今回も犬猫救済の輪さんとの連携レスキューです。
犬猫救済の輪さんにフードの支援をくださった方、ありがとうございます。

2015041501.jpg

楢葉町です。一面黄色い菜の花畑がありました。
国道6号線には住民さんが植えられたと思われる綺麗な花壇がありました。
綺麗なお花を見ると心が癒されますね。

CIMG5871.jpg

一時帰宅者の受付に向かう道路。


CIMG5874.jpg

桜のトンネルです。


今回は個人ボランティアのMさんに捕獲器の設置を頼まれました。

CIMG5909.jpg


この木材店の周りでは、震災直後たくさんの猫たちを保護しました。
とても懐かしい場所です。

CIMG5913.jpg

大熊町の山側のMさんが作っている餌場です。

2016041502.jpg

1年前にはやはりMさんが見かけた子を、翌日私が入って保護することができました。
この場所で彼女は3匹の猫を目撃しています。
1頭は子猫のようです。朝一番にここに2台の捕獲器を仕掛け、道路を挟んだ前の家にも1台かけました。
入ってくれるといいんですが・・・

2016041503.jpg

センサーカメラに猫が写っていた場所です。
ここにも捕獲器を2台かけます。

CIMG5946.jpg

CIMG5951.jpg

双葉町の海水浴場手前にある給餌スポットです。
給餌器を置いてある鶏小屋がいまにも崩れそうです。
中に入れていたガッチリした捕獲器も今回は少し動いていました。
やっぱりイノシシが来ているんでしょうね。

CIMG5923.jpg


三毛猫さんが写っていた場所です。
今回は蔵の横にかけてみました。


2016041504.jpg

双葉のこうの草の住宅地。

CIMG5965.jpg

双葉の猫の捜索依頼のあるお家です。
ここはカラスがものすごく多いので、なんとかカラスに見つからないように
トタン屋根の下に餌を隠します。

CIMG6042.jpg

CIMG6043.jpg

双葉の商店街の裏にある民家です。
ここが一番ひどい被害だったようです。

CIMG6044.jpg

可愛い招き猫さんがお店の中からこちらを見ていました。

2016041505.jpg

捕獲器を回収した後は給餌ボックスにフードをたくさん入れます。
野生動物にやられないように、しっかり工夫していますが、
イノシシが来たら、如何にもこうにもたまりません。

CIMG6055.jpg

CIMG6060.jpg

双葉の駅の近くにある神社です。

CIMG6059.jpg


今回行ってびっくりしました。崩れ去った塀が綺麗に直され、鳥居まで新品です。
住民さんの依頼で直されたそうです。

CIMG6068.jpg

トラクターにつけたセンサーカメラの前の方に餌を置きます。
ここは来るたびにフードボックスが飛ばされています。

CIMG6064.jpg


今回もキャリーの上にブロックを置きました。

CIMG6066.jpg


でも、次に行ったらこのボックスもブロックも遠くに飛ばされています。

CIMG6073.jpg

綺麗に咲いていた白とピンクの桜です。


今回は双葉全域の保護と給餌をしました。
最初にカメラで確認された場所に捕獲器をセットします。

そのあと、幾つかの給餌場所を回り、フードでいっぱいにしてきました。
大熊の山側の家でMさんに頼まれた場所では、次の日に子猫が入りました。

その次の週、Mさんが行ってまたかけたら、その親と思われる猫が入りました。
たぶん親子だと思われますが、Mさんはここで半長毛の猫も目撃しています。
引き続き保護を試みます。


★ご報告とお礼

今回、この場を借りてご報告いたします。
一般社団法人ペット災害対策推進協会(旧全国緊急災害時動物救援本部)から、
東日本大震災の被災動物サーチブロジェクトにおける迷子ペット保護収容数のアンケートを提出したところ、
ペットフードが買えるポイントをいただきました。

このポイントは、原発被災地から保護した子で里子に行けず残っている猫たちの為と
個人ボランティアさんMさんはじめ多くの被災猫を保護している個人と方たちとで
大切に使わせていただきます。

東日本大震災の被災動物に対して、全国緊急災害時動物救援本部にご寄付してくださった全国の皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None