8月17日から9月1日まで許可証がおりないので、16日に行ってまいりました。

今回の目的の一つは、餌場の補強です。
そんなにしょっちゅう来れるところではないので、野生動物から餌を守るために、いろいろ工夫してきました。

もちろん私一人ではできないので、大工仕事が得意なイッシーさんと
浪江町の給餌に回っている未来と命のK代表とそのお友達の方が協力してくださいました。

なにしろ時間制限が厳しいので、短時間に作業を進めなければなりません。
台風が近づいているせいもあり、蒸し暑く大変な一日でした。

私とK代表は、男性群が作業している間に捕獲器の設置や給餌に回り、汗だくでした。
捕獲器は当日回収したので、猫を保護することはできませんでした。
暑い時間帯に捕獲器をかけるので、なかなか入ってくれないですよね。

とりあえずいつでも餌があり猫がそこの場所に来てくれる習慣をつけなれば、捕獲は難しいと思います。
そのためにも野生動物に壊されない餌場作りは必要です。
次に行ったら壊れていないか心配ですが、とりあえずやれることはやってきました。


CIMG6502_R.jpg 

CIMG6503_R.jpg 

CIMG6505_R.jpg

お盆休みで除染のトラックは一台も走っていませんでした。
こんなにガラガラの国道6号線は初めてです。

CIMG6506_R.jpg 
前回から何回か目撃されている茶トラの猫はこのコンビニのカウンターの上にいたそうです。

CIMG6507_R.jpg 
お店の中は捕獲器の置き場もないほど物が散乱していたので、猫が座っていたというカウンターの上に置いてみました。

CIMG6508_R.jpg 
コンビニの正面入り口の道路の前にあったウンチです。
なんだか猫のウンチのような気がします。

CIMG6509_R.jpg
コンビニの正面入り口。

CIMG6510_R.jpg 
大熊の復興特区に指定された果樹園です。
以前からMさんがここに餌場を作っています。
右の台の上に乗っているのが給餌ボックスです。

CIMG6512_R.jpg 
私が行くと一頭のタヌキが逃げていきました。
フードボックスの中に餌はまだ余っていたのですが、隣の汲み取り式のトイレの上にフタをして捕獲器をおおきました。

CIMG6513_R.jpg 
大熊の保健センター近くのMさんの餌場。
四畳半くらいのヨド物置です。中にあった作業台に挟んでおいた餌箱は、来るたびにイノシシによって放り出されていました。
今回はここの餌場のイノシシ対策です。
ボランティアのイッシーさんが蒸し風呂のように暑くなっている中で、汗ダクダクの作業をしてくれました。

CIMG6514_R.jpg 
NPO法人未来と命のK代表とイッシーさん。

CIMG6515_R.jpg 
K代表のお友達の男性の方も今回お手伝いに参加してくださいました。

CIMG6517_R.jpg 
物置の外にあったウンチです。猫のウンチだと良いのですが。

81602.jpg 

作業中のイッシーさん。

CIMG6522_R.jpg
上の方にも給餌ボックスを付けることにしました。
K代表とお友達の方は、慣れた手つきで作業を進めてくださいました。

CIMG6527_R.jpg 
私は茶トラの猫を保護するのが目的でしたので、猫の目撃情報のあった場所に捕獲器を設置しに回りました。

CIMG6526_R.jpg 

CIMG6525_R.jpg 
大野駅の近くの商店街です。
ここは小さな商店街ですが、かなり地震の被害を受けています。

CIMG6528_R.jpg
前回行った時にアライグマの捕獲器が仕掛けられていましたが、今回はありませんでした。

81604.jpg 
商店街から一本入った路地にある吉野屋旅館です。
震災当初たくさんの猫を保護したとても懐かしいところです。
最近でもMさんが二匹ほどここで保護しています。

81605.jpg 
旅館の向かい側にあるお宅の餌場です。
ボックスは無事に置いてあったので、猫が来ているかどうかの確認のために
カメラを設置しました。
K代表が器用にボックスが写る位置にカメラの設置をしてくれています。

CIMG6546_R.jpg 
保健センターのヨド物置の中が完成しました。
倒れていた作業台をコーナーの壁に打ち付けて、動かないようにしました。

CIMG6549_R.jpg 
給餌箱も中に入れて、上から大きなベニヤでフタをしました。
万力で止めて出来上がりです。

CIMG6550_R.jpg 
もう一つ、天井に給餌ボックスを設置してみました。
猫の足場として、踏み台を置き、動かないように針金で固定しています。

CIMG6553_R.jpg 
上の方にカメラの設置と、入り口に扉がなかったので、重たいビニールのシートをカーテンのように垂らしました。
これはカラス対策です。

CIMG6557_R.jpg 
許可証と車のナンバーをチェックするゲートにいる係員の方。

CIMG6559_R.jpg 
双葉の海の近くの給餌スポットです。三毛猫さんがカメラに写っていた場所です。

CIMG6561_R.jpg 
海の近くの給餌スポットから300メートルほど離れたやはり三毛猫さんが写っていた場所です。

CIMG6564_R.jpg 

CIMG6565_R.jpg 
6号線から少し山側に入った給餌スポットです。
前回犬猫救済の輪さんがイノシシにやられないように上の方に棚を作って乗せた給餌ボックスです。
私が行った時、少し台から落ちそうになっていましたが、無事でした。
餌をたっぷり入れて、紐で縛っておきました。
ここはやはり踏み台がないと届かないのです。近くにあったビールケースを踏み台代りにしました。

CIMG6566_R.jpg 

CIMG6567_R.jpg 
ここはひどい有様でした。家の縁台が倒され、大きな箱も動かされていました。
カメラチェックの結果、イノシシがファミリーで来ていることはわかっているのですが・・・
縁の下の奥に、餌を入れてきましたが、きっとすぐ引っ張りだされてしまうでしょうねぇガッカリです


CIMG6570_R.jpg 

CIMG6571_R.jpg 
先ほどの双葉の海岸近くの給餌スポットの鳥小屋です。
まだおさんが作ってくれた大きな重たい給餌ボックスは動かされてしまっていたので、
今回は上の方に設置してみることにしました。
猫が飛び乗れるようにまだおさんの給餌ボックスを踏み台にしてみました。

CIMG6573_R.jpg 
次回はは9月1日まで入れません。
心配なので近くにあった物置の中にも給餌ボックスを置くことにしました。
ここは厨房器具が入れてある場所で物が散乱して、足場がないので大したことはできませんでしたが、とりあえず棚があったので、その上にボックスを落ちないように固定しました。

◆-----------------------------◆
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ