月曜日にセンターから引き出した5匹の子猫ですが、
健康診断の結果、茶トラ白の男の子が尿道障害でその日のうちに入院しました。
原因は、兄妹猫に陰部を吸われ続けて尿道がつぶれてしまったらしいです。
まったく閉塞しているわけではないので、即手術というわけではありませんが、
長期入院になりそうです。

そして、翌日男の子の1匹が元気がなく食餌も全く摂らないので病院に連れて行きましたら、
なんと膿胸と診断されました。
こちらもしばらく入院治療が必要となりました。

兄妹5頭のうち2頭の血液検査の結果は
エイズ・白血病ともにマイナスでした。

センターから来た子ホロ君
茶トラ白の男の子ホロくん

センターから来た子コタ君
白地におでこにホクロのある男の子コタくん

センターから来た子マキちゃん
キジトラ白の女の子マキちゃん

センターから来た子ハクちゃん
白地にオデコにホクロがふたつある女の子ハクちゃん

先に入院した子の画像はまだありませんので、後日お知らせします。
名前はトヤくんと付けました。
膿胸で入院したのはホロくんです。



この数日の間で、保護した猫のうち3匹が長期入院治療が必要な状況になってしまいました。
でも、縁あって引き受けた命です。
できるだけのことはしてあげたいと思っています。

センターから来た子の健康な3匹は、里親様募集中です。
ねこひと会では、他にも里親募集中の猫たちがたくさんいます。

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
タグ