福島猫レスキュー、センサーカメラのご支援のお願い

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

福島猫レスキュー、センサーカメラのご支援のお願い

福島猫レスキュー活動では犬猫救済の輪さんと連携して
私は主に国有化予定地の双葉町を担当しています。

双葉海水浴場の近くの三毛猫さんがカメラに何回も写っているのに
未だ保護出来ず。

悲しいです。

他の場所にもカメラをかけて猫の姿がないか確認しています。


行く度にカメラのSDカードと電池の交換をしてきます。
物凄いカット数なので預かりボランティアをお願いしているDさんやKさんにチェックして貰っています。

先日、もう猫はいないだろうなと思う場所に猫が写っていてビックリ!!
白っぽいシャム猫さんみたいです。
今まで一度だって写っていなかったのになぜ?

2016022503.jpg

2016022501.jpg

2016022502.jpg


福島の子は何キロも餌を探して放浪していることが判って来ました。
6キロ離れた場所のカメラに同じ猫が写っていたとも聞きました。

今回白猫さんが写っていた場所の2キロ位離れた所に個人ボランティアMさんの餌場があります。
白猫さんが写っていた事をMさんに話したら、
隣の造花店で昨年末い猫を保護したし、まだ居ると思うと言っていました。
双葉の国道6号線より山側の方は面積も広いので、
一つ一つ確認して行くのは大変な作業だと思いました。

黒猫さんが見られたのは国道6号線から海の方へ少し入った場所です。
そこは色々な猫さんが来るのは想定出来た場所なので
ビックリはしませんでした。

やはり山側のMさんの餌場で最近猫を保護できた場所3ヵ所には
カメラの設置をしたいと思いました。

センサーカメラは高額なので、何台も買うことは出来ません。
全国緊急災害時動物救援本部から多額の義援金を貰った福島の団体が協力してくれれば良いのですが、それもありません。
今、現地に通っている数名は自腹を切って通っています。
猫がまだ生きている事が判っているから、
何とかしてあげたいと思う一心で遠い福島まで通っています。

もしまだ原発被災地で、人の住めなくなった町で頑張っている猫達に
お心を寄せて下さっている方がいらっしゃったなら、
カメラのご寄付をお願いしたいと思います。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

トラックバック 0

Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。