3月20日の本会議の審議の結果についてお知らせ致します。
パブコメの多数の反対意見を無視して強行に決めてしまうなんて本当に残念です。

抗議のメールやファクスを送って下さった方々に心からお礼を申し上げます。

---------以下、新聞等より転載です----------

野良猫に餌やり「禁止」条例が成立 反対の声も 京都市

朝日新聞デジタル 3月20日(金)14時2分配信


 野良猫への不適切な餌やりを禁止する条例が20日、京都市議会本会議で可決、成立した。7月1日に施行される。条例化の背景には餌やりをめぐるトラブルが各地で相次いでいることがある。一方で、「動物愛護の流れに反する」と反対の声もある。

 条例では、野良猫など、飼い主がいない動物への不適切な給餌(きゅうじ)で、住民の生活環境に支障が生じた場合は、餌をやった人に対して勧告・命令を行い、命令違反の場合は10月1日から5万円以下の過料を科す。

 京都市には今年度、鳴き声や臭いなどの猫に関する744件の苦情が寄せられた(2月末現在)。昨年12月から今年1月まで条例案のパブリックコメントを募集したところ、約3千件の意見が寄せられ、2千件以上が「虐待にあたる」「京都のイメージダウン」などと反対だった。


朝日新聞社

---------------

産経WEST【2015.3.20】「迷惑」→「マナー」に 京都市議会が修正条例案可決 動物愛好家に配慮


 無責任に野良猫にエサを与えることなどを禁じる京都市の「動物による迷惑等の防止に関する条例案」について、市議会は20日の本会議で、条例案の名称を「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」に改称し修正可決した。また、周知期間が必要だとして、施行日を4月1日から7月1日に延期。罰則は原案通り10月1日から施行する。

 「迷惑」の言葉が動物愛好家らの誤解を招くとして、名称を変えた修正案を自民が提出。自民、民主などの賛成多数で可決した。

 自民市議は修正案の提案理由を「動物が迷惑をかけてしまうような印象を与えるため、京都動物愛護憲章に掲げている本来の趣旨の『共生』を前面に打ち出した」と説明した。


産経ニュース

-----------------

京都新聞【2015年03月19日 21時34分】「誤解受けた」条例案の名称変更 京都市の犬猫餌やり禁止


 京都市議会の予算特別委員会は19日、市が開会中の2月市会に提案している犬猫のふん尿被害などを防ぐための「動物による迷惑等の防止に関する条例案」の名称を「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」に改めることを決めた。「迷惑」の言葉がペット愛好家らの誤解を受けたとして自民党が修正案を出し、賛成多数で可決された。20日の本会議で正式に決まる。

 また、条例を市民に知らせる期間が必要として、施行日も原案の4月1日から7月1日に延期する。罰則は原案通り10月1日から施行する。

 自民は修正案の提案理由として「原案の名称は、動物が迷惑をかける印象を与えるので、条例の本来の趣旨である『共生』を前面に打ち出した」と説明。民主・都みらい、京都党の各会派と無所属の2議員が賛成した。

 公明党は「市民への説明が不足している」などとして名称、施行日とも10月1日に、罰則導入は来年1月1日に延長し、「野良猫」の定義など条文も変更する修正案を提出したが否決された。共産党は「困っている人と愛好家の相互理解を支援するのが行政の役割で、禁止や罰則はなじまない」と原案、修正案ともに反対した。


京都新聞

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None