3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震では
多くの方が犠牲になり、また、今も尚救助を待っている方がたくさん居ます。
1日も早く、一人でも多くの命が救われることを願うと共に
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。


その日、私は昨晩捕獲した猫たちを動物病院に運ぶ目的と、
トライアル中に破談になったキティ君のお迎えのため
車を走らせておりました。

ユラユラと地面が揺れたかと思うと、ぐらぐらっと激しい揺れが襲ってきました。
間近に見える信号機が激しく揺れ、落下してくるのではないかと心配したほどです。

片側3車線の広い道路で、落下してくる物が無いことを確認して
まわりの車もすべて停車したまま車中から人々が出てきました。
そのうち、辺りのビルから大勢の人が出てきました。

その時は大きな地震だったと思ったものの、
次々明らかになる甚大な被害など想像もできず
手術が終わって拙宅で保護する中猫2匹を引き取りに病院へ行き、
キティ君を保護主宅まで届けました。

2度目の大きな地震はキティ君を届けた直後にありました。
これは尋常ではないと思い、慌てて自宅に戻りました。

幸い、家の中はガスが自動遮断されていたのと
小物が落下している程度でした。
猫たちも無事でした。

地震、津波など自然の猛威の前では人間など何もできないのだと
痛感しました。

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ