私が8年お世話している地域猫の現場に突如現れたボロボロの猫さんです。

DSC_3896.jpg

DSC_3900.jpg

DSC_3905.jpg


私の餌場は幸いにも大きな道路に囲まれていて、猫の出入りが少ない場所です。
8年前は30頭以上いた猫さんは今は6頭になりました。

もちろん悲しいお別れはありましたけれど、きちんと看取れた猫さんも大勢いて、地域猫活動は終盤になって来ています。

それなのに突然現れた具合の悪い猫さんです。
何しろヨロヨロ歩いていて今にも倒れそうでした。
食欲もないので、このままでしたら何処かでのたれ死にしそうな感じです。
とにかく病院にだけは連れて行ってあげたくて、あの手この手でやっと捕獲しました。

病院に連れて行くと先生から、低体温でかなり脱水もしているし神経症状も出ていると言われました。
確かにかすかに首を振っています。
そしてなんと去勢手術済みでした。耳カットがないので飼い猫?

確かにそんなに凶暴ではないし…

でも、かなり放浪していたらしく身体は汚れていました。
何処まで回復出来るか判りませんが、暫くは入院です。

そしたら次の日、近所の知り合いの方から電話がありました。
路肩に目の開いていない子猫がいると言います。

えーっ!!

その場所は自宅から100メートル程の距離だったので、お届けの前で忙しかったのですが保護しに向かいました。

確かに路肩に一匹で倒れていて近くに母猫も兄弟もいません。
保護するしかありません…。

DSC_3933.jpg


私はミルク飲みは下手なので、いつもお願いしているOさんに頼みました。その夜、Oさんが経過をお知らせ下さったのですが、ミルクの飲みが悪いし、何よりも元気がないので心配、もしもの事があったらご免なさい、と。

ベテランのOさんがやってもダメな子はいます。

何だか立て続けに心配な子達に出会ってしまいました。
まぁ重なる時は重なるものですね~。
神様が私に何とかしろと言われているのですから受け入れるしかないですね。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None