今回の福島猫レスキューも犬猫救済の輪さんとの連携です。
私は最終日に行きました。

行きの友部にあるパーキングエリアです。
パン屋が明るかったので朝食を買おうと思ったのですが、残念ながら7時からでした。

 
1-1_R.jpg 
 
20161220.jpg 

四倉のパーキングエリア

CIMG6759_R_20161223104905aa6.jpg 

四倉のパーキングエリアにある線量表示

CIMG6760_R_201612231049442cc.jpg 


 

広野にある火力発電所

CIMG6762_R.jpg 


CIMG6767_R.jpg 

常磐高速道路にある線量計

CIMG6768_R.jpg 


CIMG6793_R.jpg 



国道6号沿いにはこのように東京から何キロという表示が出ています。
双葉はまだこの先です。
一人で運転するにはかなりキツイ距離です。
これから圏内に入って双葉と大熊の餌場をグルグル回り、東京に着くまでには700kmは走っていると思います。

CIMG6812_R.jpg 


ここは双葉の海側にある餌場です。
前回初めて黒白の猫さんがカメラに写っていました。
何とか保護を試みるために捕獲器を設置しましたがだめでした。
夜はアライグマや猪が来ていますが、今のところ壊されずに保っております。

CIMG6818_R.jpg 

CIMG6819_R.jpg 

CIMG6820_R.jpg 

2-1_R.jpg 

2-2_R.jpg 


大熊の山側に入る検問所です。1台1台許可書をチェックして入れております。

CIMG6822_R.jpg 


地震で傾いた家

CIMG6840_R.jpg 



前回三毛猫さんが映っていた大熊の山側にあるお宅です。
シャッターの中のトラクターの上が餌場になっていますが、今回はシャッターの中に1台とシャッターの外側に形状の違ったぶら下げ式の捕獲器を置いてみました。

時間がないので2時間後に回収でしたが、残念ながら三毛猫さんは入っていませんでした。

2-3_R.jpg 


前回壊れていた宇宙基地をまだおさんが直してくれて無事にありました。
中にはフードをたっぷり入れました。

CIMG6843_R.jpg 


地震で崩れた材木店

CIMG6863_R.jpg 


飛び出した土管

CIMG6866_R.jpg 

CIMG6867_R.jpg 


これは大熊の山側にある給餌場です。
ここにも住民さんの協力を得て宇宙基地を設置しています。
黒白の猫が目撃されたりカメラに何回も写っていたりしますが、未だに保護できておりません。 
今回も捕獲器をかけました。

CIMG6869_R.jpg 


大熊の海側にある林が切り開かれて空き地ができています。ここに除染した土を置くのでしょう。

CIMG6903_R.jpg 

CIMG6905_R.jpg 


1-3_R.jpg 


大熊の海側にある給餌スポットです。
かなり前にまだおさんが人間の力では到底動かせない給餌ボックスを作って下さったのですが、猪が来てバラバラにされていました。

1-4_R.jpg 


大熊にある給餌スポットです。
ここでは石の窯の上にフードを置くようにしています。
さすがに石の窯は猪にはやられていませんでした。

1-5_R.jpg 


原発から2キロくらいにある給餌スポットです。
上の方にまだおさんが作って下さった給餌ボックスがあります。
何とか落とされずに保っています。
ボックスの中が空っぽでしたので、フードを満杯に入れてきました。

CIMG6909_R.jpg 

CIMG6910_R.jpg 

CIMG6912_R.jpg 

CIMG6911_R.jpg 


大熊の海の方へ向かう道です。
たくさんのトラックが行き交い、砂埃が舞っています。
広大な土地を整地して除染土の置き場を作っているのです。
時間がなくて急いでいるのにトラックに邪魔されてイライラしてしまいます。

CIMG6921_R.jpg 

CIMG6922_R.jpg 

CIMG6925_R.jpg 

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ