先日、3年半前に里子に行った茶とら君の里親様から連絡がありました。
11月9日に亡くなったそうです。
茶とら君はダブルキャリアでした。
そのメールには、最後の闘病生活で使ったケージを使って頂きたいとありました。

正直な想いとして、茶とら君、3年半良くもちました。
過酷な環境に置かれた上、ダブルキャリアでしたから・・・。
看病して下さった里親様、本当に有難うございました。

思い起こせば3年半前、津波の被害に遭った下浦という場所で茶とら君を保護しました。
そこには20頭近くの猫達がお腹を空かせて飼い主が帰って来るのを待っていました。
その場所にいた猫たちは人なつこい子が多く、
茶とら君も気立ての良い子でしたが、保護後の検査の結果
残念な事に猫エイズと猫白血病のダブルキャリアが判明しました。
震災当時は、被災猫ということもあって成猫でも結構里親さんがついたのですが、
白血病の猫さんは長く生きられないことが多いので、敬遠されてしまいます。
そんな中、ラッキーにも里子に行く事が出来た茶とら君は幸せでした。
最後まで美味しいご飯と里親様の愛情を一杯に受けて天寿を全うしました。

DSC_5249.jpg

DSC_5247.jpg


被災地からレスキューされた猫はほんの一握りです。
多くは飢えと寒さと病気で命を落としました。
今でも人の住んでいない町で懸命に生きている命があります。
そんな子達を又、明日28日レスキューに行きます。
今回も犬猫救済の輪さんとの連携レスキューです。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ