カメラマンの太田さんが6月11日に連れて来た可愛い女の子、
c93番ちゃんが8月22日朝入院先の病院で亡くなりました。

c93下浦の子


保護したとき、1.3kgしかなく、本当に痩せていました。

c93下浦の子
6/14

元気は無かったのですが、よほど飢えていたのか
食欲はあって最初はモリモリ食べていました。
体重は1.9kgまで増えたのですが
相変わらず元気がなく、その後は食べても一向に体重が増えず、
獣医さんで詳しい検査をしていただきました。

腎臓の数値がとても悪く入院。

その後も病院と拙宅を行ったり来たりの日々でした。
亡くなった日の前日にはかなり状態は悪く、
もう手の施しようが無いと言われたので、せめて最期は我が家で
と思い、引き取りに行こうと思っていたその日の朝、
病院から亡くなったと連絡が入りました。

昨日、お花をたくさん手向けて荼毘にふしました。
世田谷区にあるこの霊園では、被災猫は無料で送ってくださいました。

c93下浦の子


小高区下浦
この子が保護された場所です。
私も保護に福島入りした際足を踏み入れた場所です。
津波による被害もあり、市街地からも離れているため
ボランティアで餌やりしている人たちも殆ど無く、
猫たちはみんなひどく飢えていました。

震災後人の居なくなった場所でがんばって必死に生きてきた子、
保護されて、これから安心して暮らせるおうちを見つけるはずだったのに。
でも、この2ヶ月間は少しはほっとして食べたり寝たりできたでしょうか。

太田さんもこの子の記事を書いてくださっています。
保護時の写真も掲載されていますので
そちらもご覧ください。

うちのとらまる
「お別れ」

c93下浦の子

◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ