犬猫救済の輪の代表ゆいさんがブログで紹介してくださったおかげで、
2頭の猫さんにフォスターペアレントのお申し込みを頂きました。

c242の川房のママが東京都のS様
c273のミーちゃんが福岡県のS様

お二人の方本当にありがとうございました!
猫さん達の様子は時々お知らせしますので、宜しくお願い致します。

★c242
DSC_2002.jpg

DSC_1930.jpg

★c273
DSC_1333.jpg

DSC_0752_0001.jpg


福島の保護活動は本当に覚悟が必要になってきます。
どんなに凶暴でも、ウィルスチェックでエイズや白血病が出ても
元いた場所にリリースする事が出来ません。
東京のあるボラさんから言われた事がありました。

「そんなリスキーな事は出来ない」・・・と。

確かにその通りかも知れません。
保護したあとエイズ白血病もなく、何となく慣れそうだとホッとします。
それから家猫修行をして、家庭猫としてやっていける状態になったら里親募集をしますが、
半年位でその状態になれば良い方です。
人のいない町で育ってきたのですから、当たり前ですよね。

でも、どんなに頑張っても慣れてくれない子達がいます。
しかしその子達の一生は自分の猫として面倒みていかなければなりません。
私には責任があります。
せめてその子達が幸せを感じてくれるよう、
美味しいフードと危険のない環境の中で暮らさせてあげたいと思っています。
縁があって保護できた命です。
死んでいった子達の分まで幸せな猫生を全うしてほしいと願っています。

そしてもう1つ嬉しい事がありました。
c145のタイガ君が預かりボランティアをやって下さっているトモさんの家の子になりました。
トモさんは震災後からずっと預かりボランティアさんとして
人間に慣れない猫や夜鳴きが酷い猫など預かって下さっています。
根性と優しさを持っている方です。
タイガ君は腎臓が悪くなっていて譲渡が難しい事もあり
トモさんにお世話になる事にしました。
「たわごと」というタイトルのトモさんのブログでタイガ君の事は書いていますので是非ご覧になって下さいね!
このブログのサイドバーにリンクが貼ってあります。

タイガ君
DSC_4727.jpg

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None