8月にセンターから引き出してきた兄妹猫のうちの一匹、
トヤ君が里親様決まりました。

トヤ君は引き出してきてすぐに尿道障害が発覚してそのまま入院。
途中数日間は退院して拙宅にいましたが、
すぐに再入院となり、現在も病院暮らしです。

保護したときは生後4ヶ月くらい。
5匹の兄妹猫が飼い主によりセンターに持ち込まれました。
家に連れ帰ってすぐに、トヤ君のオシッコの出が悪いことに気がつき、
病院に連れて行ったところ、尿道がぺしゃんこに潰れていました。
原因は外傷です。
他の兄妹猫の誰かが、トヤ君のおチンチンを吸い続けていたのです。

先天性の病気ではないので、外科手術をすれば今後問題はありません。
去勢手術の際に潰れた尿管も切除しました。
その後の経過から、これからの生活にはなんら支障は無いそうです。
女の子と同じ・・・という感じです。

トヤ君と兄妹のコタ君は、センターに居るときから発症していたのでしょう。
保護してすぐに膿胸で亡くなりました。
他の兄妹のハクちゃん、マキちゃん、ホロ君は新しいおうちが見つかり、
今は幸せに暮らしています。

そしてトヤ君は、動物病院の先生のご紹介で里親様が決まりました。
とても愛情深く、信頼できるとお墨付きの方です。
一度は人間に裏切られた命です。
これからは安心して猫生を謳歌してもらいたいと思います。

トヤ君

トヤ君

トヤ君

◆-----------------------------◆

ねこひと会「里親募集中の猫たち」


私達の活動は、皆様の応援・ご支援によって支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ご寄付・支援物資のお願い

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
タグ