動物虐待事件の判決について考える

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

動物虐待事件の判決について考える

皆様もご存じでしょうけれど、最近  猫の虐待事件が立て続けに起きています。それも想像を絶する虐殺で記事を読んでいて具合が悪くなってしまいます。

子猫虐殺動画事件の北川直人の判決が出たそうです。起訴はされても略式起訴で罰金20万だそうです。これは私が告発した長野の事件「捕獲器で捕まえた猫を捕獲器ごと川に沈めて殺した」のと同じ判決です。

これってスピード違反と変わらない罪じゃないですか!!痛みも恐怖も感じる愛護動物を苦しめて殺す事ができる人間をそんなに軽い罪で放免していいのでしょうか…こんな恐ろしい事をできる人間は人に対しても同じ事ができます。

次は埼玉の税理士の判決が出ると思います。まだネット署名ができますのでご協力下さい!「心はいつも一緒  福島のあの子達と共に」のディアママさんが拡散しているのでご覧下さい!


doubutugyakutai.jpg 

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★
★里親募集中の猫たち
★ご支援のお願い★
福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

トラックバック 0

Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。