2017年04月の記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

月別アーカイブ:2017年04月

  • 2017/04/29保護猫

    昨年の7月に私のお世話している地域猫の餌場に突然現れたホクロ君。あまりの酷さに余命わずかと思い看とるつもりで保護して10ヶ月経ちました。 相変わらず  神経障害の為に上手く歩けませんが、食欲はものすごくあったので安心していたのですが・・・。ここ2日位あまり食べません。連休に入ってしまうので月曜日には獣医さんに連れていった方が良いですね…。家のリフォームの為  猫部屋に寝ている私のお布団に入っ...

    記事を読む

  • 2017/04/25保護猫

    先日  黒白ママの赤ちゃん1頭亡くなってしまい3兄弟になってしまいました。3腹の中でも一番小さい子達なので、まだ目も開いていません。黒白ママはとても臆病で私が覗くとケージの上の段に飛び乗ってしまいます。 赤ちゃんの体重を測ろうと1頭取り出して顔を見たらビックリなんと左目が腫れてコブになっているんです…。少し押したらまだ開いていない目から大量の膿が出て来ました。 目の中に雑菌でも入って炎症を起...

    記事を読む

  • 2017/04/22天国へ逝った子

    先日  獣医さんで出産してしまった黒白ママ猫の一番小さかった子(写真手前)が亡くなっていました。 朝ご飯をあげた時気がつきました。ママ猫に落ち着いて授乳してもらう為にご飯の出し入れやトイレの掃除以外はシーツを被せてあまり覗かないようにしていました。多頭に出産する動物は沢山死ぬと言われています。兄弟の中でも一回り小さかった子です。全然鳴かなかったので心配はしていたのですが…。 たまたまその...

    記事を読む

  • 2017/04/20保護猫

    今年は何だかこのパターンが多いようです。  先日の三毛と黒白の餌やりさんのご親戚の家の庭で野良猫さんが赤ちゃんを産んだようです。その親戚の家では野良さんに餌付をしていたわけではなく、気がついたらお庭の植え込みの所で子育てしていたようです。 どうして良いか解らず相談してきました。猫は飼った事がないがこれもご縁なので1匹は引き取ると言っています。でもまだミルク飲みなので離乳して自力で食べれ...

    記事を読む

  • 2017/04/18TNR

    若ママの三毛さんと赤ちゃんを家のケージに入れるため一旦帰宅しました。捕獲器は三毛の姉妹の黒白を捕まえるために3台かけて来ました。遅い昼食を食べていると、餌やりさんからが鳴り、手術済みの猫が捕獲器に入っているので早く出して欲しいと…。出し方が解らないと言うので、再び現場へ。他の捕獲器には誰も入っていないので近所をグルグル廻って黒白を探していたら、家と家の間の路地に黒白を発見しました。遠くから見える感じ...

    記事を読む

ボロボロで保護したシニア猫ホクロちゃんの近況

昨年の7月に私のお世話している地域猫の餌場に突然現れたホクロ君。
あまりの酷さに余命わずかと思い看とるつもりで保護して10ヶ月経ちました。

DSC_0027.jpg 

相変わらず  神経障害の為に上手く歩けませんが、食欲はものすごくあったので安心していたのですが・・・。

ここ2日位あまり食べません。
連休に入ってしまうので月曜日には獣医さんに連れていった方が良いですね…。

家のリフォームの為  猫部屋に寝ている私のお布団に入ってきて一緒に寝ています。
只  臭いお口で舐めてくれるので参っています[?]
高齢なので残りの猫生をのんびり 穏やかに過ごさせてあげたいと思っています。

DSC_0022.jpg 

動画も見て下さいね!



◆-----------------------------◆
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

ママ猫育児中の子猫たち★目から膿がっ!

先日  黒白ママの赤ちゃん1頭亡くなってしまい3兄弟になってしまいました。
3腹の中でも一番小さい子達なので、まだ目も開いていません。
黒白ママはとても臆病で私が覗くとケージの上の段に飛び乗ってしまいます。

DSC_0485_2017042523055657b.jpg 

赤ちゃんの体重を測ろうと1頭取り出して顔を見たらビックリ[?][?]
なんと左目が腫れてコブになっているんです…。
少し押したらまだ開いていない目から大量の膿が出て来ました。

DSC_0503.jpg 

目の中に雑菌でも入って炎症を起こしたのかしら?
でも目が開いていないのにバイ菌が入るのかしら?

心配なので獣医さんに連れて行きました。
開いていない目をこじ開けて洗浄してシリンジの先で目の中にお薬を入れました。
目薬をもらい一日3回さしてと言われました。

DSC_0506.jpg 

DSC_0507.jpg 

あと2頭の兄弟の目も少し膿が出ていたので3頭に目薬をさしています。
いくら親が子育てしているからって安心出来ないですね。

猫は目が弱いです。
風邪をひいても目がグシャグシャになります。

2~3ヶ月の子猫で目がグシャグシャしたの拾った事があります。
さい時カリシウィルスに感染したみたいで、すでに眼球を失ってしまった子もいました。

早く気がついて良かったです。

三毛ママの子猫達は目が開いてきました。
三毛ママは怖がりでないので、堂々とオッパイをあげてくれています。
子猫達のお腹はポンポコリンです。

DSC_0484.jpg 

きっとオッパイが沢山出るのでしょうね。
ママちゃんもう少し頑張ってね♪

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

子猫と福島被災猫の半蔵君 亡くなりました…

先日  獣医さんで出産してしまった黒白ママ猫の一番小さかった子(写真手前)が亡くなっていました。

DSC_0438.jpg 

朝ご飯をあげた時気がつきました。
ママ猫に落ち着いて授乳してもらう為にご飯の出し入れやトイレの掃除以外はシーツを被せてあまり覗かないようにしていました。

多頭に出産する動物は沢山死ぬと言われています。
兄弟の中でも一回り小さかった子です。
全然鳴かなかったので心配はしていたのですが…。

DSC_0445.jpg 

たまたまその日は震災の年に浪江で保護した半蔵君を荼毘に臥す為にペット霊園に行く約束をしていました。
半蔵君はなつきも悪くエイズキャリアだった為にボランティアのuさんに預かって貰っていました。
直ぐに口内炎も始まってお薬を飲ませないと食べれなくなってしまいました。

それでも何とか頑張ってくれていたのですが、今年に入ってからはインスリンを打つ日々が続いていました。

亡くなる4~5日前にuさんから半蔵君長くはないかもと連絡を頂いていました
震災当時シニアだった半蔵君は12~13才になっていたと思います

震災から保護して丸6年生きました。
uさん宅のお家の子になって皆と仲良く暮らしていました。

救えなかった命が多くあるなか半蔵君は幸せだったと思います。
uさんの手厚い看護に感謝します[?]  

DSC_0450.jpg 

お寺さんのご好意でチビちゃんも半蔵君と一緒に荼毘に臥して貰える事になりました。
寂しくないように半蔵君の胸元に抱いて貰いました。
まるで親子のような姿です。

安らかなお顔でまるで寝ているような半蔵君  きっと幸せだったんだね!
悲しいけれど、愛されて生きた6年間良かったと思います。

DSC_0452.jpg 

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
タグ

また 親子猫が…!子猫のシーズンが到来しました・・・

今年は何だかこのパターンが多いようです。
DSC_0472.jpg 

DSC_0475.jpg 

先日の三毛と黒白の餌やりさんのご親戚の家の庭で野良猫さんが赤ちゃんを産んだようです。
その親戚の家では野良さんに餌付をしていたわけではなく、気がついたらお庭の植え込みの所で子育てしていたようです。

DSC_0470.jpg 

どうして良いか解らず相談してきました。

猫は飼った事がないがこれもご縁なので1匹は引き取ると言っています。
でもまだミルク飲みなので離乳して自力で食べれて排泄出来るようになるまでお預かりする事にしました。

折角  親がいるので前回同様にママ猫に育てて貰うことにしました。
獣医さんで子猫の体重を計ったら180グラムありました。
今回の中で一番大きいので少しは安心しました。

DSC_0479.jpg 

あとはママ猫が育児拒否をせず、生後1ヶ月まで育ててくれたらかなり楽になりますよね。
ケージの周りをシーツで覆って隙間から覗いてみると、お腹に抱えてくれていました。
子猫も泣かないのできっとオッパイをあげていると思いますので、ママ猫に沢山食べて貰うよう一日3食あげています。

DSC_0481.jpg 

今の季節はかなりの子猫が生まれていると思います。
通常は子猫の大きさをチェックして自力で食べられるようでしたらママ猫を捕まえて手術をして、
直ぐ子猫の元に帰します。
子猫が生後5~6ヶ月位になったら又子猫の不妊手術をするという事をしていますが、今の子猫はまだ小さいので無理ですね。

ですから子猫が生まれる前に避妊手術をしないと面倒な事になります。
あと2ヶ月位したら譲渡会でも子猫で溢れかえっているでしょう。

都会では専業主婦は少ないので小さい子猫は結構苦戦します。
でも頑張らなければね~。

毎年の事ですが子猫のシーズン到来です。
私達ボラには嫌な季節になりました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

TNR現場、子猫が生まれていました(その2)

若ママの三毛さんと赤ちゃんを家のケージに入れるため一旦帰宅しました。
捕獲器は三毛の姉妹の黒白を捕まえるために3台かけて来ました。

遅い昼食を食べていると、餌やりさんから[?]が鳴り、手術済みの猫が捕獲器に入っているので早く出して欲しいと…。
出し方が解らないと言うので、再び現場へ。

他の捕獲器には誰も入っていないので近所をグルグル廻って黒白を探していたら、家と家の間の路地に黒白を発見しました。
遠くから見える感じるはそんなに若そうではないし、黒の模様が違うような感じがしたので…
ご飯を置いて近寄って来ないかなぁと見ていたら、左の家の縁の下から小ぶりの黒白が出て来ました。

DSC_0412.jpg 

いたぁ[?]あれに間違いない!!

と思い捕獲器をセットして様子を遠くから見ていたのですが、なかなか入ってくれません。
夕方になり、あちらこちらからご飯を食べに猫達が来たので、各々にお腹一杯食べさせ散らしていましたが、人間の夕飯の時間になったので、家人に夕飯を出しに一旦帰宅しました。
主婦ってこれだから困るんですよ。時間があるようで無いんです…。

DSC_0425.jpg 

の9時過ぎに又捕獲器をチェックしに行ったら、お目当ての若い黒白が入っていたので、ホッとしました。家に連れて帰り捕獲器から小ケージに移して観察したら確かにお腹が大きく、次の日に病院に入れました。

これでひと安心と思っていたらお昼前に病院から[?]があり、「生まれています!」と言われてビックリ仰天しました。
ですので三毛と姉妹揃って子育てして貰うことになりました。

DSC_0429.jpg 

4頭の赤ちゃんです。
三毛も4頭産んだそうですが2頭死んでしまったそうです。
初産なので上手く子育て出来るか心配ですが、やって貰うしかありません。

DSC_0442.jpg 

DSC_0435.jpg 

子猫を保護したので、この子達のために手術に行かなくても良いので後々は楽ですよね!
とっても長い疲れた一日でした(疲)

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます