昨年の9月に双葉町で知り合いが保護したc134の茶トラ君。
この子の保護の経緯は、捜索依頼で現地入りしていた知り合いから電話がかかり、
痩せた猫が足元をスリスリして離れない。連れて行っていいか?
と言われ、断れずにOKしました。
福島から長い道のりをやっと東京に着いた時のこの子は
缶詰をあげると160グラムの缶3缶ペロッと平らげました。
よっぽどお腹が空いていたんでしょう。
そう思うと食事制限なんて出来ない。もう好きなだけお食べっていう感じであげていました。

被災猫たちは大抵そうなのですが、それでもある程度日が経つと食欲も収まってくるのに、トラオの食い意地は相変わらずです。
多頭飼いにとって食事のコントロールは至難の技です。
完璧にするには一頭づつケージに入れておくしかないのですが、
トラオはケージ嫌いなので閉じ込めるわけにもいかず・・・。
今ではご覧のとおりの体型です。

c134

c134


二段ケージに入れても二階にジャンプ出来ません。
やっぱり太り過ぎですよね!

トイレも大きいのも置いてあるのだけれど、なぜか小さい方で。
猫って本当あまのじゃくね~。

c134

c134

とにかく甘えん坊の子です。
保護してしばらくは構って欲しくて飛び掛ってくるほどで
他の猫にも攻撃的でした。
ボクだけを構ってっ!って感じだったのでしょうね。
今では、甘えん坊には変わりありませんが
すっかり落ち着いて他の子に虐められるくらいになっちゃいました。

茶トラの仮名トラオ君の里親様絶賛募集中です。

c134保護当時

これは保護時のトラオ君です。
変化がわかりますよね。

◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ