先々週、何度目かの原発被災地入りをしました。
気になる場所、気になる子達はたくさんいますが、
なかなか現地に足を運ぶことができず、
歯がゆい思いをしております。

原発事故で人が居なくなり、取り残された動物たちの現状を
こうして自分の足で土地に立ち、自分の目で見ると
見聞きしていたはずの惨状も、さらに心に重くのしかかります。

7/12福島 賀老橋

賀老橋です

7/12福島 賀老橋横の民家

賀老橋近くにある民家
ここには猫のトイレが置かれて居ました。
捕獲器を仕掛けてさらに進みました

7/12福島 賀老橋

橋から見た山々


DL000028.jpg

114号線の川房手前にある大柿ダムのトンネル
この500m程の真っ暗なトンネルを抜け
さらに2つ短めのトンネルを抜けると川房に着きます

7/12福島

大柿ダム

7/12福島

川房に設置されたモニタリングポスト


7/12福島

ここは子猫2匹を育てていたママ猫が保護された場所です

7/12福島

7/12福島

川房
いつもここに捕獲器を仕掛けて
まだ居るはずの猫が入ってくれるのを待っています

7/12福島

賀老橋から見た下を流れる渓流
その姿は美しいままです



7/12福島

7/12福島

崩壊したままの民家


7/12福島

7/12福島

7/12福島

大熊町の海沿い
津波の爪痕が生々しく残っています

7/12福島

国道6号線 中央台の交差点


7/12福島


親子猫を見たという双葉病院近くの農家
トラクターの下に餌を置いていますが
猫の姿は見えませんでした

DL000025.jpg

大熊町中央台の給餌ポイント
6/13にこの場所で茶トラの雌を保護しました
ここは餌がかなり減っているのでまだ数頭いると思われます
高線量で人が戻ってこれる可能性は低い場所
なんとか保護したいと思っています


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None