古くから知り合いの猫ボラさんからのお話です。
ある現場で仔猫が3腹産まれてしまったと。

そこは2ヶ月ほど前にアパートの大家さんからTNRのための捕獲の相談を受けた場所でした。
「駆除」という意味ではなく、あくまでも野良猫をこれ以上増やさないための措置です。
餌やりさんは店子さんですが、そこの大家さんがご理解のある方で
今いる4匹については了承くださっているそうです。

捕獲器を貸したものの、やはりそう簡単には捕獲できず、
そうこうしている内に3匹の雌猫が子猫を産んでしまいました。
合計で10匹の仔猫という話です。

ママ猫は3匹とも捕獲し、手術を済ませましたが、
仔猫は8匹しか保護できなかったようです。
2匹の仔猫は捜索中です。
TNRを依頼されたボラさんが、友人のボラに協力要請をして、
仔猫の保護にあたりました。
そこでもいっぺんにたくさんの仔猫の養育はできないので、
私が仲介してねこひと会のゆきももこさんに4匹の仔猫を預かってもらいました。
あまり(全然?)人馴れしていない仔猫ですが、
なんとか家猫修行をして里親様を見つけてあげたいと思っています。

そして、今回手術をした子育て中のママ猫ですが
すでにお腹に4匹宿っていたことがわかりました。
つい数ヶ月前までは4匹の猫がごはんを食べに来ている―
程度だったのがあっという間に20匹前後の猫になってしまいます。
そしてまた数ヵ月後には・・・
すべての猫が育つわけではありませんが、
ものすごい勢いで猫の数が増えていくことは想像できます。

野良ちゃんが可哀相だからとごはんをあげてしまう人が多いのですが、
不妊手術を施してくれる人は少ないです。
ごはんをあげるのだったら、不妊手術をしてください!
そこまで責任を持って欲しいと思います。


◆----------------------------------◆


ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ