3月13日の福島レスキュー活動のご報告です。
今回も犬猫救済の輪さんの連携レスキューに参加させていただき、13、14、15の3日間のレスキューを無事終えることができました。

初日に福島入りする私は
ただひたすら、大熊、双葉の国有化予定地に捕獲器を設置して廻りました。

カラスや野生動物にいたずらされないように、場所を選びながら考えます。
前回子猫を目撃してしまったので、なんとしてでも保護したく、
見かけた場所の周りにいつも以上の捕獲器をかけました。
帰りに確認しましたけれど・・・
残念なことに入っていませんでした。

仕方がないので2台だけ確認した場所に設置して、次に希望を繋ぎました。
そして、15日の夕方、犬猫救済の輪の結さんから電話をいただいて、
目撃していた子猫が入っていたと聞きました。
大感激です!
結さん、ありがとう。

私は捕獲器を仕掛けるだけでいいので気が楽ですけど、
回収する結さんは大変だと思います。
回収忘れのないように、最終日はすごい神経をつかっているのがわかります。
毎回毎回のプレッシャーで、彼女の体が心配です。
ほんとうに福島のレスキュー活動は心身共に疲れます。


CIMG3194.jpg

長塚の給餌スポットにかけた捕獲器。
今にも倒れちゃいそうな建物で心配です。

CIMG3201.jpg

前回子猫を見た双葉の海の近く。
前回は入らなかったので、今回は捕獲器の台数を増やしました。
最後の回収日に結さんからの電話で、子猫を見かけた民家のひとつの捕獲器に
入っていたと聞きました。
黒白の子猫だと言っていました。
間違いなく2週間前に私が見かけた子猫だと思います。
入ってくれてよかったぁ〜!

CIMG3204.jpg

これは双葉の海の近くの給餌スポット。
いつもこの鳥小屋の中に捕獲器を仕掛けます。

CIMG3205.jpg

キジ

CIMG3206.jpg

双葉の海の手前の国有化予定地の給餌スポットに捕獲器をかける。
前回、アメショ風の猫が捕獲されています。

321501.jpg

大熊の夫沢、原発から1キロぐらいの民家です。
ニャンダーガードのたけっちさんが給餌に通っていた場所です。
家の中は野生動物の糞でいっぱい、家も今にも崩れそうです。

CIMG3224.jpg

夫沢から見える福島第一原発

CIMG3231.jpg
CIMG3229.jpg

夫沢

CIMG3234.jpg

福島県栽培漁業組合の大きな建物が津波でやられています。

CIMG3240.jpg
CIMG3239.jpg

大熊の海側の給餌スポットに二台仕掛けました。

304501.jpg

津波でやられたエリア

325301.jpg

栽培漁業組合のプールの中で養殖されていたひらめの骨

CIMG3261.jpg

道路の先は通行止になっていて、福島第一原発の敷地になる

CIMG3264.jpg

道路のアスファルトが割れて地面がえぐれている

326601.jpg

CIMG3274.jpg

CIMG3280.jpg

栽培漁業組合の敷地内
丸いのは水槽

CIMG3284.jpg

CIMG3285.jpg

海は真っ青でとても綺麗でした。
4年前にたくさんの人達が犠牲になったかと思うと、やりきれない気持ちです。

328801.jpg

大熊の工業団地内に運びこまれた汚染土

CIMG3291.jpg

トンパックと言われる汚染土を入れる袋、あまり丈夫そうでないので心配ですね。

CIMG3296.jpg

CIMG3295.jpg

猫がよく入る大熊の国有化予定地の給餌スポット。

CIMG3299.jpg

CIMG3300.jpg

CIMG3301.jpg

今回は双葉の山の方の給餌も頼まれたので288号線を走ります。
双葉の農村広場にたくさんあった除染土を入れた袋がなくなっていました。
どこに持って行ったのでしょうねぇ
288号線の山口商店付近には3匹の猫が目撃されています。
早く保護してあげたい!

CIMG3302.jpg

私がつけていた線量計


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None