膿胸で1日おきに膿を抜いていたキジ君
12月15日未明に永眠しました。
ご飯を食べれなくなって1カ月頑張りました。
日に日に痩せほそっていくのに亡くなる前日まで、
ヨロヨロした体でトイレに入り、のどを撫でるとゴロゴロ言ってくれました。
私がお世話してから5年経ちます。
その前はどんな暮らしをしていたか定かではありませんが、
ご飯だけは美味しい物を沢山食べさせていました。

DSC_5361.jpg

DSC_5444.jpg

DSC_5447.jpg

DSC_5454.jpg

DSC_5456.jpg


5年前は30頭いた子達が今は7頭になりました。
きちんと看取れた子もいますが、
保護できずに来なくなってしまった子もいます。
お外の子は高齢になるときついですねぇ。

都会では餌をやる人は多いけれど、
不妊手術をする人や病気の子を病院に連れて行ってくれる人はまだ少ないですねぇ。
それでも福島のご飯がない子に比べたらまだ良い方ですね。

年末年始は一時立ち入りが3週間ありません。
今年は23日が最後です。
22日福島帰還困難区域に行って参ります。
犬猫救済の輪さんと連携して国有化予定地の残された猫のレスキューに挑みます。
聞くところによると、何時も保護を試みている
双葉海水浴場の手前の給餌スポットに三毛猫が居たそうです。
もうビックリ!
何回も掛けているのに入らないので、
もう居ないのかなぁと思っていた所です。
女の子なので出産前に何としても保護したいです。

今回フードのご寄付のお願いをさせて頂きます。
ドライフードなら何でも構いません。
寒い冬を乗り切るため沢山のフードを置いてあげたいのです。
年末で出費の多い時期で恐縮ですが宜しくお願い致します!

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None