福島県南相馬市小高区に行き、犬7匹猫9匹を保護したのが4月3日でした。
そのときの経緯は、それより1週間前に現地入りをした知り合いから、
猫の保護をしている団体が少ない、何とかできないかと相談され、
急遽保護に向かうことを決意しました。

そして猫ボラ仲間のアニマルフレンドシップさんと
人猫共生会議の代表にお声をかけたところ、賛同していただきました。
アニマルフレンドシップさんがお友達のボラさんに声をかけてくれて
総勢6人で車3台に分かれて現地入りしました。

帰ってきてから、みんなの感想は
とにかく時間が足りなかった・・・ということ。
保健所で人も動物達もスクリーニングを受けなければなりません。
タイムリミットも決まっていましたので
当初の目的地である浪江町には行けず仕舞いになっていました。
猫の習性からみても、日中だけの捕獲では無理でした。

夕刻、引き上げるときになってチラホラと姿を見せるようになった猫たちを目にしたアニマルフレンドシップさんは、
再度現地に行って残った猫たちを保護したい、また、
浪江町にも行きたいという思いを持っていらっしゃいましたが、
相当数の猫を保護しても保護場所がないことなど、
クリアできないことがあり躊躇っていたようです。
私は日帰りでの活動しかできないので、今回は同行することができないので、
保護猫はねこひと会で引き受けると約束をしました。
また、当然費用も嵩みますのでねこの代理人の代表から
資金を出してもらうよう手配しました。

一緒に行くことができないので、今回は後方支援という形です。

現地での様子はアニマルフレンドシップさんとその友人のボラさんで
1回目2回目と現地入りしていただいたsantaさんのブログに詳しく書かれています。

アニマルフレンドシップさんのブログ(前略、里親さま)
santaさんのブログ(cat's 21)

現地で安心して活動ができるよう、残ったねこひと会のメンバーは
とにかく一時預かりさんの確保を、と東奔西走しました。
ありがたい事に、猫ボラ仲間やお友達が名乗りをあげてくださって
とりあえずの保護場所が確保できました。
また、santaさんの尽力でのらねこ墨田さんも何匹か引き受けてくれることになりました。

第2陣が捕獲してきたのは猫26匹、犬6匹でした。
東京に着いたのは11日の未明。
猫は動物病院が開くまでアニマルフレンドシップさんのところ、
参加メンバーの人猫共生会議のボラさんが4匹の犬を拙宅に連れて来てくれました。
11日にねこひと会のゆきももこさんと共に動物病院へ。
病院に猫を連れてきてくれたのはアニマルフレンドシップさんとsantaさん。
そこで風邪気味など体調の思わしくない猫を別の病院に運ぶことになっていたので猫のチェックをしました。
その時、かなり体調が悪そうな猫がいたので
まずその子の処置をしてもらいましたが、残念なことに亡くなってしまいました。
また、搬送途中に1匹の猫が息を引き取ってしまったということでした。

健康状態に問題がなく手術を受けたのが猫15匹、犬5匹。
猫たちを病院に託して、風邪引きさん6匹を別の動物病院まで連れて行き、
そのうち5匹は入院しました。
1匹は拙宅にいます。
そしてその夜、2匹の猫が南相馬からやってきました。
今回の捕獲で一人残っていた方が捕獲器を仕掛けたら
2匹入ったとのことでした。


翌日、不妊手術をした病院から猫たちを退院させて
預かりさん宅に搬送しました。
10匹はのらねこ墨田さんに移動です。
アニマルフレンドシップさんと私でお届けしてきました。
早速ブログに可愛い画像が載っています。

のらねこ墨田さんのブログ(ねこのしあわせはわたしのしあわせ)

残りの子は入院中の猫が5匹、一時預かりさん宅に9匹(1~2匹ずつ)
拙宅に2匹です。

犬は4匹をちばわんさんが引き受けてくださいました。
2匹をねこひと会で預かっています。

ちばわん

ボランティアさん達が、現地で大変な思いをして保護してくれた子たちです。
それに、人が消えた町で一月以上も彷徨っていた犬と猫。
お腹を空かしていた子も、人恋しくて不安な思いを抱えていた子も、
これからは安心して過ごしてもらいたいと思います。

心配事もいくつかあります。
遅れて保護された猫2匹のうちの1匹の猫のこと。
どうやら事故にでもあったらしく、脚が1本ありませんでした。
病院での検査の結果、それだけでなく胸水が溜まっていることなどから
伝染性腹膜炎の可能性があると言われました。
現在入院中です。

風邪引きさんで入院中の子達は、回復してきたら不妊手術を施していただく予定です。

ねこひと会預かりの犬猫一覧


◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ