今日はNPO法人nekonokoさん主催の
ハンデにゃんこの譲渡会・子猫の里親会が開催されました。

残念なことに、来場者数は先月より少なく、
他の会の保護猫はわかりませんが、
ねこひと会から参加の猫たちは良縁めぐまれず、
でした。

ねこひと会にもエイズの子、白血病の子、片目の見えない子がおります。
確かにハンディキャップをかかえておりますが、
みんな甘えん坊で可愛い子達です。

何の問題も無く、健康優良児で引き取っても
命あるものはいつどんな病気になるかもしれません。
それは私達人間であっても同じです。
健康で暮らしていてもシニアになれば、病院のお世話になることも多くなるでしょう。
里子を迎えるに当たって
敢えてハンディのある子を迎えてください
と言っているのではなく、
ハンディがあるからといって最初から敬遠するのではなく
同じように目を向けて下さいとお願いしたいのです。
ピンときたら、その子の個性と思って真剣に向き合ってください。
そしてその子を丸ごと愛してあげてください。


◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
タグ