今回は、19日から23までの5日間連続のレスキューでした。
またたびさん、ねこかつさん、Oさん、桜ママさん、私、
そして犬猫救済の輪さんとつないでいきました。
お陰さまで、9頭の猫を保護することができました。
TNR動物福祉病院で初期治療をしていただいております。

今回、22日は犬猫救済の輪の結さんと一緒に回りました。
大熊の山側の給餌、そして大熊の海側で捕獲器の確認、
そして双葉の海側で捕獲器の確認。
5時間フル活動で休みなしです。

結さんの体力には頭が下がります。
やはり、犬猫救済の輪さんが3年と9ヶ月もの間餌場を守ってきてくださったからこそこうやって命をつなぐことができたのだと思います。

今回は私の知り合いのボランティアさんが二人手伝いに来てくれました。
やはり人手が必要です。
一ヶ月に1回でもお手伝いしてくださる方がいると、ありがたいです。

122201.jpg


CIMG2710.jpg
いつも待ち合わせする簡易トイレの場所です。

CIMG2746.jpg
福島はやはり寒いですね。雪が残っていました。
洗面器のお水も凍っていて猫さんたちが飲めるかどうか心配です。

122202.jpg
今回は男性のボランティアさんと私の里親さんであるDさんが参加してくれました。
二人とも初めての被災地なのにすごく動いてくれて助かりました。

CIMG2783.jpg
にゃんだーガードさんの給餌ボックスが道路の真ん中まで吹き飛ばされていました。
イノシシの仕業です。

CIMG2794.jpg
フードを狙っているカラスの大群

CIMG2795.jpg
棚の上の方に置いてあった給餌ボックスが落ちて中に入っていたフードが床に散らばっていました。
誰がやったのでしょうか?

122203.jpg
給餌をする頼もしいお二人・ご協力をいただいている住民のお宅に
給餌をする犬猫救済の輪代表の結さん。

CIMG2800.jpg
母屋ではなく物置に給餌ボックスを置かせていただいています。
給餌ボックスを置く場所は破壊されてしまうことが多いからです。

CIMG2810.jpg
CIMG2811.jpg
コメリの資材置き場。

CIMG2813.jpg
今年の春先に5頭の猫を保護した双葉の国有化予定地。
給餌は続けていますが、家があまりにも古いので今にも崩壊しそうで怖いです。

CIMG2815.jpg
双葉の国有化予定地の御宅。ここでは、春に3頭の猫を保護しました。

122204.jpg
双葉の海の近く、中間貯蔵施設建設がかなり進んでいます。

CIMG2823.jpg
捕獲器の確認に行ったら扉だけが閉まっていました。
よくあることですが、野生動物が捕獲器に乗るなどして振動で扉が閉まってしまいます。

122205.jpg
双葉の国有化予定地の捕獲器によく猫が入る場所です。

122206.jpg
帰還困難区域のゲートでは、入るにも出るにも許可書の確認と免許証の提示が必要です。

CIMG2832.jpg
大熊の国有化予定地でキジ白の若い猫を保護できました。

122207.jpg
疥癬タヌキが今回は2頭も入っていました。
ネズミも2頭入っていました。
猫も2頭でした。

CIMG2852.jpg
双葉の海

CIMG2856.jpg
よく猫が入る場所で高円寺ニャンダラーズさんから引き継いだ場所です。
ここは過去2頭の猫を保護していますが、皆去勢済みでした。
この子も念のために確認したら去勢済みでした。

CIMG2899.jpg
大熊の海岸べりに建っていた巨大な建物

CIMG2895.jpg
高円寺ニャンダラーズさんが通っていた餌場。
カメラに猫が写っていたそうです。
大熊の海岸近くなので行くのに距離があり大変です。

CIMG2901.jpg
右のペットセンターは猫がたくさんいた場所です。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None