子猫祭りだった初夏から里親様が決まり、ようやくあと2頭になったのにまた子猫です。
それも6頭…ボラ友から頼まれました。

TNRの現場に13頭の子猫が生まれていました。それも状態の悪い子ばかりです。
ガリガリだし目はグシャグシャだし…保護しなくては死んでしまうと思ったそうです。

DSC_1928.jpg 

DSC_1947.jpg 

DSC_1941.jpg 

DSC_1952.jpg 

DSC_1953.jpg 

300グラムから400グラムで小さいので預かりボランティアのOさんとDさんに3頭づつ見て貰っています。
朝晩の投薬と日に4回の目薬。 頭数が多いと大変です。

一番酷いキジの子は全盲になるかも?と獣医さんに言われてしまいました…。
角膜が破れているとの事です。

もう1頭も片目はダメみたいです。可哀想に、もう少し早く保護出来たら良かったのに…。

本当にTNRは大事ですね。
餌やりの老人は子猫が生まれるたびに棄てに行ったそうです。
今回はうっかりしていたら子猫が大きくなってしまったのでセンターに処分の為に連れていってくれと言ったそうです。あきれ返ります。
無責任な餌やりの典型ですね。

猫を不幸にしているのは、中途半端な猫好きですね。
皆さんも餌をやっているなら手術は絶対にしてくださいね[?]

◆-----------------------------◆
★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ