フォスターペアレントのお願い

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

フォスターペアレントのお願い

2011年4月より、原発事故によって取り残された猫達を保護してきました。
被災地で生まれた仔猫たちも含めるとその数300頭は超えています。
多くの子を新しい飼い主さんの元へと送り出すことができましたが、
体調がおもわしくなかったり、人懐きが非常に悪かったり諸事情あり、
どうしても里子に出すことのできない子たちもたくさんいます。

今は数頭ずつ拙宅やボランティアさん宅でお世話しておりますが、
正直申しまして体力的にも金銭的にもかなりギリギリの状態です。
私を含めた猫ボラたちは、以前から地域猫のTNRや里親探しの活動をしていますが、
当時も身の丈ギリギリでの活動でした。

依頼によるTNRは不妊手術を施して元の場所に返し、
地域猫として住民の方々に見守ってもらうことを基本としています。
その際まだ幼い子や、人懐きがとても良くて
虐待被害などを考慮し、地域に戻すことがかえって危険であると判断した場合に里親探しをしてきました。
しかし、福島の被災猫に関して言えば、不妊手術をしても返せる場所がないのです。
見守ってくれる人々がその土地にはいないのです。

当初より、保護してきた子の中には
外で生まれ野良猫として生きてきて
人間の手に触れることもなかった子も多かったと思います。
保護後何ヶ月経っても、1年以上経っても
いまだに人を見ると威嚇したり、怖くてカチカチに固まって
こちらが可哀相になってしまう子もいます。

本来ならば、1頭残らずみんなに温かい家族を作ってあげたいのですが、
このような状態なので、せめて飢えずに寒さ暑さのない環境で
猫生をまっとうしてもらいたいと願うばかりです。

そこで、お願いがあります。
里子に行くことが難しい猫たちのフォスターペアレントになっていただけないでしょうか。
お宅で引き取ることは難しくても、
養親としてその子の猫生に一喜一憂していただくご家族になっていただけないでしょうか。

--------------------------------------

フォスターペアレント様へのお願い

フォスターペアレントとは猫を手元に引き取って
里親となっていただくのではなく
養い親になっていただく制度です。
3000円/月ご援助をお願いします。
ご援助いただいたお金は対象猫の食費や医療費に使わせていただきます。

対象猫1頭につきフォスターペアレント様は1名とさせていただきます。

誠に申し訳ありませんが、
保護猫たちはボランティアの個人宅にいるため
基本的に自由な面会はご遠慮願います。
日々の様子は、可能な限りブログにてご報告いたします。
また、特別様子の変わったことが起こった場合は
フォスター様にご報告いたします。

フォスター様を続けられなくなった場合でも、
わたくしが責任持って終生面倒をみますのでご安心ください。

フォスターペアレントをご希望の方は
サイドバーの問い合わせフォームより
対象猫をお知らせください。

-------------------------------------

【フォスターペアレント様募集中の猫】


【画像準備中】

2011年に福島から保護してきた子達がまだ多数おります。
5年以上が経ち、当時大人猫だった子達はやはり人馴れは難しく、
現在ボランティアの方たちに預かっていただいております。
遠方の方や、通信機器に不慣れな方もいるため、
猫たちの画像など情報の発信が遅くなっております。
ご理解いただき、温かく見守っていただければ幸いです。

--------------------------------------------☆

★フォスターさんの決まった子たち
 
c77katsura.jpg

c107fok

c191fok.jpg

c224new 
c224 猫エイズ(FIV)/猫白血病(FeLV)陽性、Wキャリアです。

c237fok.jpg

c242fok.jpg


c256f
c256 抜歯したのですが、口内炎が治りません。
難治性の口内炎でいつもよだれが出て、
定期的にステロイドを打たなくては食べられません。

c273fok.jpg

miten_fok.jpg

yukimif.jpg

c208fok.jpg

c253fok.jpg

c290fok

konohafok.jpg

anzu_fok.jpg

c276fok.jpg

rinfok.jpg

jiiji_fok.jpg
2014年12月12日 富岡町夜の森にて保護 (現在も帰還困難地域)
全くさわれず非常に強い猫で譲渡できません。
ひどい便秘症で普通のカリカリだとすぐ便秘になり
消火器サポだと大丈夫で療養食と薬を使っています(もにらっく)


youko_fok.jpg
2015年2月 大熊町野上 吉野家旅館  サビ
避妊済みだったので飼い猫ですが、洋猫のような気質があり
なかなか里親さんが決まりません。
保護主であるMさんにはなれました。
当初は譲渡予定で拙宅(マリア宅)にいましたが、
ハーシャー威嚇だけでなく、手も出てしまうほど気が荒いので
里親様募集は諦めていました。
現在はMさん宅で人馴れ修行中ですが、
遠い道のりになりそうです。

c238フォスター様決定

c288フォスター様決定

c225フォスター様決定

福島c166F決定

福島c167F決定

ホクロちゃん


◆-----------------------------◆

福島県で保護した犬猫たち


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
タグ

トラックバック 0

Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。