2016年10月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2016年10月

  • 2016/10/31TNR

    ここの現場はたしか7月に保健所からの依頼で行った所です。餌やりさんは目の不自由な方で、やっと歩いているといった状態でご自宅のマンションの入り口で餌をやっていました。何頭かはボランティアさんに頼んで手術をしてもらったとの事でしたが、子猫が生まれているのでその母猫の手術をして欲しいと依頼して来ました。   私が行くとカット済みの猫が3~4頭いて子猫は3ヶ月位が4頭いました。母猫は淡いサビで子猫...

    記事を読む

  • 2016/10/24TNR

    春に生まれた子猫達は今の時期不妊手術ができるまで成長しています。外猫のお世話をしている皆さん、まだ小さいからと安心しないで下さい。以前も書いたように、不妊手術は後手にまわると大変です。先手必勝です。現在関わっているTNR現場、たびたび登場している懐きの悪い子猫の母猫は5月のTNRで捕まえた子です。このとき、すでに出産済みでした。お世話している人に、子猫が出て来ると思うので出てきたら直ぐ知らせてください...

    記事を読む

  • 2016/10/19動物愛護

    お世話なっているボランティアさんから拡散記事の依頼です。色々とバタバタしていてご紹介するのが遅くなってしまいました。動物愛護のボランティアといっても、それぞれやっていることが違います。現場で猫のお世話をしている人、 TNRをやっている人、 里親探しや譲渡会を開催している人、 行政に意見を届ける人など色々な得意な分野で頑張っています。私は飼い主のいない猫の餌やりからボランティアの道に入ったので、必要に迫ら...

    記事を読む

  • 2016/10/19福島保護猫

    今回も犬猫救済の輪さんと連携レスキューです。いつものように私が先発でした。最近Mさんは、4頭もの猫さんを捕獲しています。その全てが大野駅付近です。犬猫救済の輪さんは給餌スポットにカメラをかけていますので、Mさんが保護した猫と同じかどうか、確認しましたところ、ほぼカメラに映っていた猫たちだとわかりました。猫たちはかなり広範囲に移動しながら、餌を求めています。都会では考えられないのですが、1日に3~4キ...

    記事を読む

  • 2016/10/18里子に行った子

    ブログの更新が滞りスミマセン!お届けやら福島やら譲渡会やらマァムの自宅見合いやら忙しくしてました。そんな中、なんと家にノミが大量発生しましてその駆除にも追われていました。ノミに全身刺されて今でもかきむしっています。何しろうちは家庭内野良がいるので、その子達にもレボやブロードライン等たらしたいのですが、近くに寄って来ません。そのために捕獲器で捕まえるのも如何なものかと思い、飲み薬を処方してもらいまし...

    記事を読む

大岡山のTNR

ここの現場はたしか7月に保健所からの依頼で行った所です。

餌やりさんは目の不自由な方で、やっと歩いているといった状態でご自宅のマンションの入り口で餌をやっていました。

何頭かはボランティアさんに頼んで手術をしてもらったとの事でしたが、子猫が生まれているのでその母猫の手術をして欲しいと依頼して来ました。

DSC_4633.jpg 

DSC_4636.jpg 

DSC_4641.jpg 

私が行くとカット済みの猫が3~4頭いて子猫は3ヶ月位が4頭いました。
母猫は淡いサビで子猫はキジトラ2頭と茶トラ2頭でした。

DSC_4643.jpg 

DSC_4635.jpg

カット済みの猫は捕獲器に入って欲しくないのでお腹がいっぱいになるよう餌を食べさせていたら、おっぱいをブラブラさせた明らかに授乳中と思われるキジシロの猫が来ました。

子猫は連れていませんでした。
子猫の大きさを見ていないので捕獲するわけにもいかず、餌やりさんに
もう1頭♀がいてそのうち子猫を連れて来ると思うので、連れて来たら教えて

とお願いしました。



10月に入って子猫が来ているので来て欲しい、と連絡がありました。
前回捕まえたサビ猫の子供も手術出来る大きさになっているので、その中猫さんとキジシロの♀を捕まえるため、朝ご飯に合わせて早朝行って来ました。

♂2頭をゲットしてキジシロの♀を探していると2頭のキジの子猫と一緒にやって来ました。子猫は痩せているけれど体長から見て生後4ヶ月位です。
手術するには少し小さいので2ヶ月位先に延ばすことにしてママだけゲットしました。

DSC_7120.jpg 

DSC_7113.jpg 

DSC_7108.jpg 

アーァ、また2ヶ月後に捕獲に来なくては…。
ガックリです。

何時になったら終わるのでしょう…。
早朝はかなりの寒さになって来ました。2ヶ月後はもっと寒いでしょうね…

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

TNR、猫の保護を考えている方たちへ

春に生まれた子猫達は今の時期不妊手術ができるまで成長しています。

外猫のお世話をしている皆さん、まだ小さいからと安心しないで下さい。
以前も書いたように、不妊手術は後手にまわると大変です。
先手必勝です。

現在関わっているTNR現場、たびたび登場している懐きの悪い子猫の母猫は5月のTNRで捕まえた子です。
このとき、すでに出産済みでした。
お世話している人に、子猫が出て来ると思うので出てきたら直ぐ知らせてくださいとお願いしてありました。

野良ちゃん達が子猫を餌場に連れて来る時は生後2ヶ月にはになっています。
もし保護して欲しいならその時点で保護しないとなつかない可能性があります。


ですから腹を決めて保護するのか、それとも手術できる大きさになったら手術して、お外でお世話するのか方針は立てておかなければいけないのです。

子猫も3ヶ月過ぎて4ヶ月位になるとかなり行動範囲を広げて色々な人の目に留まるようになります。
嫌いな人の家にも出入りしたりすると、苦情も出てきます。

そのころになってようやく餌やりさんも困って保護して欲しいと依頼して来るのですが、現場に行って見ると餌やりさんが言っていた大きさよりかなり大きいという現実があります。
そうなると保護より手術になります。

広いお外で見ると小さく見えますが、いざ捕まえて近くで見ると以外と大きいのです。

DSC_6899.jpg 

DSC_6901.jpg 

DSC_6907.jpg 

今回は5頭の中猫さんの手術です。
三毛とキジシロと黒白と茶トラ2頭です。

捕まえる順番を考えなければ行けません。
始めに♀を捕まえなければいけません。

三毛は必ず♀なので始めに三毛、そして躰の小さい黒白(メスはオスより躰が小さいことが多いでから)そして性別不明のキジシロ、最後に茶とら2頭にしました。

何しろ病院の予約が取れないので1頭ずつです。
案の定黒白は♀でした。
♂だろうと思っていたキジシロが♀だったのにはビックリでしたが良かったです。

DSC_6911.jpg 

DSC_6926.jpg 

DSC_6923.jpg 

明日の予約は♂2頭取れたので早朝に行って残り茶とら2頭捕まえて終わりです。
今週は金曜日に予約が取れたので金曜日は大岡山に行かなければ…。

ここも朝4時半が餌の時間なので辛いです。
早起きしなくちゃっ!…それとも寝ないで行った方が良いのか微妙な時間ですよね~

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

【拡散】動物愛護行政の広域化を!

お世話なっているボランティアさんから拡散記事の依頼です。
色々とバタバタしていてご紹介するのが遅くなってしまいました。


動物愛護のボランティアといっても、それぞれやっていることが違います。
現場で猫のお世話をしている人、 TNRをやっている人、 里親探しや譲渡会を開催している人、 行政に意見を届ける人など色々な得意な分野で頑張っています。

私は飼い主のいない猫の餌やりからボランティアの道に入ったので、必要に迫られTNRをし、必要に迫られ里親探し・・・と、行き当たりばったり、とにかく見よう見まねでやって来ました。

行政に言っても何もしてくれないと諦めていました。
でも最近時代が変わって来たという印象があります。

動愛法も少しずつではあるけれど改善され、飼い主のいない猫の不妊手術の助成金を出す自治体が増えてきました。
しかし、自治体によって助成金の額が違い、本当に必要な所は少ないという現実があります。

本当は日本全国で飼い主のいない猫の不妊手術は無料で出来るようになると殺処分される猫の数は確実に減ります。

現在横浜市のボラさん達は近隣の病院でも助成金が使えるように運動しています。
動物病院はそれぞれ不妊手術の値段が違います。
いくら助成金が使えても横浜市の獣医師会に所属している病院しか使えない、または元々の値段が高い所で助成金が使えても、支払う側の負担減にはなりません。
大田区もしかりです。

元の値段が安くて(良心的で)腕の良い動愛病院にボラさん達は行くので手術の予約が取れなくて困っています。
今週はTNRをしているのですが1頭づつしか予約が取れず毎日行っています。
朝4時起きで行かなくてはいけない所なので寝不足でフラフラです[?]

このような事から近隣の病院でも使えるようになればボラさん達の肉体的な負担も軽減されます。
どうか皆様横浜市にメッセージをお願い致します[?]

動物愛護行政の広域化を!
大道義知先生(京都市議、動物愛護地方議員の会 副会長 、西日本動物愛護地方議員の会 会長),避妊去勢手術費助成金制度の拡充が必要と提言
川崎市、八幡市等が市外の動物病院でも助成金が使用できることを紹介


大道よしともブログ「ゆびきり政治」より
動物愛護行政の広域化(避妊去勢手術費助成制度の拡充)
 
10月5日、昨日に引き続き保健福祉局の審議を行う決算委員会では、動物愛護行政に係る課題について質疑を行いました。
京都市では昨年春、京都府と協働で全国初の京都動物愛護センターを整備しましたが、施設整備と合わせて京都市獣医師会の事務所移転とともに夜間動物救急センターも整備されました。年間1000件ほどの利用状況となっており経営上も上場の滑り出しとなっているようです。
こうしたハード面の政策だけでなく今後は、動物愛護施策におけるソフト面での政策について府と市の共同作業による政策調整が求められています。こうした中、今後課題と思われる動物愛護行政の広域化について犬猫避妊去勢手術費助成制度を取り上げ問題提起を行いました。現在、京都市では、助成制度として本市が3000円、獣医師会が3000円を助成し避妊去勢手術を京都市獣医師会に加盟されている協力動物病院で実施されています。しかし、現行制度のおいては、①予算に限りがあるため助成件数を超えた申し込みがあった場合、年度内に適応できない。②獣医師会加盟病院でない病院では適応できないという、2点の課題が浮き彫りになっています。京都市内には現在動物病院が約90病院ほどありますが、獣医師会加盟病院は84病院と若干の差が生じています。加盟されていない病院ではこの制度は適用されません。私の地元の学区に開設されている病院は、加盟されていない病院のため適用されません。したがって、利用者は、距離的にも近いお隣の京都府向日市にある動物病院に行かれる方々も多くなっています。現行制度では、京都市域外の向日市エリアは京都府獣医師会に加盟されている病院であるため、京都市の助成制度が適用されません。しかし、京都府市協調で推進する動物愛護行政であることから、今後こうした京都府域内における制度の不均衡や格差を是正し、均衡ある制度となるよう課題解決をする必要があります。例えば、京都府域内の八幡市でも他府県大阪府の枚方市内の動物病院での避妊去勢手術でも適用できるように制度化をスタートさせています。また、川崎市では市内107の病院だけでなく、東京16病院、神奈川県8病院の協力病院においても適用している事例を紹介し、京都でも府市協調により従来の避妊去勢手術費助成制度の見直し検証をすべきことを訴えました。理事者から「検討していく」との答弁がありました。
その他、マナー条例の啓発として、まち猫(地域猫)事業推進の折に、「さくら猫」という表現等を使用するなど、地域に対し優しい動物愛護行政を進めるという方向性を示すべきことや、ペット業・ペット霊園とともに、最近増加しているペットホテルについて京都市の登録状況と課題、さらにはペット同行避難の取組状況について質疑を行いました。
 
(転載終了)

大道先生、貴重なご提言ありがとうございました。
ちなみに、神奈川県下では川崎市のほか、相模原市、小田原市、平塚市、厚木市、綾瀬市、座間市、鎌倉市が市外の動物病院でも助成金を使うことができます。そして神奈川県動物保護センター、川崎市動物愛護センターでは猫の殺処分実質ゼロが続いています。
このような中、横浜市では、ボランティアさん達が市外の動物病院でも横浜市猫の不妊去勢手術助成金が使えるにしてほしいと要望し、いったんは決定しましたが実現できていません。横浜市獣医師会の理解が得られないためです。殺処分も年間500匹をこえています。
大道義知先生のご提言を踏まえ、横浜市も一刻も早く市の枠にとらわれず広い範囲で不妊去勢手術助成金が使えるようにしていただきたいと思います。
 
  
★皆様にご協力いただきたいこと

横浜市健康福祉局にメッセージをお願いします

 メッセージ例・・ 猫の殺処分を減らし環境を良くするために、横浜市猫の不妊去勢手術助成金を市外の病院でも使用できるようにして下さい。
 
宛先
横浜市健康福祉局
局長 鯉 渕 信 也 様

電話 : 045-671-2380 - FAX : 045-664-4739


横浜市・林文子市長にもお願いしてください。
市民からの提案

元記事↓

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

10/14福島の猫レスキュー活動報告

今回も犬猫救済の輪さんと連携レスキューです。
いつものように私が先発でした。

最近Mさんは、4頭もの猫さんを捕獲しています。
その全てが大野駅付近です。

犬猫救済の輪さんは給餌スポットにカメラをかけていますので、
Mさんが保護した猫と同じかどうか、確認しましたところ、
ほぼカメラに映っていた猫たちだとわかりました。

猫たちはかなり広範囲に移動しながら、餌を求めています。
都会では考えられないのですが、1日に3~4キロ移動している猫もいます。


今年も残りわずか2ヶ月になりました。これからが寒さ本番です。
虫などを捕食できなくなるので、やはり冬場は捕獲器に入る可能性が高いと思われます。

残りあと数頭だと思います。
目視されたりカメラに映っていた猫を全頭保護できたら、後ろ髪引かれることなく
福島での活動をやめることができます。
それまであともう少しだけと思って頑張っています。

CIMG6577_R.jpg 

ここは楢葉町です。ピンクのコスモスが一面に咲いていました。
楢葉町は沿道にも花壇が植えてあったり、少しずつではあるけれど、
住民さんが戻ってきた時に見てもらえるように、植えたのでしょうかねぇ

CIMG6583_R.jpg 

富岡にある犬猫救済の輪さんの給餌スポットにフードを入れてくるように
頼まれました。
カラスよけのカーテン?の後ろに給餌ボックスが置いてあります。

CIMG6585_R.jpg 

ここも楢葉町の犬猫救済の輪さんの給餌スポットです。
カーテンはなんとか保たれていましたが、中は無事でした。

CIMG6587_R.jpg 

給餌ボックスを物置の中に戻してフードを入れました。

CIMG6592_R.jpg 

大熊町の大野駅の商店街にある本屋さんです。
この交差点の付近で何頭かの猫が目撃されました。

以前ここで目撃された茶トラの猫さんはMさんが捕獲して保護しております。
この周りでカメラに映っていた猫さんが、この1ヶ月の間に4頭も保護されました。
Mさんと猫福舎さんが保護してくれました。
Mさんは先日、スモーク三毛を見たと言っていたので
とりあえず付近の給餌スポットに捕獲器をかけました。

CIMG6597_R.jpg 

大野駅に立っている電柱です。
震災の年には駅の周りにもたくさんの猫がいて
6年近く経った今でも倒れずにその姿をとどめていました。


CIMG6598_R.jpg 

CIMG6600_R.jpg 

CIMG6607_R.jpg 

ゴーストタウンとなった大野駅付近にある商店街です。

CIMG6604_R.jpg 

CIMG6605_R_2016101911183934a.jpg 

よしのや旅館の前にあるよく猫が保護された場所で、
今回はそこにも捕獲器をかけました。
カメラのSDカードは回収してきましたので、猫が映っていたらいいなぁ

CIMG6608_R.jpg 

大熊町にあるMさんの餌場です。
前回、私が男性のボランティアさんに行ってもらって
工夫をしてもらったのですが、大きな作業台が外に飛び出していました。
やっぱりカーテンくらいだとイノシシは入ってくるんですね。
今回は給餌を頼まれたので行ってみると、かなり頑丈な鉄パイプで
イノシシが入ってこれないように工夫がしてありました。


CIMG6610_R.jpg 

CIMG6611_R.jpg 

CIMG6664_R.jpg 

CIMG6665_R.jpg 
物置の中は荒らされた様子もなく、給餌ボックスはからっぽになっていたので、
たっぷり補充してきました。


CIMG6614_R.jpg 

朝一番に捕獲器をかけたのですが、誰も入ってくれませんでした。

CIMG6617_R.jpg

ここはキャラメルリボンとベリーベリーが保護されたところです。

CIMG6618_R.jpg

もう秋の気配ですね。ススキがいっぱい生えていました。

CIMG6623_R.jpg 

双葉の駅です。以前新聞に書いてあったように
駅の裏側は復興ドッグとして、人が住めるようになるそうです。
たくさんの業者が入って整備していました。

CIMG6629_R.jpg 

CIMG6630_R.jpg 

CIMG6631_R.jpg 

双葉の山側にある給餌スポットです。
高いところに置いてあった給餌ボックスは無残にも下に落ちていました。
カメラのSDカードを回収したので、どうゆう風に下に落ちたのか謎が解けますね。
高いところにある給餌ボックスは給餌するにも一苦労です。


CIMG6633_R.jpg 

CIMG6636_R.jpg 

双葉の海側の住民さんの許可をいただいて置かせていただきました給餌ボックスです。
これはまだおさんが工夫して作ってくださったものです。
猫が飛び上がれるような小さな踏み台を置いてあり、
横にはダミーの捕獲器も置いてあります。
中のフードはたっぷり残っていたので、猫も野生動物もまだ気がついていないのかもしれません。
カメラをかけているので要観察です。

2016101401.jpg 

双葉の海水浴場手前の給餌スポットです。
ここは酷い有様です。
私が前回行った時に上から吊るしておいた給餌ボックスも壊され、
まだおさんが作ってくださった、男性二人がかりでもやっと動かせるかなというほどの
給餌ボックスも移動させられていました。
とても応急処置ではなんともできないので、まだおさんが作ってくださった重たい木製の給餌ボックスの隙間からフードを入れてきました。
ここではカメラに映っていた三毛猫さんがいますが、未だ保護されていません。

CIMG6647_R.jpg 

背中が赤い奇妙な蜘蛛がいました。
初めて見ました。
ニュースで、赤い蜘蛛には気をつけろと聞いたことがあります。

CIMG6651_R.jpg 

びっくりしました!最近ではお目にかかれないタヌキにお目にかかれました。
一頭で地面にいた虫を食べている様子でした。
かなり痩せているのでかわいそうでした。

CIMG6654_R.jpg 

このように餌場に入る道はかなり雑草で生い茂られていて、
車はやっと通り抜けられる感じです。
この奥にもカメラに映っている猫さんがいるので、捕獲器をかけました。

CIMG6655_R.jpg 

ここの上の方に設置していたカメラが落とされていました。
ガッカリです。

CIMG6659_R.jpg 

CIMG6660_R.jpg 

物置の中に捕獲器を仕掛けます。

CIMG6670_R.jpg 

洗面器が飛ばないように、大きな石を入れておきます。

CIMG6672_R.jpg 

捕獲器の回収に回っているとイノブタさんらしきまだ大人になっていない若い個体がいました。
今日は四つ足二頭見るなんてスゴイです。


CIMG6673_R.jpg 

よしのや旅館の前にかけた捕獲器は、カラスでしょうか、ペットシートを引き出されて蓋が閉まっていました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

夢くん ピッチ君 クロロ君のお届け♪

ブログの更新が滞りスミマセン!
お届けやら福島やら譲渡会やらマァムの自宅見合いやら忙しくしてました。

そんな中、なんと家にノミが大量発生しましてその駆除にも追われていました。
ノミに全身刺されて今でもかきむしっています。

何しろうちは家庭内野良がいるので、その子達にもレボやブロードライン等たらしたいのですが、近くに寄って来ません。
そのために捕獲器で捕まえるのも如何なものかと思い、飲み薬を処方してもらいました。

全員ドライ派で上手く飲ませられるか心配でしたが嗜好性の良いドライに食べやすい大きさにカットして混ぜたら以外に食べてくれました。

お腹をペコペコにしてやるのがコツですね。
でも普段食いしん坊のマルちゃんは、匂いをクンクンと嗅いでなかなか食べないのでシーバに苦労して入れ、何とか食べさせる事が出来ました。

やっぱり触れない猫って困りますね~。

何とか収束し、原因を考えていたのですが、やっぱりTNRで捕まえた猫をリビングに入れたのしか思い当たりません。

残暑が厳しかったので捕獲器に入ったまま蒸し暑い外に置いておくのは可哀想だと思い、小ケージに移してクーラーの風があたる所に置いていたのです。
そして、うちの猫たちがケージの回りをウロウロして移ったのだと思います。

そんな事もあろうかと触れる子にはスポットしているのですが、家庭内ノラさんには出来ず、一気に繁殖したのだと思います。



ご報告が遅れてしまったのですが、センター猫の夢くんとお巡りさんが袋に入れて連れて来たピッチ君となんと!蚊のアレルギーでお耳が真っ赤だったクロロ君お届けして来ました。

夢くんは暫く隠れていましたが、里親様のお膝の上で写真を撮ることが出来ましたし、ソファの上でも寛いでいました。
くしゃみがあったのですが1頭飼いなのでお薬付きでお届けしました。


ピッチ君の所は先住猫さんがいます。
私がお邪魔している時は姿を現さずでしたがピッチ君はケージがイヤで早速探検をしていました。
うざい程絡むので先住猫さんに嫌われなければ良いのですが…。

クロロ君はラッキーでしたね~。
少し前に浪江のヴァン君を貰って下さった里親様がヴァン君が一人で寂しそうに鳴くのでお友達の猫が欲しいとご連絡を頂きました。
クロロ君の預かりをして下さったDさんに聞くと、クロロ君は大人の♂にもすり寄って行き、シャーァと言われると引き下がるなんとも良い性格だそうです。
お届け時机の下に隠れていたヴァン君に近寄り鼻クンクンしてましたけれど、お互いにシャーァはなかったので、何とか上手くやれそうです。

DSC_6786.jpg 

DSC_6798.jpg 

DSC_6845.jpg 

DSC_6862.jpg 

DSC_6850.jpg 


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます