今回も犬猫救済の輪さんとの連携レスキューでした。

立ち入り許可証が下りないので、ひと月ぶりです。
餌がもっているのか心配でした。

連携初日の私が、猫がカメラに写っていた場所に捕獲器をかける役目でした。
とにかく圏内は時間がないので、効率よく回らなければなりません。
頻繁にカメラに写っていた白黒猫さんを何としてでも捕まえたかったので、
朝一番に捕獲器をセットしました。

朝一番と言っても双葉町のこの現場に着くまで
受付を出てから40分くらいかかります。
ここに捕獲器3台をセットして、大熊の山側にある餌場を回り捕獲器をセットしてきました。

帰りには再び受付に戻って許可証を返さなければなりません。
時間を逆算してギリギリまで粘りました。

翌日、犬猫救済の輪のボランティアさんが入って回収してくれることになっていましたが、
猫が入っていたら一晩寒い夜を過ごさなければならないのが
かわいそうだと思い、見に行きました。

案の定、給餌ボックス横の捕獲器に入ってくれました。
嬉しくて、写真をバシャバシャとっていたら、シャーシャー言って怒られました。
きっとこんなに近くで人間の顔を見たのは初めてだったのかもしれません。
これからもっと寒くなるでしょうから、なんとか連れ出せてよかったと思います。

CIMG6933_R.jpg 

国道6号線は未だにバイクや自転車の通行はできません。

CIMG6935_R.jpg 

常磐道広野の出口です。車が列を作っているのは、ETCカードを持っていない人たち、
被災者さんたちは未だに常磐道は無料です。


CIMG6944_R.jpg 

受付に入る手前のスクリーニング場です。
いつもここから入り、許可証をもらいます。


CIMG6959_R.jpg 

国道6号線沿いの小さな路地にもこのようなバリケードが張り巡らされ
入ることはできません。
入ることができるのは有人の検問所からです。
許可証を見せて入ります。

CIMG6965_R.jpg 

古い瓦の屋根の家はほとんど潰れています。


CIMG6967_R.jpg 
CIMG6968_R.jpg 

11月から黒白猫がカメラに写っていた場所です。
最後に入ったのは去年の12月20日、一ヶ月立ち入りができないために
たっぷりフードを入れてきました。

わずかですがドライフードが残っていました。
カメラを確認するとほとんど毎日来ている様子が伺えます。
なんとしてでも保護したいです。

CIMG6969_R.jpg 
餌台の近くにも捕獲器を1台かけました。

CIMG6970_R.jpg 

CIMG6971_R.jpg 

給餌ボックスの横に置いてあるダミーの捕獲器を下ろして
ごちそうをたっぷり入れた捕獲器を置きました。

CIMG6973_R.jpg 

もう一つ別の場所にも置きました。
これは前日、犬猫救済の輪の結さんが届けてくれたものです。
衣装ケースの中に捕獲器を入れて、用心深い猫も入ってくれるように
工夫して作ってくれたそうです。

CIMG6981_R.jpg 

ここは大熊の先日黒猫を保護した場所です。
黒猫以外にも双葉の海水浴場近くの餌場から流れてきたミケも写っています。
ふだん給餌はこの車の上に置いてあります。
イノシシ来てもさすがに車を動かせませんので・・・。

CIMG6985_R.jpg 

ここにも結さんが作ってくださった捕獲器をセットしました。

CIMG6988_R.jpg 

もう一つの捕獲器はいつも餌を置いておく車の天井です。

CIMG6989_R.jpg 

捕獲器をセットしてカメラのSDカードを交換して、シャッターを閉めました。
なるべくイノシシが入ってこれないように、ギリギリのところまで下ろしました。

CIMG6995_R.jpg 

ここはMさんの餌場です。
かなり念入りに作っているので給餌ボックスは動かされていません
ここにも捕獲器をセットしました。

CIMG7003_R.jpg 

CIMG7005_R.jpg 

大熊町役場の近くの梨園です。綺麗に除染されてしまって
遠くにあるヨームベニマルが丸見えです。
ヨークベニマルの付近でも猫が目撃されているので、
梨園の餌場に来ているのかもしれません。
ちなみにヨークベニマルのもう少し先には犬猫救済の輪さんの給餌スポットがあります。
おおよそ1キロぐらいした離れていないので、福島の猫にとっては大した距離ではありません。

CIMG7013_R.jpg 
 
大変なことが起きていました。今まで保たれていた餌台が壊されています。
もちろんやったのはイノシシです。
仕方がないので、黄色い扉の物置の中に捕獲器を仕掛けました。

CIMG7016_R.jpg 

CIMG7017_R.jpg 

いつもお水を取り替えてくるのですが、すべての容器のお水は凍っていました。
氷をとってみると、なんと1センチ以上の厚みがあり、これではお水が飲めないなぁとかわいそうになりました。
今度行く時はカップ麺のカップを持って行きます。
発泡スチロールの器はお水が凍りません。

CIMG7033_R.jpg 

CIMG7034_R.jpg 

大野駅に通じる商店街です。ゴーストタウンです。

CIMG7052_R.jpg 

CIMG7053_R.jpg 

この地域は古い家が多くて、崩れ方が激しいです。全く手がつけられていません。

CIMG7060_R.jpg 

福島県原子力センターです。お昼頃からみぞれになってきました。

CIMG7064_R.jpg 

この場所のカメラにも例のミケ猫さんが写っています。
1台は給餌ボックス横の庇の下に仕掛けました。午後が雨予報でしたので、
濡れないように近くにあった板を立てかけました。


CIMG7066_R.jpg 

CIMG7071_R.jpg 

ここの餌場も守られています。左と右の棚の上に給餌ボックスがあります。
左の給餌ボックスを下ろして代わりに捕獲器を仕掛けました。

2017012002.jpg  

CIMG7079_R.jpg 

朝一番でかけた捕獲器に例の黒白猫が入ってくれていました。
毎日来ていたので、絶対に入ると思い時間ギリギリまで粘って見にいきました。

もう大感激です!
時間に追われていたので急いで布に包みました。
シャーシャー怒っていましたけれど。

CIMG7090_R.jpg 

CIMG7099_R.jpg 

高速が空いていたのでなんとか獣医さんに入れることができました
思っていたとおり、男の子でした。やっぱりこの子も若そうな強そうな子です。
去勢手術や血液検査などの初期医療をお願いして、なるべく長く預かってもらえるようにお願いして
帰路につきました。
◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ