昨夜遅く1匹の猫さんを保護しました。
いつものように餌やりを終えて帰路に着いたとき
目の前にふらふらと足元のおぼつかない猫がいました。
近寄ると耳がただれて、それはひどい有様でした。

すぐに保護して自宅へ連れ帰りました。
耳は潰瘍に進行して原型をとどめていません。

扁平上皮がんの白猫

食欲はあるようで、差し出した食餌をぺろりとたいらげました。
明るいところで見ると、オッドアイの白猫さんでした。

今朝動物病院に連れて行きましたら、やはり扁平上皮がんとのことでした。
外科手術で腫瘍部分を取り除くことになりました。
あまり深くまで進行していないことを祈ります。

去勢済みの男の子でした。

扁平上皮がんの白猫

◆-----------------------------◆

センター引上げの子猫たちの近況です。
ハクちゃん不妊手術に続き、ホロ君も去勢手術を施しました。
生後5ヶ月強。もう子猫ではないですね。

そして尿道障害のトヤ君ですが、先週末去勢手術をしました。
その際、尿道の状態を見て対処法を考えるとのことでしたが、
なんと睾丸の中まで尿が染み出ていたそうです。
尿道は排泄部分近くは押しつぶされていて、そのままでは自然排尿はできない状態でした。
死んでしまった尿管を切除して、排出部分までを短くする手術を併せて施しました。
これで自然排尿ができるようになれば一安心です。

甘えん坊のトヤ君

甘えん坊のトヤ君

トヤ君、ずっと一人で寂しいようです。
病院のケージから出たくて仕方がないようで、必死に扉を開けようとします。
早く元気になって退院できるよう願っています。

追記:ハク・トヤ里親様決定しました

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
タグ