動物愛護のカテゴリ記事一覧

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

カテゴリ:動物愛護

  • 2016/04/20動物愛護

    現在、熊本県健康福祉部健康危機管理課は被災ペットの救援物資の受け入れを停止しているそうです。未だ余震が続く中、宅配業者が熊本県内の配送の受付を中止している状態で、お願い出来る状況になったらお願いします。と書かれていました。確かにその通りだと思いますが、飼い主さんが連れてこれなかった犬猫はかなりの数になると想像できます。特に猫は怯えて家の近くに身を隠していると思います。家が崩壊して中に入れない子もい...

    記事を読む

  • 2016/04/18動物愛護

    NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN」さんのブログにて熊本地震の被災動物支援に関してアップされています。4/18追記分を転載します救援物資の送付先はこちら★熊本県動物管理センター(災害支援)〒 861-8031熊本県熊本市東区戸島町2591096-380-3310★動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本 (*迷子犬の預かりも可!)住所:熊本県菊池郡菊陽町原水2861-1のDOG RUN CAFE ひなたぼっこ 内(メールにて物資送付可...

    記事を読む

  • 2016/04/18動物愛護

    いまだ余震が続き避難所生活を余儀なくされている方達はお疲れ様が出てきている頃だと思います。早く地震が収まり御自宅に帰る事ができますようお祈り致します。私の友人のお母様は湯布院で暮らしていて被災されました。部屋の中は硝子が飛び散ってとても生活できる状態でないので避難所にいるそうです。地震が収まっても後片付けが大変ですね…。ペットを連れて避難されているがケージやフードが全くない状態らしいです。「北九州...

    記事を読む

  • 2016/04/17動物愛護

    大変な事が起きています。まだ余震が続いています。早く収束することを願うと共に、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。万が一の事を考えて周辺の原発は止めて欲しいです。ペットの同行避難は可能のようですね。(現実問題として可能かは別として)熊本県動物愛護・管理推進計画熊本県地域防災計画の中でも記載されています。 ○被災した飼養動物の保護収容に関する対策 県は、被災地に残された動物の収容及び餌の確保、特定...

    記事を読む

  • 2016/04/13動物愛護

    先日nekonokoさんの譲渡会でフォード君とロック君のトライアルが決定しました♪初参加の2頭の態度は怒っていたり固まっていたりで悪かったのですが素敵なご縁を頂きました。チー子は相変わらす敷物の下に顔を隠していてご縁を掴めませんでした(泣)チー子ちゃん、もう20回位譲渡会に参加しているのにいつも敷物の下です。チー子ちゃんは猫に慣れている方でオスの先住猫さんがいる所に行かせたいのでストライクゾーンが狭いです。で...

    記事を読む

  • 2016/03/26動物愛護

    動物愛護先進都市であり地域猫発祥の地として有名な横浜市で、ノラ猫の不妊手術の助成金をめぐり思わぬ事態が起きています。いつも福島猫レスキューでご一緒している犬猫救済の輪の結さんからの拡散希望記事を掲載しますので、皆様どうぞよろしくお願いします。▼▼▼▼ここから▼▼▼▼▼☆動物愛護先進都市ヨコハマで思いがけない反対勢力殺処分ゼロを目指す横浜市動物愛護センター VS 儲けたい市獣医師会横浜市で20年以上の間に35...

    記事を読む

  • 2016/01/02動物愛護

    今 犬猫救済の輪さんがHPや活動ブログで追求している件です。私は昨年の秋に懇意にしている団体の代表から救済本部が残っている被災犬猫に対して犬1頭11万円、猫1頭7万円のフードが買えるポイントを出していると聞きました。「もちろんマリアさんの所にもポイントが来ているでしょう?」と言われビックリしました。「えーっ!来てないけれど何それって?」救援本部に問い合わせると、担当の方が「もうドーンと出してしまって残り...

    記事を読む

  • 2015/09/24動物愛護

    先日の台風18号で水害に見舞われた常総市へ行ってきました。今回のレスキューは、キャピンの代表鶴田さんから連絡があり、お外で暮らしている猫さんたちの状況把握と、常総シェルターを見て欲しいということで、犬猫救済の輪のユイさんと合流して被災地へ敬老の日に行ってきました。キャピンさんは茨城県を中心に活動する動物愛護団体です。被災地では、浸水している家はボランティアさんたちがお手伝いして後片付け等をしていま...

    記事を読む

  • 2015/05/10動物愛護

    先日、ボランティアのDさんが手を咬まれながら、一生懸命ケージに入れ保護して来た黒猫のくーちゃん無事退院となりました。顔から首にかけて皮膚が剥がれていたので、あまりの痛々しさで、通りすがりに見つけた原宿の譲渡会のお手伝い来て下さっている方がDさんに相談されたのです。そして私にと話が繋がり、皆の助けてあげたいという願いがひとつになり1頭の野良さんが救われました。でもDさんから黒猫捕まえましたと連絡が来た時...

    記事を読む

  • 2015/04/01動物愛護

    京都市条例の際には、パブコメ、ご意見送付、拡散のご協力本当にありがとうございました。さて、現在犬猫救済の輪さんが札幌市の動物愛護に纏わる案件について拡散、パブコメのお願いを書いていらっしゃいます。このブログをご覧になっている皆様にも是非ご協力をお願いします。以下、犬猫救済の輪さんブログより転載です。▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽札幌市パブリックコメント募集中(4月8日締め切り)野良猫たちのために、命をつなぐ給餌...

    記事を読む

熊本地震 被災動物への支援物資について

現在、熊本県健康福祉部健康危機管理課は被災ペットの救援物資の受け入れを停止しているそうです。

未だ余震が続く中、宅配業者が熊本県内の配送の受付を中止している状態で、お願い出来る状況になったらお願いします。

と書かれていました。確かにその通りだと思いますが、飼い主さんが連れてこれなかった犬猫はかなりの数になると想像できます。
特に猫は怯えて家の近くに身を隠していると思います。家が崩壊して中に入れない子もいるでしょう。

飼い主さんも餌をやりに行きたくてもフードがなければそれもできないでしょう。
避難所にペットフードの配給をしてあげなければ、連れて来れなかった猫達は死んでしまいます。

もうすぐ1週間になります。限界です。
フードだけでも置いてあげないと福島の二の舞です。
そのくらいの事想像すれば判ることです。

やっぱり行政のやる事は遅いです。
行政にやって貰うことを待っていたらみんな死んでしまいます。
ここはやはり民間の愛護団体様にお願いするしかないようです。

地元の団体様は被災されて大変だろうと推測されます。
何団体か愛護団体様が遠くから入って来て下さっているみたいですが、私は福島の仲間であるCDCA(一般社団法人 民間災害時動物救済本部)様を応援します。

やっと物資の受け入れ先を確保したようです。
詳しくはCDCA様のブログを見て下さい。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらから詳細がご覧いただけます


犬猫救済の輪さんのブログはこちら↓
☆熊本県地震災害 CDCA動物救済本部様より 避難所での人と動物の問題 課題


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

熊本地震 被災動物支援についての情報

NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN」さんのブログにて
熊本地震の被災動物支援に関してアップされています。

4/18追記分を転載します


救援物資の送付先はこちら

★熊本県動物管理センター(災害支援)
〒 861-8031
熊本県熊本市東区戸島町2591
096-380-3310


★動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本 (*迷子犬の預かりも可!)
住所:熊本県菊池郡菊陽町原水2861-1のDOG RUN CAFE ひなたぼっこ 内

(メールにて物資送付可の確認がとれました!応援をお願いします。)


★『がんばれ動物クラブ』(西川様)
〒861-5281 熊本市松尾町近津1126
TEL 096-329-1966096-329-1966 FREE

(熊本県庁によれば、西川様が県とタイアップされ窓口となられます。応援をお願いします。)


それまでの経緯及び情報はcapinさんのブログでご覧ください。

CAPIN(キャピン)公式活動報告(4/18熊本地震 被災動物支援)

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

【拡散】]熊本地震 被災動物へ物資のご支援をお願い致します!

いまだ余震が続き避難所生活を余儀なくされている方達はお疲れ様が出てきている頃だと思います。
早く地震が収まり御自宅に帰る事ができますようお祈り致します。

私の友人のお母様は湯布院で暮らしていて被災されました。
部屋の中は硝子が飛び散ってとても生活できる状態でないので避難所にいるそうです。
地震が収まっても後片付けが大変ですね…。

ペットを連れて避難されているがケージやフードが全くない状態らしいです。

「北九州市動物愛護推進協議会」様が熊本県健康危機管理課動物災害物資支援担当の方へ皆様からの物資を届けて下さるそうです。
是非ご協力をお願い致します。

2016y04m18d_081137072.jpg  ←クリックで拡大します

【公式】北九州市動物愛護推進協議会のブログ


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞申しあげます

大変な事が起きています。まだ余震が続いています。
早く収束することを願うと共に、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

万が一の事を考えて周辺の原発は止めて欲しいです。

ペットの同行避難は可能のようですね。(現実問題として可能かは別として)

2016y04m17d_092145651.jpg
熊本県動物愛護・管理推進計画

熊本県地域防災計画の中でも記載されています。
○被災した飼養動物の保護収容に関する対策
 県は、被災地に残された動物の収容及び餌の確保、特定動物の逸走防止及び捕獲等の措置が、地域住民、市町村、県獣医師会、県内の動物愛護団体等と連携して迅速に行われるよう努める。
○避難所の管理運営
 必要に応じ、市町村は、避難所における家庭動物のためのスペースの確保に努める。
○応急仮設住宅の運営管理
 必要に応じて、応急仮設住宅における家庭動物の受入れに配慮する。
○被災動物対策
 県は、各保健所において、災害によって負傷した動物(犬、猫等)の収容及び収容した動物の一 時保管に努める。

でも、ワンちゃんの場合は出来るかもしれないですがネコちゃんの場合は同行避難したくても捕まらなかったケースが多かったのではないでしょうか?
完全室内飼いをしているご家庭ばかりとは思えませんし。

ウチのように多頭飼いだったら逃げる猫を1頭づつ捕まえてキャリーに入れるなんて至難の業です。

そう考えると家に残されている猫は多いのでは…。
でも猫は餌さえあれば何とかなるので、飼い主さんは家の周辺に餌を沢山置いてあげて下さい。
猫は見知った場所を離れないので、必ず近くに隠れています。


現地に行ってあげたくとも遠すぎて不可能です。
現地の愛護団体様の後方支援をするつもりです。

一時預りなどは可能ですが、やはり飼い主さんのお気持ちを考えると近場で預かって貰った方が安心ですよね。
福島の時だって、遠くから来た愛護団体が勝手に犬猫を連れて行ったと言われました。

やはり現地で何が必要とされているかを調べてからにしようと思います。

これ以上の被害が出ない事を願います。

15日の福島活動は車が脱輪するというアクシデントがありましたが全部の給餌場所にフードを届ける事が出来ました。
ご報告は後日致します。


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

4/10原宿猫の譲渡会の結果と4/21の院内集会のお誘い

先日nekonokoさんの譲渡会でフォード君とロック君のトライアルが決定しました♪

初参加の2頭の態度は怒っていたり固まっていたりで悪かったのですが素敵なご縁を頂きました。

チー子は相変わらす敷物の下に顔を隠していてご縁を掴めませんでした(泣)

チー子


チー子ちゃん、もう20回位譲渡会に参加しているのにいつも敷物の下です。
チー子ちゃんは猫に慣れている方でオスの先住猫さんがいる所に行かせたいのでストライクゾーンが狭いです。
でも里親探しは諦めたらおしまいですので、めげずに頑張ります!


院内集会のお知らせです。
今回は「動物愛護法改正へ向けての交流集会」です。
詳細は全国動物ネットワークのHPにてご案内しています。
私もおりますので沢山の方達の参加をお待ちしております。

CAPIN(キャピン)公式活動報告(アメブロ)の記事はこちら↓

4.21動物愛護法改正へ向けての交流集会のお誘い


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

【拡散希望】動物愛護先進都市横浜で思わぬ横やり

動物愛護先進都市であり地域猫発祥の地として有名な横浜市で、
ノラ猫の不妊手術の助成金をめぐり思わぬ事態が起きています。

いつも福島猫レスキューでご一緒している犬猫救済の輪の結さんからの拡散希望記事を掲載しますので、皆様どうぞよろしくお願いします。

▼▼▼▼ここから▼▼▼▼▼

☆動物愛護先進都市ヨコハマで思いがけない反対勢力
殺処分ゼロを目指す横浜市動物愛護センター VS 儲けたい市獣医師会


横浜市で20年以上の間に3500匹もの猫たちに不妊手術をしてきたボランティアさんがいます。
助成金を使っても、横浜市内の病院は手術費が高額なので、横浜のボランティアさんたちの家計は火の車です。
そこでその方は太田市議とともに、横浜市に隣接市の良心的価格の病院でも横浜市助成金が使えるようにしてほしいと請願しました。
そして横浜市も了解し、この4月から市外病院での補助金使用手術ができるようになるはずでした。
ところが・・・ここへきて、市獣医師会が利権を守ろうと、圧力をかけてきたのです!
横浜市動物愛護センターが獣医師会の圧力に屈しないよう、全国の皆様から獣医師会に抗議していただきたいと、太田市議が自身の掲示板で呼びかけています。
ご協力をお願い申し上げます。



動物愛護先進都市ヨコハマで思いがけない反対勢力
殺処分ゼロを目指す横浜市動物愛護センター VS 儲けたい市獣医師会

横浜市で動物のために頑張ってくださっている市会議員・太田正孝先生から全国の皆様へ

野良猫去勢手術補助のこと 2016年3月16日(太田正孝市議掲示板より)
http://www.ota-masataka.com/
野良猫の去勢手術をするにあたって、隣接する市の獣医師のところで去勢手術しても横浜市の補助金が使えるようにしてほしいという野良猫問題に取り組む市民の陳情があって、その方向でやるとしていた健康福祉局に対して、横浜市獣医師会が横やりを入れております。獣医師会の利益を守るために、横浜の税金は横浜の獣医師に落とすべきだと言っているのです。市の補助金の範囲内で手術が可能なのに、それ以上の手数料を徴収しようとしてきた市獣医師会。この、商売オンリーの考えに強く反発しなければなりません。動物愛護に取り組む全国の皆さま、市獣医師会に抗議いたしましょう!(転載終わり)



総工費39億円動物愛護センターの横浜市がなぜ殺処分ゼロを達成できないのか!周辺の川崎市や神奈川県のほうでは、犬猫ともに殺処分ゼロが続いているのに・・それはどうしてなのか・・・

猫の殺処分ゼロを達成するためには、不幸な命が生まれないように不妊去勢手術を推進するしかありません。
横浜市ではこのほど、太田正孝先生がボランティアさんたちの陳情を受けて、4月から隣接する市外の病院でも不妊去勢手術の助成金を使ってもよいことに決まりかけていました。
なぜなら、概ね横浜市内の病院は手術費が高くて助成金を使っても、なおボランティアさんの負担が大きかったからです。市外の安く手術をしてくださる病院でも補助金が使えるようになれば手術は一気に進みます。
ところがここへきて、獣医師会からまさかの反対です。自民党の市議を使って横浜市動物愛護センターに圧力をかけているのです

「野良猫は減らさず、市内獣医師会会員動物病院で不妊手術を高額で受けさせ、利益を得よう」という獣医師会としてあるまじき考えです。強く抗議してください。不幸な野良猫を増やさないためによろしくお願いいたします

横浜市の沢山の野良猫たちのため、横浜市で頑張っているボランテイアさんたちのために、一言でも電話、ファックス等、獣医師会にご意見を届けてくださいませんか。横浜市が前進すれば全国へよい影響があります。


①(横浜市獣医師会へ抗議してください)
意見例・・横浜市以外の病院で助成金による野良猫の手術が受けられるようになることに反対しないでください。
公益社団法人横浜市獣医師会・会長 井上 亮一様
〒235-0007神奈川県横浜市磯子区西町14-3
神奈川県畜産センター内
TEL 045-751-5032  FAX 045-752-1014
メールはこちらからお問い合わせ
http://www.yvma.or.jp/about/contact.html


②横浜市の動物愛護議連の田野井会長先生にもお願いしてください
お願い例・・横浜市以外の病院でも野良猫の不妊去勢手術に助成金が使えるように、獣医師会の圧力から横浜市を守ってください
田野井一雄先生(動物との共生を考える横浜市会議員連盟」会長
連絡先事務所
〒 233-0002港南区上大岡西1-10-5 SKビル402
TEL 045-841-3221  FAX 045-843-5024

犬猫救済の輪動物愛護活動ドキュメンタリー3/26記事

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部の東日本大震災で集めた義援金の使途疑惑について

今 犬猫救済の輪さんがHPや活動ブログで追求している件です。

私は昨年の秋に懇意にしている団体の代表から
救済本部が残っている被災犬猫に対して犬1頭11万円、
猫1頭7万円のフードが買えるポイントを出していると聞きました。

「もちろんマリアさんの所にもポイントが来ているでしょう?」
と言われビックリしました。

「えーっ!来てないけれど何それって?」

救援本部に問い合わせると、担当の方が
「もうドーンと出してしまって残りが1100万円しかないけれど善処します。」
との事でした。

救援本部のHPで確認すると
H26年に約5400万使ったと書いてありますが、
たったの5項目の事業名しか書いてありませんでした。
H27年は1憶4867万円使ったと書いてありますが、
たったの3項目の事業名しか書いてなく、いずれも内訳は一切無しです。

あまりにもいい加減な支出の報告に呆れました。
H25年迄は支援先の名前と金額が書かれていたのに酷い話しです。

H26年6月25日に「緊急災害時全国動物救援本部」から
今の「一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部」に改変しています。
以前の本部の時に阪神淡路大震災の時の義援金が残ったままだとか、
義援金を投資信託に使ったとか、かなり叩かれていたので変わったのかもしれません。

本部長もかわり実権も福祉協会から愛玩動物協会に移したのでしょう。
そして残りの2億円を早く配って終わりにしたかったのでしょう。

そこで考えたのがフードのポイントでの支援です。
ドーンと出して残金が1100万なので、さぞかし多くの団体が貰ったのかと思いきや、たったの18団体です。
そしてポイントだけではなく、多額の現金が福島でシェルターを運営している団体3件に渡っています。
1団体何千万という大金です。
福島にはその3件以外にも沢山の犬猫を保護している団体や個人の被災者さんがいるのに…
何でその団体だけなの?っていうのが正直な気持ちです。
不公平ですよね。
これだったら第4期の義援金の分配をしますと発表してほしかったです。
まだ被災犬猫を抱えているにもかかわらず、
フードの支援を受けていない団体や個人の皆様、
是非 救援本部へフードのポイントの請求をして下さい!
知らない所で大きなお金が動いています。

全国の皆様が被災地で放浪している犬猫の為にと下さった浄財です。
それをいい加減な形で使われているのは憤りを感じます。

新年早々イヤなブログになりましたが、この問題点を多くの方、
特に救援本部に寄付して下さった方に知ってほしくて書きました。

詳細についてはこちらをご覧ください↓

一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部
東日本大震災7億円義捐金の行方(犬猫救済の輪)



◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

茨城県常総市犬猫レスキュー活動報告

先日の台風18号で水害に見舞われた常総市へ行ってきました。

今回のレスキューは、キャピンの代表鶴田さんから連絡があり、
お外で暮らしている猫さんたちの状況把握と、
常総シェルターを見て欲しいということで、
犬猫救済の輪のユイさんと合流して
被災地へ敬老の日に行ってきました。

キャピンさんは茨城県を中心に活動する動物愛護団体です。


被災地では、浸水している家はボランティアさんたちがお手伝いして
後片付け等をしていました。
連休のせいか、若い方たちの姿が多く
とても頼もしく思いました。

現地に着いたのは昼間だったので、
ノラちゃんたちが多く生息するという場所をチェックしましたが、
猫には会えませんでした。
餌やりさんが被災して動けなくなっていると困るので、
フードを隠しておける場所に置いておいた方がいいとアドバイスしました。

問題は、常総犬の方でした。
残り10頭あまりとなった犬が、捕獲器に入らないでいます。
常総犬が生息している所は、
住宅地ではなく牛舎や豚舎、養鶏場などが営まれている所です。
なので、増えなければあまり苦情がないところだと思いますが、
増えてしまえば養鶏場などをやっているオーナーから苦情が入り
毒団子で毒殺しようということになりかねません。

広い範囲で犬の捕獲器を何台もかけています。
しかし、せっかく入っていても出された形跡があるなど、
住民の協力は期待できません。

猫も数多くいます。
誰も不妊手術をしようとせず、何頭か見た猫はかなり痩せていました。
増えれば餌が少なくなるのは自然の摂理です。
弱いものが食べられなくなるという、
あたりまえのことですが、
都会の地域猫とは、境遇がまったく違います。

とにかく民意をあげてと思っても上がらないので、
できることをやっていくしかないと思いました。

たくさんの常総の犬猫の保護をしているキャピンさんに
ぜひご寄付をお願いいたします。

CAPIN(キャピン)さんの活動報告ブログはコチラ
CAPIN(キャピン)公式活動報告



4197.jpg
常総警察署

4200.jpg
泥だらけになりながら放浪していた大型犬。
キャピンさんが保護して近所の獣医さんに預かってもらっています。

4204.jpg
道路の脇の街路樹が泥水に浸水した爪痕が残っています。

4208.jpg
街のいたるところにあるゴミの山。

4212m.jpg
低いところにある住宅はかなり浸水が激しくなっています。

4219.jpg
公共の場所に集められた浸水した家財。

4223.jpg

4227.jpg
畑も浸水で秋の収穫の為に実った稲もなぎ倒されていました。

4240m.jpg
小学校もかなりの被害でした。
教室の中まで被害があったようでした。


橋を渡るときにガードレールがなぎ倒されているのを見ました。

4264m.jpg
もっとも被害の大きなところは通行止めでした。
迂回して行ってみると、家が崩れかかっていたり、
いまだ水が引いていないところがありました。

4269.jpg
畑の中にたくさんのサギの群れがいました。
川から流れ出た魚でもいるのでしょうか。

4271.jpg
たくさんのテレビで取り上げられていたホームセンターアピタです。
この屋上に避難した人たちが、
ヘリコプターで救助されている映像がたくさん流れました。

4276.jpg
土の上に撒かれている石灰。

4284.jpg
鬼怒川

4291m.jpg
避難所になっている体育館に行ってきました。
古着などの支援物資はかなり届いていますが、
必要がないようみたいでかなり余っていました。
ただ、避難している方たちがパーテーションも無いところで
休んでいるところを見ると、まったくプライバシーがないので
ここで何日も過ごすのにはキツいと思いました。

4294m.jpg

4298m.jpg
キャピンの常総シェルター。
水害の前から常総市の野犬の保護をしているキャピンさんが、
行政と連携して管理しているシェルターです。

4317m.jpg

4333m.jpg
常総シェルターの周りにいた野犬たち。
繋がれて飼われているワンちゃん以外に
遠くからこちらを見ている野犬がいました。
少しでも近寄ると逃げてしまうので、近寄ることはできませんでした。
捕獲器にも近寄ってきてくれないので、
なかなか難しいとキャピンさんは言っていました。

4338.jpg
近所の餌やりさんのお宅。
フードの差し入れに行きました。
生まれてしまった野犬の子犬が7頭います。

4346.jpg
息子さんに抱っこしてもらって写真を撮りました。

4347.jpg
犬猫救済の輪のユイさんが2頭引き取ってくださいました。
みんな、ゴム毬のようにかわいい2ヶ月の子犬たちです。

犬猫救済の輪さまは川崎で譲渡会を開催されていますので、
ワンちゃんを飼おうと思っている方、
ぜひ、飼ってあげてください。

犬猫救済の輪

私もなんとか引き取りたかったのですが、
やはり犬はトイレのしつけなど大変なのはわかっているので、
猫4頭を引き取ることにしました。
常総犬がいるエリアでは、野良猫さんも多く
TNRだけはしなければと思います。

4364.jpg

4379.jpg

キジシロはママ猫2才くらいピーコちゃん
白黒の娘8ヶ月、フィオナちゃん
白はオス6ヶ月くらい
白黒ハチワレもオスで兄弟です。
4匹とも里親様募集中です!


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村

カテゴリ
タグ

怪我をしていた黒猫

先日、ボランティアのDさんが手を咬まれながら、
一生懸命ケージに入れ保護して来た黒猫のくーちゃん
無事退院となりました。

顔から首にかけて皮膚が剥がれていたので、
あまりの痛々しさで、通りすがりに見つけた原宿の譲渡会のお手伝い来て下さっている方がDさんに相談されたのです。
そして私にと話が繋がり、
皆の助けてあげたいという願いがひとつになり
1頭の野良さんが救われました。

DSC_0112.jpg

DSC_0109.jpg

DSC_0202.jpg

DSC_0107.jpg

DSC_0184.jpg


でもDさんから黒猫捕まえましたと連絡が来た時はビックリ!
だって捕獲器だって使った事がない人が
ケージで捕まえたんです~。
お外の子達は気が立っているととても怖いんですよ。
猫ボラであっても、素手で捕獲するのはためらっちゃいます(^^;)

やる気になれば出来るんですね、

こうして、何とか助けたいと思う人達が行動を起こせば、
お外で暮らしている子達も少しは幸せになりますね♪

◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ

拡散のお願い「札幌市動物愛護管理基本構想(案)」について

京都市条例の際には、
パブコメ、ご意見送付、拡散のご協力
本当にありがとうございました。

さて、現在犬猫救済の輪さんが札幌市の動物愛護に纏わる案件について
拡散、パブコメのお願いを書いていらっしゃいます。
このブログをご覧になっている皆様にも是非ご協力をお願いします。

以下、犬猫救済の輪さんブログより転載です。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

札幌市パブリックコメント募集中(4月8日締め切り)


野良猫たちのために、命をつなぐ給餌活動のために、もう一度立ち上がってください

札幌市が京都市条例と同様に野良猫への餌やりの規制につながる条例制定を検討しています。

京都市は3005通のパブリックコメントを無視しましたが、札幌市は民意を無視することはないと信じています。

皆様、京都市条例反対のご意見を届けてくださって、お疲れのところ申し訳ございませんが、札幌市の野良猫への餌やり禁止につながる条例作成を阻止しましょう!

下方に意見例がありますのでコピーなどご自由におつかいください。

また京都市条例のときにパブコメ(意見)を送ってくださった皆様は、同様の内容で結構ですので、ぜひ札幌市にお送りください。


「札幌市動物愛護管理基本構想(案)」

について意見を募集します

意見募集についての札幌市ホームページはこちら→☆☆☆

PDFはこちら←クリック


意見募集期間

平成27年3月10日(火曜日)から平成27年4月8日(水曜日)【必着】



(2)条例化を検討する事項

市畜犬条例及び北海道条例を基に、次にあげる内容を条例に盛り込むことを検討します。

・市民、行政、飼い主、関係団体等(※)の動物愛護管理に関する役割と責務

・動物の飼育環境の質の向上(※*)を含む動物、犬、猫の飼い主の遵守事項等

・飼い主のいない猫に餌を与える者の遵守事項について※

・多頭飼育の届出について※

・札幌市動物愛護管理推進協議会(仮称)の設置について*

・各種手数料(犬猫の引取り手数料*、返還手数料、申請手数料など)について

なお、下線のうち「※」は北海道条例にはなく新たに条例に盛り込むもの

「*」は札幌市の条例等で現在規定がなく新たに条例に盛り込むもの



【意見募集期間】

平成27年3月10日(火)から平成27年4月8日(水)【必着】

【提出先・お問い合わせ先】

札幌市動物管理センター

住所:〒063-0869 札幌市西区八軒9条東5丁目1-31
電話:011-736-6134 FAX:011-736-6137
電子メール: inuneko@city.sapporo.jp
ホームページ:http://www.city.sapporo.jp/inuneko/


【提出方法】

「ご意見記入用紙」、または、これに準じた様式にご意見を記載の上、下記の提出先へ持参、郵送、ファックス、電子メールにより提出してください。

直接お持ちいただく場合の受付時間は、平日の8時45分~17時15分となります。

また、電子メールによる場合は、ウイルス感染を避けるため、ファイルの添付はせず、件名に「札幌市動物愛護管理基本構想(案)に対する意見」と記載し、メールの本文にお名前・ご住所とともに、ご意見を記載し送付してください。

※電話や口頭によるご意見の受付には応じかねますので、ご了承ください。

※ご意見の提出に当たっては、お名前・ご住所をご記入ください。
(ご意見などの概要を公表する際には、お名前・ご住所は公開しません。)

※ご意見への個別の回答はいたしませんが、同じ趣旨のご意見をとりまとめて公表する予定です。



意見用紙ダウンロードできます

こちらから←クリック

意見例(賛同なさる方は、一部でも全部でもご自由にコピーしてお使いください)


件名 「札幌市動物愛護管理基本構想(案)に対する意見」

意見 P27 条例化を検討する事項から「飼い主のいない猫に餌を与える者の遵守事項について」を除外してください

理由
※野良猫への餌やりを制限するような条例ができると一般市民は「餌やり禁止条例」と解釈します。これは遺棄した飼い主や行政に代わって不妊措置や給餌給水をしている市民への偏見を助長し活動を阻害する結果になる。

※「餌の与え方の遵守事項」といっても場所や状況により基準が明確ではないので、市民の行動が不当に制限されるケースが多発する。状況によって基準が変化するような条例はつくるべきではない。

※職員が一部の苦情を言う市民にのみ奉仕しがちになり、公務員としての公平性が保ちにくい。

※苦情現場の状況は千差万別なので、職員が現場に赴き個別に丁寧に対応するべきであり、条例によって一律に解決できる問題ではない。

※地域猫活動支援や遺棄防止、飼い主の啓蒙等、条例よりも有効で制約が少ない方法が全国で確立されているのだから、まずそれらに全力で取り組むべきである。

※「餌やり禁止条例」として世に広まった場合、この条例を盾に餌やりをしている人に直接注意する市民が出てくると予想される。その場合、市民間トラブルの原因になり、過去の例のように殺人事件にまで発展する可能性があり危険である。

※条例化によって大勢の給餌給水者が活動を止めることが予想されるが、給餌給水者不在になった後の猫の苦痛や死亡を防止するための行政の施策を明示するべきである。

犬猫救済の輪動物愛護活動ドキュメンタリー3/31記事より

▲△▲△▲△▲△▲△▲△

よろしくお願いします。


◆-----------------------------◆

★福島猫フォスターペアレント様募集しています★

★ご支援のお願い★

福島県で保護した犬猫たち

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 応援ありがとうございます
にほんブログ村
カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます