3月に一時帰宅された飼い主様と同行したときの原発被災地の様子です。

看板

道路に置かれた立て看板です

福島

同行させていただいた飼い主さんのお宅へ行きましたが
2週間前に置いた餌がそのまま残っていました。
状況は厳しいです。

道すがら、気になっているポイントに捕獲器を仕掛けました。
この日は一頭しか保護できませんでした。

保護時のメモ

保護した場所には必ずこのようなメモを残します。
飼い主さん、見つけてくれると良いのですが。

津波被害の家屋

津波被害に遭ったお宅です。
原発事故のため立入禁止なので何もできません。
これが福島原発事故の現実です。

福島第一原発

***************

後日大熊町の老人ホーム(サンライト大熊)で
グレー白のメスが保護されました。
ボランティアさんを通してねこひと会に来ています。
c225

c225


猫保護場所


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ