私には毎日餌やりをしている猫たちがいます。
8年前にTNRした場所です。
その時35頭いた猫さんが
今や7頭になり給餌も楽になりました。

はじめはTNRだけと思っていたのですが
不良餌やりに結局は押し付けられ、
8年も通い続ける破目になってしまったのです…。

でも給餌していたからこそ減らせたのかも知れません。
私は見知らぬ猫が餌場に現れたら即捕まえて手術します。
地味にコツコツ続ける事によって成果が表れるのです。
一回全部やってもそのあと知らんふりでは
また何処からか新顔さんが来て産んでしまって…
これを繰り返し、2年もほっといたら、
直ぐ20頭位増えてしまいます。

なので、しっかりした餌やりさんがいない所は
また増えてしまいます。

私は自分の年齢も考えて、
この場所の猫を看取ったら餌やりは卒業したいと思っていました。
それなのにとんでもない所を発見したのです。


車で帰る途中、2~3頭の猫がウロウロしていて、
気になって車を止めて降りてみると、
1頭のなつこい猫がニャアニャア餌ごいしてきたのです。
3頭いる猫にご飯をあげ耳カットがあるかどうか観察していたのですが、
全員カットなし…

近くに餌がないか調べていると、電柱の下に何やら白っぽい物が…。
その餌を見て餌やりの正体が判りました。
やっぱり『ゲロ婆さんだ!』と。

なんで『ゲロ婆さん』かというと
8年前に世田谷で猫が硫酸のような液体をかけられて殺されるという事件がありました。
詳細はブログの左側にバナーを貼っているのでご覧になって下さい。
その被害猫が多かった場所でTNRをしました。
総数100頭位手術をしましたが、
そこに置いてある餌が全てゲロ婆さんの餌でした。

初めて現場に行った時、
電柱の下に吐瀉物のような白っぽいものがありました。
その時同行した人からこの物体が餌だと聞いてビックリ

お皿にも入れてなく地面に直置きでした。
その日は暑かったので、ゴキブリや虫がたかって気持ち悪いのなんのって。
聞いた話によると餌代が大変なので
パン屋でパンを貰って牛乳に浸してふやかし、
そこに缶詰を少し入れているとか…!

そして都内50ヶ所廻っているとか…!

もうほんと餌まきマシンですよ。
そんなわけで、この地域の猫ボラ仲間では
『ゲロ婆さん』と呼ばれているわけです。

私もいろんな所でその餌見るけれど、
殆どそのまま残っています。
これじゃあ猫食べないよね~と仲間の猫ボラさんたちと言っていました。

どうして食べない餌撒くのだろうと思っていたのですが
なんと!ここの猫達はその酷い餌を食べていたのです。
地面に残りかすはあったけれど完食状態でした。
それを見てかなりショックを受けました。

そして直ぐ3頭手術しました。
リリースしに遅い時間行ったら3カ月位の子猫2匹とママ猫
そして5カ月位の子猫2匹
そして、初めて見る成猫4匹

みんなにご飯をあげたら、食べること食べること!
カルカンパウチ18袋食べましたァ~
次はたま伝のジャンボ缶持っていかないと!


TNRをすると決めたからには
まず頭数確認のため餌やりにはいかなくてはいけません。
これ以上いない事を祈ります。
でも…手術が終わったら餌やりを止めるって可愛そうですよね…

はぁ~

餌場を増やしたくない。早く卒業したい!
そう思っているのに、
とんでもない場所に遭遇してしまいました。。。

DSC_1533.jpg

DSC_1532.jpg

DSC_1528.jpg


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ