白血病キャリアで悪性リンパ種に蝕まれていたタケル君が7月26日に永遠の眠りにつきました…。

先日からタケル君の様子をアップさせて頂いて、抗がん剤の投与も決め治療に専念させて頂きましたが、こんなに早く逝ってしまい残念です。

預かりボラさんが明け方  今までに聞いたことのない声で鳴いているタケル君をお風呂場のタイルの上で発見しました。お部屋のタオルの上に寝かせたら又 聞いたことのない声で2度鳴いて事切れたそうです…。

突然の連絡にビックリしました。具合が悪くなって2ヶ月のあいだ預かりボラのTさんは何回も病院に行って下さりその度に持ち直したタケル君でしたが、やっぱりダメでした。

何時かは来ることと覚悟はしていましたが突然の死亡でした。

昨年の8月16日に期間困難区域の双葉町で保護できたタケル君。ウィルスチェックで外注の検査に2回も出し白血病陰性だったので僅かながら期待もしてしまいました。でも悪性リンパ種を発病するって典型的な白血病キャリア猫の辿る道ですから仕方がないのかもしれません。

保護してから1年弱と短い猫生でしたが、預かりボラのTさん宅で思いきり甘えさせて貰った充実した1年だったと思っています。

mariatakeru02.jpg 

Tさんが前の猫さんの時に使った霊園で、Dさんと私とでお見送りしました。最後の姿のタケル君は腰骨が解る程痩せてしまっていましたが、見事な尻尾はそのままでした。

今回初めて尻尾の骨の底がお星さまの形をしている事を霊園の方から教わって写真を撮りました。骨の数も13本と多く流石タケル君です。

mariatakeru01.jpg 

尻尾の骨と歯や爪を分骨しました。TさんとDさんにはお世話になり感謝です。タケル君を応援して下さった皆様にも感謝申し上げます[?]

タケル君が天国で健やかであるよう  お祈り下さいませ!悲しいけれど私の役目は又ひとつ終わりました…

mariatakeru03.jpg 


関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ