久が原はかなり昔からTNRしてきた所です。
そのお陰で地元のお知り合いも出来ました。

その方からの通報でまだ小さいグレーの猫さんがいて耳カットはないし、
お尻を触ったら♀だったというのです。
その近辺はクロシロ猫さんが多い場所でグレーの猫さんなんか見たこともないし…。

でも♀と聞いたら急がなくてはいけません。
今は発情期のまっただ中で、このままにしていたら春に出産してしまいます。
とりあえず餌付けをしてもらい時間に合わせて行ってみました。

なつこいはずのグレーちゃんは意外にも手強くて捕獲するまで2時間かかってしまいましたが、何とかゲット出来ました~。

DSC_8257.jpg 

それから次の日は何時もお世話になっている獣医さんからの依頼で家にご飯を食べに来る猫さんが上手く捕獲出来ずに子猫を生んでしまい、その子猫を8頭も飼っている方がいるので、何とか手伝ってあげて欲しいとの事でした。

そのお宅に行くと、残っていた子猫が寝箱の近くにいました。
本当は母猫から捕まえたかったのですが、呼んでも出て来ません。
手術するには少し小さい生後4ヶ月ですが、その子猫も保護するというので捕獲器を仕掛けました。

案の定 食い気盛りの子猫は直ぐに入ってくれました。

それからウロウロ母猫を探すこと1時間、やっとその家の横から出て来ました。
子猫と瓜二つのマユゲがあります。

DSC_8261.jpg 

DSC_8272.jpg 

捕獲器をしかけ遠くから見ていると、置いてある餌をくわえて何処かへ持っていって食べる癖のある猫さんでした。
そういう事する子はいるのですが、捕獲器の真ん中に置いてある誘き餌をくわえて出る時に頭を捕獲器の入口にぶつけるので捕獲器の扉が閉まってしまうのです。

その日 3回も同じ事になったので、間口の大きい捕獲器でないとダメそうです。
野生動物用の捕獲器があったのを思いだし、それで慣らす事にしました。

扉が落ちないようにヒモで縛って最初は入口に餌を置き少しずつ餌を奥の方にづらして行く方々です。
その方法で暫くやってもらい再度挑戦です。

母猫は姿をくらましてしまったので帰ろうとしていたら父親の♂が来ました。
去勢はしていないというので、それを捕まえる事に。

やっぱり♂ですね~!
直ぐ入りました!

DSC_8275.jpg 

 
用心深い♀はなかなか入らないので諦めてしまう方がいますが、♀を残しておくと問題解決になりません。次々に生まれて来る子猫を全て飼える訳ではないからです。
ですから生まれる前に何としてでも阻止しなければいけません。

DSC_8266.jpg

餌やりさん達にお願いします。

今頑張って捕獲してください[?]
そうすれば春に子猫の姿を見て慌てることがありません。
今なら親猫1頭で済むのに子猫が生まれるとその数だけ不妊手術をしなくてはいけないので労力もお金も何倍もかかります。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None