今回も犬猫救済の輪さんとの連携レスキューです。

いつもは捕獲器をかける役目なのですが、
今回は3週間も立ち入り許可がおりないので、
私も給餌とカメラの交換をしました。

カメラに猫が写っている場所は捕獲器をかけ、
なんとか入って欲しいと思いましたが、
結局はままならず。
次回に持ち越しになりました。

ほんとうに少なくなった猫たちなので、
あの場所で多くの野生動物に混じって生きている不憫さを考えると
なんとしてでも保護してあげたいです。



CIMG4046.jpg

許可証がなければ立ち入ることができない帰還困難区域では、
震災当時のまま道路の修理も行われていません。


f2015081401.jpg
双葉の国有化予定地にある給餌スポット。
3週間立ち入りできないので、たっぷり餌を補充しました。
その場所で見つけたイノシシ?の糞、
ここにもイノシシが来ているのだと思うとショックです。


CIMG4061.jpg

CIMG4066.jpg

いつもチェックしている双葉の海岸近くの光景。



CIMG4073.jpg

f2015081402.jpg

こちらも給餌をたっぷり行います。
ご寄付をいただいたセンサーカメラのSDカードと電池の交換もしてきました。



CIMG4086.jpg

CIMG4088.jpg

双葉の6号線からすぐの住民さんのお宅
こちらの猫さんはまだ見つかっていません。
野生動物が多いので、母屋から離して給餌ボックスを置きます。
母屋に近づけて置くと、母屋まで壊されてしまうので。



CIMG4091.jpg

CIMG4095.jpg

CIMG4097.jpg

双葉の山側の給餌スポット。
この国道288号線は、もっとも線量が高いと言われている場所です。
エントランスから納屋までかなりの距離です。
この季節、草がぼうぼうで車が入れません。
重いフードを持って2往復しました。
ご寄付いただいているセンサーカメラのカードの交換もいたしました。



CIMG4100.jpg

個人ボラさんの給餌スポットも通りかかったので、餌を置いてきました。
もうその辺、蜘蛛の巣だらけで
気をつけないと顔に蜘蛛の巣がかかってしまいます。
福島はハエもナメクジもクモもすべてがサイズが大きいので仰天です!



CIMG4107.jpg

CIMG4104.jpg

CIMG4108.jpg

CIMG4103.jpg

今回の活動では、センサーカメラに猫が写っている所だけに捕獲器を置くことにしました。
この大熊の原発直下の餌場に猫が写っていました。
白っぽいシャムミックスみたいなスレンダーな猫ちゃんでした。
シャムちゃんの写真は犬猫救済の輪さんのブログをご覧ください。

犬猫救済の輪 動物愛護活動ドキュメンタリー
2015/8/16記事
大熊町国有化予定区域 シャムミックスの猫さん、確認


とりあえず、納屋が狭いので、
納屋に2台と母屋の玄関前に1台セットしました。
次の日、犬猫救済の輪さんが回収です。
この場所の近くに、個人ボラのMさんの餌場もあると聞いていたので、
付近を探しました。
「 家かえせ!」と書いてある家だと聞いていたので、
道路の目の前の立派な竹やぶの奥を探していたら、
その家が見つかりました。
きっとシャムちゃんは、この2つの餌場を行き来しているのだと思います。

そして、なんと!?翌日入った個人ボラのMさんから
この竹やぶでシャムちゃんを目撃したと連絡がありました。
カメラに写っていた子に違いないと思い、
とにかくそちらにも捕獲器をかけることをお願いしました。
結局その日には入らず、
最後の日曜日に入るボランティアさんにも捕獲器をかけることお願いしましたが、
ダメでした。

なんとか無事に3週間、命をつないで欲しいと思いました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ