大変な事が起きています。まだ余震が続いています。
早く収束することを願うと共に、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

万が一の事を考えて周辺の原発は止めて欲しいです。

ペットの同行避難は可能のようですね。(現実問題として可能かは別として)

2016y04m17d_092145651.jpg
熊本県動物愛護・管理推進計画

熊本県地域防災計画の中でも記載されています。
○被災した飼養動物の保護収容に関する対策
 県は、被災地に残された動物の収容及び餌の確保、特定動物の逸走防止及び捕獲等の措置が、地域住民、市町村、県獣医師会、県内の動物愛護団体等と連携して迅速に行われるよう努める。
○避難所の管理運営
 必要に応じ、市町村は、避難所における家庭動物のためのスペースの確保に努める。
○応急仮設住宅の運営管理
 必要に応じて、応急仮設住宅における家庭動物の受入れに配慮する。
○被災動物対策
 県は、各保健所において、災害によって負傷した動物(犬、猫等)の収容及び収容した動物の一 時保管に努める。

でも、ワンちゃんの場合は出来るかもしれないですがネコちゃんの場合は同行避難したくても捕まらなかったケースが多かったのではないでしょうか?
完全室内飼いをしているご家庭ばかりとは思えませんし。

ウチのように多頭飼いだったら逃げる猫を1頭づつ捕まえてキャリーに入れるなんて至難の業です。

そう考えると家に残されている猫は多いのでは…。
でも猫は餌さえあれば何とかなるので、飼い主さんは家の周辺に餌を沢山置いてあげて下さい。
猫は見知った場所を離れないので、必ず近くに隠れています。


現地に行ってあげたくとも遠すぎて不可能です。
現地の愛護団体様の後方支援をするつもりです。

一時預りなどは可能ですが、やはり飼い主さんのお気持ちを考えると近場で預かって貰った方が安心ですよね。
福島の時だって、遠くから来た愛護団体が勝手に犬猫を連れて行ったと言われました。

やはり現地で何が必要とされているかを調べてからにしようと思います。

これ以上の被害が出ない事を願います。

15日の福島活動は車が脱輪するというアクシデントがありましたが全部の給餌場所にフードを届ける事が出来ました。
ご報告は後日致します。


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None