。
亡くなった猫のタマちゃんもお嬢さんが8年前に拾って来た大人の猫さんだったそうです。

DSC_4619.jpg

DSC_4623.jpg


コッコちゃん、初めての場所で30分位はウロウロしていましたが、
すぐにお嬢さんのお膝の上で落ち着いていました。
周りは緑の多い環境で、猫が落ち着ける環境でした。

DSC_4616.jpg

DSC_4626.jpg


里親様、コッコちゃんの事、末長く宜しくお願い致します!


20日に高円寺ニャンダラーズさんが福島の浪江町で保護した猫さんを連れて来ました。
浪江町の室原という所で保護したそうです。
私も震災直後よく行っていた場所で
何頭もの猫を保護した場所でしたので、とても懐かしかったです。
リンちゃんというキジシロのメスでかなり手強いです。
一見おとなしそうですが突然パンチが出ます。
でも何よりも困るのは夜鳴きが収まらない事です。
昨晩はリンちゃんのケージの横にお布団を敷いて寝ました。
はじめこそ静かでしたが、30分位したらニャゴニャゴ始まって、寝不足です。お外暮らしの猫さんを家に入れると、家という閉じ込められた空間に慣れるまで鳴かれます。
いくら長くても1週間で収まるのですが…。
それまで頑張るしかないですね…。
人が住めなくなった町にリリースするわけにはいかないですもの。

DSC_4631.jpg


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

ダブルキャリアのキト君永​眠

2012年3月31日、 福島県双葉町前田で保護したキト君
2014年9月18日am2時に帰天しました。

保護してから2年半、よくここまで生きてくれました。
先日、優しいフォスターさんがつき安心した矢先のことでした。
1カ月前に様子が変になり
深夜、主治医の所に行き処置をして貰い酸素ボンベも借りて来ました。

一昨日 1メートル位の高さから着地に失敗し
腰を打ち歩けなくなったのですが、
FIPのドライタイプかもと言われました。
Wキャリアのキト君にとっては、
とてもFIPを克服出来る身体ではありませんでした。

DSC_4529.jpg

DSC_4533.jpg


先が短い命とわかっていたので、
何時もご馳走を食べさせて貰っていました。
そして預かりボラさんのiさんにとても可愛がって貰いました。
隔離部屋が無かったので、
キッチンでiさんと寝食を共にしていました。

今日の夕方、iさんと、
お別れに来て下さったフォスターのD様と私でお見送りをしました。
お骨はiさんがしっかり抱いて帰りました。

DSC_4570.jpg

DSC_4585.jpg

DSC_4588.jpg


iさんは生まれて初めて猫を飼い、
生まれて初めて看取ったので、かなり落ち込んでいました。

私は責任を全うできた事で、
自分自身にお疲れさまと言っていました。

D様は泣いて、心からキト君の死を悲しんで下さいました。
死なれるのはとても悲しいです。
でも、神様からご縁を頂いて、私達の所に来てくれたキト君
そして、iさんに
猫ってこんなに可愛いのかって教えてくれたキト君。
本当にありがとう!
どうか安らかに眠って下さい

◆-----------------------------◆

★フォスターペアレント様募集しています★

福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

福島活動報告2014/09/12 その2

先日に引き続き、12日の福島での保護活動のご報告です。

CIMG1941.jpg

CIMG1945.jpg


CIMG1950.jpg

野生動物が入らないように捕獲器の近くに置いたキャラ○コーン。
これは野生動物の好物らしいです。
今回はその効果のせいか?野生動物は一頭も入りませんでした。
猫も一頭も入らず・・・涙

CIMG1953.jpg

住民さんの玄関のドアに貼ってある捜索情報です。
キキちゃんメスです。

CIMG1958.jpg

ももち屋
このお店の対角線上にあるお宅の前で
9月2日に子猫が目撃されています。
付近に捕獲器を何台も設置しましたが今回は捕獲出来ず。

1966.jpg

この場所は犬猫救済の輪さんが給餌に通ってくださっている場所です。
猫の糞が数カ所にあったので期待して捕獲器をかけましたがダメでした。

CIMG1974.jpg

子猫の目撃エリアでは捕獲器を二台くっつけてトンネルを作って
親子ともども捕獲できるようにしました。

CIMG1986.jpg

草が伸びきって目的のところに行くまで一苦労です。

CIMG1990.jpg

サンライトおおくま
二年くらい前に行った時に猫さん一匹保護しています。
現在も里親会に参加しています。
三毛のパピコ(nekonokoさんの譲渡会には毎回出ています)

CIMG2061.jpg

CIMG2063.jpg

CIMG2073.jpg

CIMG2132.jpg


サンライトおおくまから見えた海や福島の原発

CIMG2268.jpg

CIMG2270.jpg

双葉の海水浴場
双葉の住民さんからいただいたお昼のおにぎりを ここでいただきました。
原発の事故さえなければほんとに綺麗な場所で沢山の人が集まってきていたんでしょうね。

CIMG2275.jpg

今回はじめて発見したこと。
最後に捕獲器を回収したときに中の餌にたくさんの蟻が群がっていました。
なんと東京の蟻の5倍くらいの大きさがありました!
ナメクジもクモも見たことありますが、みな東京の3倍くらいあります。



CIMG2266.jpg

CIMG1956.jpg

人の住めなくなった街は、震災当時の爪痕を今も残しています。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

福島活動報告2014/09/12

12日、双葉町と大熊町の中間貯蔵施設建設予定地にレスキューに行って参りました。
一体あと何頭の猫が残されているのでしょう!?
昨年から想定されていた事なので、
犬猫救済の輪さんや高円寺ニャンダラーズさんやMさんなど
定期的に給餌に入っている方々が何とか保護しようと
いつも捕獲器を掛けていますが、最近は保護率が下がっています。

もちろん3年半も保護活動を続けているので、猫が少なくなったというのは良い事なのですが…
それでも給餌に入っている方から猫を見たなんていう情報を聞くとドキッとします。
残された少ない時間の中で、
取りあえずは、立ち入り出来なくなる場所を優先して皆と連携して頑張らなくてはと思いました。

それにしても、双葉町5ヶ所、大熊町6ヶ所の計14台掛けて保護猫ゼロなんて悲しくなります。
目撃情報のあった所だけでも保護したかったです。
夏に戻ったような天気でとても暑かったので
厳しいなぁと思っていたのですが、
猫の姿が見えないとテンション下がります。
でもイノシシの親子に遭遇してビックリ。
子供が5頭もいたんです。
以前はかなり見かけたのですが、家を荒らすという苦情のせいで、かなり処分されたそうです。
貴重な写真は取れなかったのですが、頑張って生き延びて欲しいと思いました。
あと見たのはカラスとキジでした。
カラスにはストーカーされているみたいでした。
車を止めると頭上でカァ~カァ~数羽が旋回するのです。
彼らは頭が良いので、私達が捕獲器を置いたり給餌をしたりするのがわかるみたいです。
特に大熊町は多く、此方も工夫して捕獲器を設置する場所を考えなければなりません。
見つかると捕獲器の上に乗ったり外から餌をとろうとするので、
捕獲器の扉が振動で閉じてしまうのです。
本当に福島では色々な野性動物がいる事を想定してやらなければいけないので疲れます。

なんだかネズミが少なくなっているなぁと思っていたら、
住民さんいわく、ハクビシンがネズミを食べていると。
な、なんとあの数のネズミが減っているという事は
一体どれだけの数のハクビシンがいるのかしら?
食物連鎖は自然の事なのですが、愛護動物である猫にとっては厳しい環境です。


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます