猫なみ~猫のマリアの活動日誌

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

記事一覧

  • 2020/12/14TNR

    以前TNRのお手伝いをした方からの相談でした。夜の餌やりの途中で中猫達を見てしまいどうしたら良いか悩んでいました。自分で全部飼えないし餌やりだって毎晩行けるか判らないと。だから私は無理しなくても良いので、出来る範囲でやればとアドバイスしました。そうしたら不妊手術のお金は出す事が出来ると言って、何とか捕まえる協力をしてもらえないかと言う事でした。中猫達の親も手術をしないといけないので、現場をリサーチし...

    記事を読む

  • 2020/11/09里子に行った子

    アリーナちゃんも正式譲渡になりました㊗️4兄弟の中でも一番美形だったのがアリーナちゃんでしたが、一番用心深いのもアリーナちゃんでした。ネットからは数件お問い合わせがあったのですが小さなお子様がいらっしゃるとか、ワンコがいたりとか、猫初心者の方とかでアリーナちゃんにとってなかなか合いそうな条件の所がなかったのですが、今回 お問い合わせのあった方はご実家での猫歴が豊富な事と、現在メスの先住さんがいて、そ...

    記事を読む

馬込のTNR

以前TNRのお手伝いをした方からの相談でした。

夜の餌やりの途中で中猫達を見てしまいどうしたら良いか悩んでいました。
自分で全部飼えないし餌やりだって毎晩行けるか判らないと。

だから私は無理しなくても良いので、出来る範囲でやればとアドバイスしました。

そうしたら不妊手術のお金は出す事が出来ると言って、何とか捕まえる協力をしてもらえないかと言う事でした。

中猫達の親も手術をしないといけないので、現場をリサーチして何処でご飯を貰っているか何匹いるかを調べるよう教えたのですが、なかなか上手くいかないようで二人で調べる事にしました。

約束の時間より少し早く着いたので、写真の建物付近を調べていたら茶白の子猫が建物の奥に入って行きました。

奥にも家があり塀の上にも猫がいて、ここだなぁと思ったのでその家の方にお話しを聞くためにチャイムを鳴らしました。

出て来たのは年配の男性で、断られたらどうしようと思ったのですが、猫達の不妊手術をしたいと伝えたら、奥さんも出ていらして、それはとても助かると言ったのでほっとしました。

母猫が1匹と子猫が5匹!いるそうです。
茶白と茶トラはオスであとは全部メスだそうです。

メスは4匹かぁ‥先にメスを捕まえて後日オス2匹を捕まえる事にしました。

手術代は依頼者さんが払って下さるので言いませんでしたが、餌やりさんに言ったら無理と言われてしまいしまいそうな感じでした。

この日見たのはオス2匹とメス2匹で、ママ猫とそのママにそっくりなキジトラはいませんでした。

皆んなブロック塀の上を歩いてやって来るので、下に置いた捕獲器に誰か入っていたら丸見えなのです。
なのでオス2匹にはお腹一杯食べさせて捕獲器に入らないようにしました。

このシチュエーションでは親から先に捕まえる事は難しいので入ったら直ぐ見られないように隠すしかないようです。

塀の右隣の方にもお話しして捕獲器を置かせて貰いました。
何とかこの日4匹のメスを捕まえる事ができたので、やれやれです。

0091.jpg

008.jpg

007.jpg

004.jpg

001_20201214170818667.jpg

009.jpg

006.jpg

005.jpg

003.jpg

002_2020121417082096e.jpg

オスは簡単に入ると思うので、依頼者さんが一人でやってみたいと言ったので、私は遠くから見ていようと思います。

依頼者さんは私に頼んでばかりでは申し訳ないので、一人でもやれるようにしたいと言っていました。
少しづつボランティアになっていって私も嬉しいです😸


カテゴリ
タグ

保護猫アリーナちゃん正式譲渡!

アリーナちゃんも正式譲渡になりました㊗️

2420F67B-2431-4400-B660-0BE0717C97B7.jpg

110901.jpg

4兄弟の中でも一番美形だったのがアリーナちゃんでしたが、一番用心深いのもアリーナちゃんでした。

110902.jpg

ネットからは数件お問い合わせがあったのですが小さなお子様がいらっしゃるとか、ワンコがいたりとか、猫初心者の方とかでアリーナちゃんにとってなかなか合いそうな条件の所がなかったのですが、今回 お問い合わせのあった方はご実家での猫歴が豊富な事と、現在メスの先住さんがいて、その猫さんのお友達を探しているとの事でした。

実は9月に1匹7才で看取ったと仰っていて、その子は先天的な病気を持っていたのでペットショップでは処分の対象になってしまい、そのお店で働いていた友達からその話しを聞いて引き取ったと仰っていました。

食べても食べても大きくならない子だったそうで、トイレも上手く使えなかったのでペットシーツを敷き詰めて大変だったそうです。

手の掛かる子を最後までお世話して看取ると言う事は本当に忍耐のいる事で、よく頑張ったと思います。
猫の個性も様々で飼いやすい子もいれば飼いにくい子もいます。
安易に飼って困った事になると棄てたりする人もいます。

そんな事にならないように私は譲渡先を選ばなければいけません。
適材適所を考えて譲渡しています。

保護猫の猫生を決めるって責任重大ですね。里親様どうぞ宜しくお願いします🙇‍♀️

タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます