今年は何だかこのパターンが多いようです。
DSC_0472.jpg 

DSC_0475.jpg 

先日の三毛と黒白の餌やりさんのご親戚の家の庭で野良猫さんが赤ちゃんを産んだようです。
その親戚の家では野良さんに餌付をしていたわけではなく、気がついたらお庭の植え込みの所で子育てしていたようです。

DSC_0470.jpg 

どうして良いか解らず相談してきました。

猫は飼った事がないがこれもご縁なので1匹は引き取ると言っています。
でもまだミルク飲みなので離乳して自力で食べれて排泄出来るようになるまでお預かりする事にしました。

折角  親がいるので前回同様にママ猫に育てて貰うことにしました。
獣医さんで子猫の体重を計ったら180グラムありました。
今回の中で一番大きいので少しは安心しました。

DSC_0479.jpg 

あとはママ猫が育児拒否をせず、生後1ヶ月まで育ててくれたらかなり楽になりますよね。
ケージの周りをシーツで覆って隙間から覗いてみると、お腹に抱えてくれていました。
子猫も泣かないのできっとオッパイをあげていると思いますので、ママ猫に沢山食べて貰うよう一日3食あげています。

DSC_0481.jpg 

今の季節はかなりの子猫が生まれていると思います。
通常は子猫の大きさをチェックして自力で食べられるようでしたらママ猫を捕まえて手術をして、
直ぐ子猫の元に帰します。
子猫が生後5~6ヶ月位になったら又子猫の不妊手術をするという事をしていますが、今の子猫はまだ小さいので無理ですね。

ですから子猫が生まれる前に避妊手術をしないと面倒な事になります。
あと2ヶ月位したら譲渡会でも子猫で溢れかえっているでしょう。

都会では専業主婦は少ないので小さい子猫は結構苦戦します。
でも頑張らなければね~。

毎年の事ですが子猫のシーズン到来です。
私達ボラには嫌な季節になりました。

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None