震災から4年 福島帰還困難区域の今

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

震災から4年 福島帰還困難区域の今

震災直後は関心の高かった原発20キロ圏内の取り残されたペット達。
今ではすっかり忘れられています…。

もう生きているはずはないと思っている方ばかりだと思います。

確かに犬は震災後1年位から見かける事はなくなりましたが、
猫はまだ生きています。
捕獲噐をかければ入る子達がいるのです!

許可書が無ければ入れない町。
厳しい制約の中 給餌に行っている数少ないボランティアさん達が命を繋いでいます。
自由に入る事が出来るなら、もっと保護してあげられるのに悔しいです。

双葉や大熊の海側はもうすぐ国有化になるでしょう…。
その閉ざされてしまうエリアにも頑張って生きている子達がいるのです。
飢えと寒さに耐えながら…。

切ないです。

人が住めなくなった町で生まれた命、猫に罪はありません。
人間の過ちでそうなった町です。

先週末も大熊の帰還困難区域から2頭の若い猫達が保護されて来ました。

DSC_6436.jpg

DSC_6433.jpg


黒は男の子 キジ白は女の子です。
固まっていましたが触らせてくれました♪

DSC_6439.jpg

DSC_6440.jpg


美味しい物を沢山あげて今までの苦労を忘れさせてあげたい。
良く頑張ったね!


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

トラックバック 0

Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。