昨年末 環境省の許可でレスキューに入った際、
浪江町室原の高木酒店の前で保護した181番ちゃん。
この子の事は今でも鮮明に覚えています。

川房に向かって国道114号を走っているとき突然ニャアニャア大きな声が。
思わず車を止めて声のするほうを見ると、
痩せた猫が鳴いているではないですか。

とりあえず捕獲器を仕掛けてみましたが全然入る様子はありません。
時間が無いので、意を決して猫の方へ餌を見せながらそーっと近づいて行きました。
失敗は出来ない。
逃げられないように触ってみる。逃げないこれならいける!
首の後ろをぐっとつかみ、そばに用意していたケージに素早く入れました。
ホッ・・・。

病院に連れていくと口内炎が酷く長期間食べれてなかったせいか極度の貧血。
おまけにエイズキャリアでした。

性格は抜群に良かったので、毎週警戒区域にフードの給食に行っている個人ボランティアさんが里親さんを見つけてくれました。
里親様はとても可愛がってくださっていて、
エイズキャリアということもあり、口内炎が持病のような状態ですが
この日も病院に連れて来て下さいました。

ののちゃんになった181番ちゃん、幸せになって良かったね。
エイズキャリアというだけで敬遠されてしまうことが多いのですが、
里親様、本当にありがとうございます!

c181

◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None