猫なみ~猫のマリアの活動日誌

飼い主のいない猫たちの幸せを願い、日々走り回っている猫ボラの活動日誌です。目指すは「殺処分ゼロ」。

記事一覧

  • 2020/12/31原発被災犬猫

    福島猫サビーヌちゃんとアキちゃんです。サビーヌちゃんは私の福島活動最後の年に大熊町で保護出来た子です。何回もカメラに写っていた子で色からしてメスに間違いなかったので、何とか保護したいと思っていました。捕獲器に入っていた姿を見た時は安堵でへたり込んでしまいました。家で家猫修行をしていましたが、人間より猫が好きな子で触ろうと近づくと逃げてしまう子でした。里親探しは厳しいかなと思ったのですが若い子だった...

    記事を読む

  • 2020/12/14TNR

    以前TNRのお手伝いをした方からの相談でした。夜の餌やりの途中で中猫達を見てしまいどうしたら良いか悩んでいました。自分で全部飼えないし餌やりだって毎晩行けるか判らないと。だから私は無理しなくても良いので、出来る範囲でやればとアドバイスしました。そうしたら不妊手術のお金は出す事が出来ると言って、何とか捕まえる協力をしてもらえないかと言う事でした。中猫達の親も手術をしないといけないので、現場をリサーチし...

    記事を読む

里親さんからのお便り(福島猫のサビーヌとアキちゃん)

福島猫サビーヌちゃんとアキちゃんです。

サビーヌちゃんは私の福島活動最後の年に大熊町で保護出来た子です。
何回もカメラに写っていた子で色からしてメスに間違いなかったので、何とか保護したいと思っていました。

捕獲器に入っていた姿を見た時は安堵でへたり込んでしまいました。
家で家猫修行をしていましたが、人間より猫が好きな子で触ろうと近づくと逃げてしまう子でした。

里親探しは厳しいかなと思ったのですが若い子だったので、取り敢えずサイトに出してみました。
そんなサビーヌちゃんに問い合わせが来たときにはビックリしました。
それも家から車で10分もかからない所に住んでいる方からでした。

ダメ元でお見合いに来て頂いたらトライアルして下さるという事になりました。

以前夜鳴きが酷くて、出戻った事もお話し、むりでしたら何時でもお迎えに行きますとお伝えしました。

夜鳴きは一週間位あったけれど下の階で寝ているので大丈夫と報告があったのでホッとしました。
ただやっぱり警戒してチグラから出て来ていないようでした。

サビーヌちゃんは猫が好きだし、とくにアキちゃんとはラブラブだったので、初めから2匹で飼う事をお勧めしたのですが、2匹は荷が重いと言う事でサビーヌちゃんだけ行く事になったのでした。

でも現実寂しそうにしているサビーヌちゃんの姿を見て心が動いたそうです。
ご家族ももう1匹飼う事に反対しなかったので、アキちゃんもトライアルして下さる方事になりました。

アキちゃんはサビーヌちゃんより懐いていたので沢山触って下さいとお願いしました。
アキちゃんがゴロゴロするのを見てサビーヌちゃんも軟化してくると思ったのです。

思った通りアキちゃんが来てからサビーヌちゃんも姿を表すようになって2匹で幸せそうに窓からお外を見ているそうです。

2頭飼いは本当にお勧めです。
猫も寂しくないし、猫団子になっている姿も見られるし癒されますよ♪  

9A01131F-9285-4D13-98E6-9E8F3043E7B1.jpg

002_20210101145742e7f.jpg

001_20210101145740fff.jpg

私は長い事里親探しをやっていて、とても里親なんか見つけられないと思っている子が決まった時は嬉しさひとしおです。

可愛い子猫は決まって当然ですが、大人のそれになつきも良くない子は決まらないケースが多いのですが、その子を飼って下さっている里親さんは本当に良い人ばかりです。

猫の気持ちを考えて焦らず気長に接して下さっています。
そういう方に巡り会えた時里親探しの醍醐味を感じます。

今年一番嬉しかった事を書いて今年の締めくくりにします。
こんな世の中ですがどうぞ良いお年をお迎え下さい🙇‍♀

カテゴリ
タグ

馬込のTNR

以前TNRのお手伝いをした方からの相談でした。

夜の餌やりの途中で中猫達を見てしまいどうしたら良いか悩んでいました。
自分で全部飼えないし餌やりだって毎晩行けるか判らないと。

だから私は無理しなくても良いので、出来る範囲でやればとアドバイスしました。

そうしたら不妊手術のお金は出す事が出来ると言って、何とか捕まえる協力をしてもらえないかと言う事でした。

中猫達の親も手術をしないといけないので、現場をリサーチして何処でご飯を貰っているか何匹いるかを調べるよう教えたのですが、なかなか上手くいかないようで二人で調べる事にしました。

約束の時間より少し早く着いたので、写真の建物付近を調べていたら茶白の子猫が建物の奥に入って行きました。

奥にも家があり塀の上にも猫がいて、ここだなぁと思ったのでその家の方にお話しを聞くためにチャイムを鳴らしました。

出て来たのは年配の男性で、断られたらどうしようと思ったのですが、猫達の不妊手術をしたいと伝えたら、奥さんも出ていらして、それはとても助かると言ったのでほっとしました。

母猫が1匹と子猫が5匹!いるそうです。
茶白と茶トラはオスであとは全部メスだそうです。

メスは4匹かぁ‥先にメスを捕まえて後日オス2匹を捕まえる事にしました。

手術代は依頼者さんが払って下さるので言いませんでしたが、餌やりさんに言ったら無理と言われてしまいしまいそうな感じでした。

この日見たのはオス2匹とメス2匹で、ママ猫とそのママにそっくりなキジトラはいませんでした。

皆んなブロック塀の上を歩いてやって来るので、下に置いた捕獲器に誰か入っていたら丸見えなのです。
なのでオス2匹にはお腹一杯食べさせて捕獲器に入らないようにしました。

このシチュエーションでは親から先に捕まえる事は難しいので入ったら直ぐ見られないように隠すしかないようです。

塀の右隣の方にもお話しして捕獲器を置かせて貰いました。
何とかこの日4匹のメスを捕まえる事ができたので、やれやれです。

0091.jpg

008.jpg

007.jpg

004.jpg

001_20201214170818667.jpg

009.jpg

006.jpg

005.jpg

003.jpg

002_2020121417082096e.jpg

オスは簡単に入ると思うので、依頼者さんが一人でやってみたいと言ったので、私は遠くから見ていようと思います。

依頼者さんは私に頼んでばかりでは申し訳ないので、一人でもやれるようにしたいと言っていました。
少しづつボランティアになっていって私も嬉しいです😸


カテゴリ
タグ
Copyright © 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます