今回も犬猫救済の輪さんとの連携のレスキュー活動です。

CIMG5276.jpg

CIMG5278.jpg


週末は天気が荒れるという予報でしたが、
私が行った金曜日は晴天に恵まれ青空が広がっていました。
気温も高く活動しているとうっすらと汗をかいてしまいます。

CIMG5290.jpg

CIMG5291.jpg

CIMG5293.jpg


双葉町の海側の国有化予定地です。
前回まで畑だったところが、除染土の置き場になっていました。

CIMG5286.jpg

双葉の住民さんのお宅です。


CIMG5295.jpg

CIMG5296.jpg

CIMG5297.jpg

双葉の国有化予定地の長塚です。
取り付けたセンサーカメラには今のところ野生動物しか写っていません。
2年前にここで5匹の猫さんを保護しました。
もうここに猫はいないのでしょうか?



双葉のこうの草、個人ボランティアMさんの餌場も回りました。
Mさんがインフルエンザにかかってしまい、
13日の給餌に行けなくなってしまったので給餌を頼まれたのです。

CIMG5298.jpg

CIMG5300.jpg

CIMG5303.jpg


2年前の6月にここで保護したあんずちゃんが、
やっと先日トライアルに行くことが決まりました。
懐かしい場所です。
もう2年も経ってしまったんですね〜
Mさんいわく、まだ数頭残っている…と。
餌付けをして他の場所に移動しないようにしています。
日当たりの良い場所に置いてあったお水ですが、氷がはっていました。
犬小屋の中にフードを8キロ入れ、
家の軒下に雨にあたらないようにカラスに、やられないように
緑のポリバケツにフードを入れました。
ここの住民さんから依頼を受けている猫はまだ保護できていません。

CIMG5311.jpg

傾いてしまっている民家。


CIMG5314.jpg

CIMG5315.jpg

双葉の288号線沿いにあるお宅。
カメラをつけて監視していますが、
行くたびにフードボックスが吹き飛ばされて無くなっています。
ブロックを2〜3個置いていますが、
こんなもんじゃ次には無いでしょう(涙)。

5317、5320、5322〜5324
CIMG5317.jpg

CIMG5320.jpg

CIMG5322.jpg

CIMG5323.jpg

CIMG5324.jpg

ここもMさんの餌場です。
国道288号線沿いにあり、線量が最も高い場所です。
震災当初、ここでたくさんの猫を保護しました。
いつもフードボックスが壊されているので、
今回は家から使わなくなったキャリーバックを持ってきました。
カラスやイノシシから守るために、
そばにあったブロックや板などを集めて補強します。

そばには川が流れています。
今となっては川の近くでないと生存していく可能性は低いと思います。

CIMG5330.jpg

CIMG5332.jpg

CIMG5333.jpg

CIMG5334.jpg

CIMG5373.jpg

ここは大熊です。
Mさんが給餌をしている場所です。
果樹園では、このところ続けて2匹の猫さんが保護されました。
カラス除けの黄色いネットがはってあります。
給餌ボックスは無事でした。
野生動物、特に大きなイノシシから給餌場を守ることができたなら、
長い時間フードももつと思います。
ボックスの中にはわずかなフードが残っていました。

CIMG5374.jpg

ここは一昨年の12月にかりねちゃんたちを保護した場所です。
作業台に挟まれた給餌ボックスは無事でした。
この中にも皆様から頂いたフードをたっぷり入れました。

CIMG5375.jpg

双葉の海の近くの国有化予定地。
センサーカメラで三毛猫さんが確認されている場所です。
蔵の中に入っていく写真が何枚もあったので、
蔵の中に捕獲器をセットしてみました。

CIMG5287.jpg

ここは双葉の海水浴場に近い餌場です。
先日ここで、カメラに写っていたキジシロくんが保護できました。
あと残っているのは三毛猫さんだけです。
三毛猫さんは頻繁に現れています。
まだおさんがフードがやられないように頑丈なボックスを作ってくれました。
でもなぜか、上にあった木の板が外されていました。
ボックスは土の中に脚を埋め込んで
イノシシが来ても動かせないようにしてあるのですが、
なぜ昨日板だけ外れていたのでしょう?

CIMG5288.jpg

近くには大きな穴を掘った形跡があります。
かなり大きな穴です。
やっぱりイノシシですねー。


CIMG5377.jpg

CIMG5378.jpg

まだおさんが作ってくれたボックスの中に捕獲器をセットします。


今回は防災無線でクマに気をつけてというアナウンスが流れていました。
イノシシだけでなくクマまで現れたらどうしようと思い、怖くなりました。

疥癬タヌキを目撃しました。
大熊のMさんの給餌場に来ていました。
毛が全然生えていなくてツルツルでした。
疥癬の薬を持っていたので缶詰に数滴垂らして置いておきました。
少しは良くなってくれるといいんですが・・・。

たくさんの野生動物から餌場を守るのが、大変です。
本来夜行性の猫ですが、夜は敵が多いので、
昼間に姿を現していることがセンサーカメラの情報でわかりました。
どうしても捕獲器をかけっぱなしにしなくてはいけないので
先に野生動物が入っているのを見て、頭の良い猫は学習してしまうのでしょうか。
今回は大きめの捕獲器もセットしましたが、ダメでした。
次回は木製の捕獲器に見えない形の捕獲器を持って行って
トライしようかと思っています。
かなり大きいので大変ですが、なんとか工夫しなければ保護することができないと思いました。


★センサーに写っていた三毛さんです

PICT0004_1-30-2016.jpg
PICT0044_1-31-2016.jpg
PICT0117_2-2-2016.jpg
PICT3356_2-4-2016.jpg


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ