DSC_0378_2017041708365480b.jpg 

DSC_0376.jpg 

昔からTNRを依頼されているお宅です。

困った事に、いつも沢山のご馳走を置いてあるので、どんどん他から流れてきます。
昨年も2腹生まれて全頭手術しました。

その時耳カットなしの三毛を見かけたので、この子も手術しないと大変な事になりますよ、と伝えました。
「何時に頃に来るの?」と聞いても判らないという事なので、猫の動きそうな夕方捕まえに行きました。

三毛猫を探していると近くの会社の駐車場で子猫4頭におっぱいを飲ませていました。
ビックリしました。子猫がいたなんて…。

そこそこ大きい子猫だったので親を先に捕まえました。
子猫は三毛とサビと黒と白黒です。

三毛とサビは確認するまでもなく雌です。
全部捕獲したかったのですが、捕獲器は残り2台しか車に積んでいなかったので、
まずは三毛とサビを捕まえようと仕掛けたら・・・サビと黒が入ってしまいました。

仕方がないのでお目当ての三毛と黒白を捕まえようと思い、その晩行ったのですが姿が見えません。
そこそこ大きいし餌場も近くにあるので、大きくなったら手術だけにしようと思い、
餌やりさんに「小さい猫がご飯を食べに来たら教えてね」と頼んでおいたのですが…。

ここまでがそれまでの経緯です。

DSC_0369.jpg 

もっと早く捕獲に行けばよかった…。

今回の子猫が生まれた件だって、動物病院でお会いした時偶然聞いたのです。
餌やりさんは増えても困らないのです。

なぜなら地主さんなので周りの土地も自分の土地だし餌代が増えてもお金持ちなので困りません。
なので危機感が薄いのです。

苦情が来ると手術をして欲しいと頼まれます。
優しい方で、沢山の野良ちゃんのお世話をしていますが、TNRに関しては熱心ではないので困っています。

私なんか餌場に見知らぬ耳カットなしが来たら直ぐ捕まえて手術してしまいます。
今回の乳飲み子は隠している場所が判っていたので、三毛の若ママを捕獲して直ぐ保護出来ました。

赤ちゃんの黒の片目から膿が出ていたので、獣医さんで目の治療、ママ猫にはフロントラインをしてもらいました。

DSC_0386.jpg 

DSC_0396.jpg 

DSC_0389.jpg 

DSC_0392.jpg 

体重130グラムです。
ママ猫に授乳をして貰うことにしましたので、家に連れて帰りケージの周りを布で覆い美味しいご飯を入れて落ち着かせています。
幸い育児放棄はしていません。

DSC_0433.jpg 

DSC_0405.jpg 

やれやれですが、もう1頭の黒白も近所の人の話ではお腹が大きいということです。
雌だったんですね…早く捕まえて手術しなければ…!

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None