1/15福島猫レスキューのご報告その2

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

1/15福島猫レスキューのご報告その2

前回記事の続きです。

CIMG5175.jpg

CIMG5176.jpg

CIMG5178.jpg

双葉の長塚です。
ますます屋根が落ちてひどいことになってきています。
ここはセンサーカメラのカードと電池の交換をしました。

CIMG5184.jpg

帰還困難区域の中に入るゲートです。
係員に許可証を見せて中に入ります。

CIMG5185.jpg

6号線沿いにあるホームセンターコメリ。
ここでは震災直後、何匹も猫を保護しました。
うちにいるメリーちゃんも2年前にここで保護しました。

CIMG5192.jpg

CIMG5193.jpg

CIMG5194.jpg

CIMG5200.jpg

CIMG5206.jpg

双葉の こうの草です。
古い家はかなり被害を受けています。

CIMG5199.jpg

個人ボランティアさんに頼まれた場所で給餌をします。

CIMG5211.jpg

CIMG5213.jpg

CIMG5216.jpg

双葉の288号線沿いにある線量を示す旗。
赤がいちばん線量が高く、黄色がその次、グリーンとブルーになります。
放射能って不思議ですよね。
ほんの100メートルくらい走ったところの旗の色が
変わっていたりします。

CIMG5223.jpg

CIMG5227.jpg

双葉の商店街にある壊れた家屋の廃材がまとめてありました。
瓦礫が道路を塞いでしまい、車が通れなくなっている場所が何箇所もあります。
そのせいでしょうか。

CIMG5231.jpg

カメダとしか見えませんが、カメダ ヤのヤが落ちてしまっています。
震災直後の環境省の許可で入ったレスキューでは、
この周りで20頭近くの猫を保護しました。
懐きの悪い子が多く、たくさんの猫がいまだ里親さんに行けていません。
とても懐かしい場所です。

CIMG5236.jpg

CIMG5237.jpg

ここは大熊の原発直下の餌場です。
以前、ここのカメラには首輪付きの三毛猫さんやシャム風の猫さんが写っていました。
なんと、他のボランティアさんが行った時に黒白さんを目撃したそうです。
その黒白ちゃんを保護したくて捕獲器をかけました。
まだいたんですねぇ。

CIMG5240.jpg

CIMG5246.jpg

CIMG5247.jpg

大熊の海の近くの広大な土地です。
その広大な土地が除染作業されています。
いたるところに除染作業中という旗がなびいています。

CIMG5261.jpg

このようなトラックがたくさん走っていて、
圏内の中も渋滞しているときがあります。

CIMG5249.jpg

CIMG5250.jpg

黒猫さんが写っていた場所です。
なんと今回は黒猫ではなくて、サビ猫さんが入っていました。
メスだから、保護できてほんとによかったです!


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

トラックバック 0

Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。